第178回:夏休みに観たい! 成長を描くクルマ映画DVD3選

2018.08.30 読んでますカー、観てますカー

中二男子は盗んだクルマで走りだす

2年前に当欄でミシェル・ゴンドリー監督の『グッバイ・サマー』を紹介した。ハズレ者の中二男子2人がガラクタを使ってクルマを仕立て、冒険旅行に出掛ける話だった。『50年後のボクたちは』も、ほぼ同じ筋立てである。原作はヴォルフガング・ヘルンドルフの『14歳、ぼくらの疾走』で、ドイツでベストセラーになった国民的小説だという。国は違っても、中二男子が夏休みにむちゃをするのは共通なのだ。

マイク(トリスタン・ゲーベル)はまわりから“サイコ”と呼ばれている変わり者。あまりコミュニケーションが得意ではない。母親はアル中で、父親は若い女と浮気中だ。学校にも家にも居場所を見つけられないでいる。夏休み直前に、転校生がやってくる。ロシアの田舎から来たチック(アナンド・バトビレグ・チョローンバータル)だ。髪型は日韓W杯でブラジルのロナウドがキメていたのと同じ大五郎ヘア。レジ袋にウオツカを隠し持っていて、酒臭い。

明らかにヤバいやつで、生徒たちは敬して遠ざける。マイクがひそかに憧れる美少女タチアナはクラス全員に誕生日パーティーの招待状を送るが、この2人だけは外されてしまった。夏休みが始まると、マイクの母親は入院、父親は出張と称して愛人と旅行に出掛ける。一人で家にこもっていると、かなり年季の入った「ラーダ・ニーヴァ」に乗ったチックがやってきた。どう考えても盗んだに違いないが、彼は「後で返せばいい」とうそぶいている。

2人がまず向かったのは、タチアナのパーティーだ。浮かれているクラスメイトたちを混乱に陥れると、スピンターンをかまして逃走する。このクルマでは不可能な動きだが、それはご愛嬌(あいきょう)。彼らはチックの祖父が住んでいるというワラキアを目指す。童顔の少年が運転しているのが見つかると通報されかねないので、黒のテープを鼻の下に貼ってヒゲに見せかける。トウモロコシ畑が行く手をはばんでも、後戻りはしない。そのまま突っ切るのだ。

冒険を終えて帰ってきたマイクは、以前の彼ではない。いくつもの出会いと別れを経験して大人への階段を登ったマイクには、日常に埋没して満足しているクラスメイトたちが幼く見える。今頃になってタチアナが色目を使ってきても相手にしない。ラーダ・ニーヴァのように、ポンコツでもわが道を行けば未来は開けている。

『50年後のボクたちは』DVD
『50年後のボクたちは』DVD拡大
「ラーダ・ニーヴァ」
旧ソ連時代の1977年にアフトワズが発売したSUV。コンパクトなボディーに本格的な4WDシステムを持ち、ソ連製のクルマとしては珍しく輸出された。現在ではアフトワズはルノー・日産連合に入っているが、このクルマは生産され続けている。写真は現在販売されている「ラーダ4x4」。
「ラーダ・ニーヴァ」
	旧ソ連時代の1977年にアフトワズが発売したSUV。コンパクトなボディーに本格的な4WDシステムを持ち、ソ連製のクルマとしては珍しく輸出された。現在ではアフトワズはルノー・日産連合に入っているが、このクルマは生産され続けている。写真は現在販売されている「ラーダ4x4」。拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事