第523回:(主に)助手席で考えたミドシップカー最速理論!
アウディの「RS」モデルに富士スピードウェイでイッキ乗り

2018.08.28 エディターから一言

「RS 5」や「R8」といった、アウディのハイパフォーマンスモデルに富士スピードウェイでイッキ乗り!……したのだが、なぜかリポーターはレーシングカーの同乗試乗に心を奪われてしまったようで……。(主に)助手席で考えたミドシップカー最速理論とは!?

まずは「RS 3 LMS」に同乗試乗

2018年8月上旬、富士スピードウェイでアウディスポーツのレーシングカーを同乗体験したほか、ロードカーの「RS」モデルを試乗することができた。同サーキットでSUPER GTが開催された翌日、アウディスポーツが顧客向けに試乗会を開催、翌々日にわれわれメディアを対象に試乗会が開かれたというわけだ。

まずは「RS 3 LMS」の同乗体験からお伝えしたい。RS 3 LMSはTCR規定に基づいて開発されたレーシングカーだ。TCRというのは、よく知られるGT3と同様のレーシングカーの規定。全長4200mm以上、全幅1950mm以下、車両重量1285kg(ドライバー込み)のFWD(前輪駆動車)で、排気量2リッター(ガソリン、ディーゼル問わず)までのターボエンジン(最高出力330ps、最大トルク420Nm程度)を搭載し、ハイブリッドは禁止といった制約がある。欧州各国のツーリングカー選手権や耐久レース、それに日本のスーパー耐久レースなどがTCR規定のレースを開催中もしくは開催予定。「RS 3」のほかに、「ホンダ・シビック タイプR」「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」「ヒュンダイi30」「プジョー308」などにもTCRマシンが存在する。

規定のなかで注目すべきはFWDでなければならないということ。市販車のRS 3はもちろんクワトロ、すなわち4WDだが、規定に従ってわざわざFWDに仕立て直されている。なんだかもったいない気がするがルールだからしかたない。今回の同乗走行イベントのためにわざわざ取り付けられた助手席に乗り込んでスタート。ピットレーンを飛び出してコースインする際、強烈な加速を予測して身構えたが、その加速はマイルドで、やや拍子抜けした。自ら運転した市販車のRS 5クーペのほうがよっぽど刺激的な加速力を味わうことができた。まあしかし考えてみれば当然のこと。最高出力330ps程度の2リッターターボ車なのだから、同450psの2.9リッターV6ターボエンジンを搭載するRS 5クーペよりも加速が鋭いはずがない。

にもかかわらず、例えば同じドライバーがサーキットのラップタイムを計測したらRS 3 LMSのほうが圧倒的に速いのは、まず車重が500kg前後軽く、快適性を犠牲にして足まわりをガチガチに固く設定し、ボディー剛性もギンギンに高めてコーナリング性能を高めているからだ。もちろんタイヤそのもののグリップ力も異次元に高い。

アウディのハイパフォーマンスモデルに富士スピードウェイの本コースで試乗。200km/hを超える速度域など、日常では体感できない世界を味わうことができた。
アウディのハイパフォーマンスモデルに富士スピードウェイの本コースで試乗。200km/hを超える速度域など、日常では体感できない世界を味わうことができた。拡大
まずはレーシングカーの「RS 3 LMS」に同乗試乗。4WDのクワトロを、わざわざFWDに仕立て直しているのだ。
まずはレーシングカーの「RS 3 LMS」に同乗試乗。4WDのクワトロを、わざわざFWDに仕立て直しているのだ。拡大
「アウディe-tron Vision Gran Turismo」のデモラン(同乗は不可)も行われた。プレイステーション4用ゲームソフト『グランツーリスモSPORT』に登場する架空のクルマを、アウディがワンオフカーとして実際に製造したものだ。
「アウディe-tron Vision Gran Turismo」のデモラン(同乗は不可)も行われた。プレイステーション4用ゲームソフト『グランツーリスモSPORT』に登場する架空のクルマを、アウディがワンオフカーとして実際に製造したものだ。拡大
「e-tron Vision Gran Turismo」は、出力200kWのモーターをフロントアクスルに1基、リアアクスルに2基搭載する電動レーシングカーである。システム総合出力は815psに達する。
「e-tron Vision Gran Turismo」は、出力200kWのモーターをフロントアクスルに1基、リアアクスルに2基搭載する電動レーシングカーである。システム総合出力は815psに達する。拡大
「e-tron Vision Gran Turismo」のインテリア。ステアリングリムは必要最低限しか装着(?)されていない。
「e-tron Vision Gran Turismo」のインテリア。ステアリングリムは必要最低限しか装着(?)されていない。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • メルセデス・ベンツS560eロング(FR/9AT)【試乗記】 2019.4.25 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」のプラグインハイブリッド車が大幅改良を受け、名前も新たに「S560eロング」となって登場。EV性能を大幅に向上させた“電気でも走れるSクラス”の姿に、時代を経ても変わらない最上級メルセデスの姿を見た。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る