第495回:“長持ち”だけが売りじゃない!
ダンロップの新製品「エナセーブEC204」の実力を試す

2018.04.12 エディターから一言
ダンロップの新製品「エナセーブEC204」。
ダンロップの新製品「エナセーブEC204」。拡大

ダンロップから新しいベーシックタイヤ「エナセーブEC204」が登場。「トータルライフの向上」をコンセプトに、さまざまな工夫が取り入れられた新製品の実力を、従来品との比較を通して確かめた。

名前からも分かるとおり、「エナセーブEC204」は「エナセーブEC203」の後継商品。低燃費タイヤブランド「エナセーブ」のベーシックタイヤである。
名前からも分かるとおり、「エナセーブEC204」は「エナセーブEC203」の後継商品。低燃費タイヤブランド「エナセーブ」のベーシックタイヤである。拡大
今回の試走会は、主に海岸沿いを走る神奈川県横須賀市の一般道を舞台に行われた。
今回の試走会は、主に海岸沿いを走る神奈川県横須賀市の一般道を舞台に行われた。拡大
「トヨタ・プリウス」に装着された「エナセーブEC204」。「EC203」よりロングライフ性能や乗り心地、操縦安定性、静粛性の改善が図られている。
「トヨタ・プリウス」に装着された「エナセーブEC204」。「EC203」よりロングライフ性能や乗り心地、操縦安定性、静粛性の改善が図られている。拡大

注力したのはロングライフ性能の向上

ダンロップの低燃費タイヤブランドである「エナセーブ」のベーシックタイヤが、「EC203」から「EC204」へとモデルチェンジを果たした。

その性格上、エナセーブに求められる条件は、ずばりロングライフ。消費者にとってはそれが最大の節約に直結するし、企業の側としても環境イメージにつながることになる。ということで、ここでは「より最後まで使える長持ちタイヤ」というキャッチフレーズを掲げたEC204が、どのようにその性能を上げてきたのかを技術的な側面で説明しながら、それがもたらした乗り味の変化についてもインプレッションしてみよう。

ダンロップがロングライフ性能で着目したのは、「偏摩耗」を防ぐことである。ご存じの通りタイヤは走れば減っていくものだが、その減り方をコントロールすることで、ライフを向上させようという考えだ。

具体的にはタイヤ全体を上級タイヤである「LE MANS V(ルマン ファイブ)」譲りのプロファイルで作り直し、トレッド面においては左右非対称パターンを採って、さらにランド比を上げた。ランド比とはトレッド面においてブロックやリブが占める割合であり、対して溝はシー(sea:海の意味)に見立てられ、これらの比率を「シーランド比」と言うことがある。

新プロファイルの採用によって、EC204は地面とタイヤが接地したときの接地面の形が、従来よりも丸くなった。これまでは直進時でも接地面はややスクエアな形をしており、特にその両端部分に圧力が集中していたのだが、接地圧が偏らなくなったことでタイヤが均一に減るようになったのだという。またコーナリング時には、アウト側ブロックへの圧力集中を減らすことで片減りを防いでいる。

あなたにおすすめの記事
新着記事