第523回:(主に)助手席で考えたミドシップカー最速理論!
アウディの「RS」モデルに富士スピードウェイでイッキ乗り

2018.08.28 エディターから一言

「RS 5」や「R8」といった、アウディのハイパフォーマンスモデルに富士スピードウェイでイッキ乗り!……したのだが、なぜかリポーターはレーシングカーの同乗試乗に心を奪われてしまったようで……。(主に)助手席で考えたミドシップカー最速理論とは!?

まずは「RS 3 LMS」に同乗試乗

2018年8月上旬、富士スピードウェイでアウディスポーツのレーシングカーを同乗体験したほか、ロードカーの「RS」モデルを試乗することができた。同サーキットでSUPER GTが開催された翌日、アウディスポーツが顧客向けに試乗会を開催、翌々日にわれわれメディアを対象に試乗会が開かれたというわけだ。

まずは「RS 3 LMS」の同乗体験からお伝えしたい。RS 3 LMSはTCR規定に基づいて開発されたレーシングカーだ。TCRというのは、よく知られるGT3と同様のレーシングカーの規定。全長4200mm以上、全幅1950mm以下、車両重量1285kg(ドライバー込み)のFWD(前輪駆動車)で、排気量2リッター(ガソリン、ディーゼル問わず)までのターボエンジン(最高出力330ps、最大トルク420Nm程度)を搭載し、ハイブリッドは禁止といった制約がある。欧州各国のツーリングカー選手権や耐久レース、それに日本のスーパー耐久レースなどがTCR規定のレースを開催中もしくは開催予定。「RS 3」のほかに、「ホンダ・シビック タイプR」「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」「ヒュンダイi30」「プジョー308」などにもTCRマシンが存在する。

規定のなかで注目すべきはFWDでなければならないということ。市販車のRS 3はもちろんクワトロ、すなわち4WDだが、規定に従ってわざわざFWDに仕立て直されている。なんだかもったいない気がするがルールだからしかたない。今回の同乗走行イベントのためにわざわざ取り付けられた助手席に乗り込んでスタート。ピットレーンを飛び出してコースインする際、強烈な加速を予測して身構えたが、その加速はマイルドで、やや拍子抜けした。自ら運転した市販車のRS 5クーペのほうがよっぽど刺激的な加速力を味わうことができた。まあしかし考えてみれば当然のこと。最高出力330ps程度の2リッターターボ車なのだから、同450psの2.9リッターV6ターボエンジンを搭載するRS 5クーペよりも加速が鋭いはずがない。

にもかかわらず、例えば同じドライバーがサーキットのラップタイムを計測したらRS 3 LMSのほうが圧倒的に速いのは、まず車重が500kg前後軽く、快適性を犠牲にして足まわりをガチガチに固く設定し、ボディー剛性もギンギンに高めてコーナリング性能を高めているからだ。もちろんタイヤそのもののグリップ力も異次元に高い。

アウディのハイパフォーマンスモデルに富士スピードウェイの本コースで試乗。200km/hを超える速度域など、日常では体感できない世界を味わうことができた。
アウディのハイパフォーマンスモデルに富士スピードウェイの本コースで試乗。200km/hを超える速度域など、日常では体感できない世界を味わうことができた。拡大
まずはレーシングカーの「RS 3 LMS」に同乗試乗。4WDのクワトロを、わざわざFWDに仕立て直しているのだ。
まずはレーシングカーの「RS 3 LMS」に同乗試乗。4WDのクワトロを、わざわざFWDに仕立て直しているのだ。拡大
「アウディe-tron Vision Gran Turismo」のデモラン(同乗は不可)も行われた。プレイステーション4用ゲームソフト『グランツーリスモSPORT』に登場する架空のクルマを、アウディがワンオフカーとして実際に製造したものだ。
「アウディe-tron Vision Gran Turismo」のデモラン(同乗は不可)も行われた。プレイステーション4用ゲームソフト『グランツーリスモSPORT』に登場する架空のクルマを、アウディがワンオフカーとして実際に製造したものだ。拡大
「e-tron Vision Gran Turismo」は、出力200kWのモーターをフロントアクスルに1基、リアアクスルに2基搭載する電動レーシングカーである。システム総合出力は815psに達する。
「e-tron Vision Gran Turismo」は、出力200kWのモーターをフロントアクスルに1基、リアアクスルに2基搭載する電動レーシングカーである。システム総合出力は815psに達する。拡大
「e-tron Vision Gran Turismo」のインテリア。ステアリングリムは必要最低限しか装着(?)されていない。
「e-tron Vision Gran Turismo」のインテリア。ステアリングリムは必要最低限しか装着(?)されていない。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • マツダCX-30(FF/6MT)/CX-30(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.7.17 試乗記 「CX-3」と「CX-5」の間に割って入る、マツダの新型クロスオーバー「CX-30」。国内での発売に先駆けてドイツ・フランクフルトで試乗した筆者は、激戦のSUV市場でも輝ける完成度の高さを感じたのだった。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.7.11 試乗記 ランドローバーのプレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2代目が日本上陸を果たした。新しいプラットフォームとマイルドハイブリッドの採用によって、ブランド躍進の立役者はどう進化したのか。最高出力300psを誇るトップグレードで確かめた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.31 試乗記 トヨタが建設を進めている新たな研究開発施設「トヨタテクニカルセンター下山」を舞台に、新型「スープラ」の3グレードを比較試乗。各モデルの特徴を探るとともに、「ニュルを模した」といわれるテストコースがこれからのクルマづくりにおいて担う役割に、思いをはせた。
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.19 試乗記 日本導入を間近に控えた「ボルボV60」の最上級モデル「T8 Twin Engine AWD」に、本国スウェーデンで試乗。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動するパワフルなプラグインハイブリッド機構は、雪の上でどのような走りを見せるのか?
ホームへ戻る