第81回:愚の骨頂

2018.03.13 カーマニア人間国宝への道

スイスポ国民車構想に壁

スイスポを日本の国民車にするためには、タイヤ&ホイールを1インチダウンするだけで良し! というすばらしい案にたどりついた私だったが、これは現実社会で通用するのだろうか?

おそらく、全然通用しないだろう。

16インチタイヤを履いて乗り心地を改善したスイスポが売り出されたところで、多くの人が「待ってました!」と涙を流して喜ぶことはなかろうし、国民全員がスズキのディーラーに殺到して長蛇の列ができることもない。世の中的にはほぼ無風とにらんで間違いない。

いや逆に、一部で不満の声が上がりそうだ。一部とはスイスポファンのカーマニアである。

「スイスポはステキなスポーツハッチで、すでにスポーティーなブランドイメージを築いている。なのに、こんなパンピー向けの軟弱グレードを発売するなんざ、スズキは何考えてんだ!」

怒りのあまり、「もうスイスポはいらん! 『ポロGTI』を買うゼ!」と、逆に販売台数が減ってしまう可能性すら否定できない。

実に由々しき問題である。

なにせ現状、スイスポの販売台数の約7割が6段MTなのだ。つまりスイスポは、ほぼカーマニア専用。それをあえてパンピー向けの国民車にするなんざ、二兎(にと)を追う者は一兎(いっと)をも得ず。いらぬ欲をかいたおかげで、せっかくの名車がその名声を失うことになりかねない。

「スイフトスポーツ」を日本の国民車に!(写真=池之平昌信)
「スイフトスポーツ」を日本の国民車に!(写真=池之平昌信)拡大
赤をアクセントにした「スイフトスポーツ」のインテリア。写真は販売台数の約7割を占める6MT車。
赤をアクセントにした「スイフトスポーツ」のインテリア。写真は販売台数の約7割を占める6MT車。拡大
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • 谷口信輝の新車試乗――スズキ・スイフトスポーツ(前編) 2018.6.28 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、日本を代表する“ボーイズレーサー”「スズキ・スイフトスポーツ」にワインディングロードで試乗。第一線で活躍するプロフェッショナルは、その走りをどう評価する?
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る