第566回:「ゴルフ」の前に散ったフィアット車
初代「ティーポ」30周年に思うこと

2018.08.10 マッキナ あらモーダ!

気がつけば30年

イタリア国内の2018年7月新車登録ランキングを見ると、1位「フィアット・パンダ」(7814台)、2位「フィアット500X」(5302台)、3位「ルノー・クリオ」(5138台)である。それらトップ3に次ぐ4位は、「フィアット・ティーポ」(3708台)だ。

ティーポは欧州Cセグメントの小型車である。2代目である現行型はトルコの合弁会社トファスで生産が行われている。2015年にまずセダンがイスタンブールショーで発表され、続いて2016年にハッチバックとワゴンが追加された。

もはやイタリア各地の路上で頻繁に見かける2代目ティーポだが、いまだイタリアでは、“Tipo”といえば初代ティーポを思い出す人が少なくない。

その誕生からちょうど30年ということで、今回は初代ティーポを振り返りたい。

2代目(現行型)「フィアット・ティーポ ハッチバック」
2代目(現行型)「フィアット・ティーポ ハッチバック」拡大
2代目(現行型)「ティーポ セダン」
2代目(現行型)「ティーポ セダン」拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事