クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BEST BUY 2019 カーナビ | ケンウッド「MDV-Z905W/MDV-Z905」

依然、トップレベルの高性能 2018.12.03 Gear Up! 2019 Winter

取り付けるスペースに合わせて選べる高性能ナビ

ケンウッドの2018年版フラッグシップモデルはMDV-Z905とMDV-Z905W。総称して「TYPE Z」シリーズと呼ばれ、前者が一般的な2DINサイズ、後者が横幅200mmスペースに対応したワイドモデルとなる。一般的なワイドモデルは右側にハードキーを設けただけの、基本的に2DI Nと同じデザインが大半だが、この2モデルは異なる。MDV-Z905が横幅180mmの2DINサイズをフルに画面が占め四隅も角張っているのに対し、MDV-Z905Wは大型化されたハードキーを含めて全面をスタイリッシュなフラットパネルとし、外周に丸みを持たせたまったく別のデザインをまとう。画面サイズが7V型であるのはどちらのモデルも変わらない。また、性能や内容もまったく同一である。

こちらは180mmの“純”2DINサイズのMDV-Z905。横幅を画面いっぱいにとるためハードキーは下部に設置してある。外観以外はナビの性能、AVの性能ともにZ905Wと同一だ。オープン価格(実勢価格:10万3000円前後)
こちらは180mmの“純”2DINサイズのMDV-Z905。横幅を画面いっぱいにとるためハードキーは下部に設置してある。外観以外はナビの性能、AVの性能ともにZ905Wと同一だ。オープン価格(実勢価格:10万3000円前後)拡大

ハイレゾ音源をワイヤレスで飛ばす

2018年のTYPE Zシリーズが最も売りとしているのがオーディオ部分である。TYPE Zシリーズはハイレゾ音源への対応にどこよりも早く取り組み製品化も一番早かったが、他機が追随してくると新TYPE Zはハイレゾの高音質コーデック「LDAC(エルダック)」にいち早く対応、ライバルにまた差をつけた。LDACとはソニーが開発したBluetoothの高音質伝送技術のこと。従来のBluetooth伝送技術「SBC」ではデータ伝送量が限られるため、ハイレゾ音源をワイヤレス伝送しようとするとデータを圧縮しなければならなかった。しかしそれでは音質は悪化する。これを嫌ってどのハイレゾ対応ナビも音源を収録したメディアとナビをUSBケーブルを使用して接続してきたわけだが、音源を持ち帰るたびにいちいちナビから脱着するのは煩わしいし、車内に接続ケーブルが這(は)うこと自体、美しくない。LDACコーデックのBluetoothならハイレゾ音源のデータを圧縮することなく、ほぼ原データのままカーナビにワイヤレス伝送できるので、音質の劣化もなく、音源はバッグやポケットに入れたままでいいし、ワイヤレスだからケーブルも必要ない。ただし、楽曲を収録したメディア側もBluetooth機能を有していなければならないのでLDACに対応可能な機種は限られるが、そのスマートな使い勝手は一度体験したら手放せないだろう。ハイレゾ再生はLDACだけでなく、他のフォーマットにも対応しており、USB接続でも使える。

INFOウィンドウの渋滞表示。現在地から目的地までの渋滞の有無をグラフィックで直感的に知らせてくれる。これなら全ルートが長くてもどのあたりに渋滞があるかが一目瞭然。
INFOウィンドウの渋滞表示。現在地から目的地までの渋滞の有無をグラフィックで直感的に知らせてくれる。これなら全ルートが長くてもどのあたりに渋滞があるかが一目瞭然。拡大
目的地への到着予定時間や残距離をグラフィカルに表示するなど、ドライブ中に必要な情報を一元管理するINFOウィンドウ。新マルチINFOウィンドウモードでは、渋滞表示、速度履歴など、8つの項目からドライバーが必要とする情報をエンターテインメント的に表示する。これは速度履歴。
目的地への到着予定時間や残距離をグラフィカルに表示するなど、ドライブ中に必要な情報を一元管理するINFOウィンドウ。新マルチINFOウィンドウモードでは、渋滞表示、速度履歴など、8つの項目からドライバーが必要とする情報をエンターテインメント的に表示する。これは速度履歴。拡大

専用ドラレコで安心の前後同時撮影

TYPE Zシリーズはナビ機能もハイレベルだ。測位性能は3軸ジャイロと3軸加速度センサーからなる6軸慣性センサーの採用で傾斜した道でも車両の正確な角度を検出、GPS信号の届かない複雑な階層の立体大型駐車場でも自車位置を見失うことがないとされている。交差点案内も進化した。的確なタイミングの音声案内はもちろん継続搭載されるが、Z905になって案内ポイントまでの距離をカウントダウン表示するようになり、ルート上の先々の交差点まで図示表示で確認できる「案内先読みガイド」も搭載した。ハイスピードで自由自在に動かせる地図スクロールなど、超速レスポンスの操作性は他の追随を許さないほどのスムーズさだ。使い勝手の点では、ケンウッド独自の「マルチINFOウィンドウ」が表示内容を一新した。渋滞表示、速度履歴、高速道路施設情報、交差点案内(ルート案内中のみ)、ルート情報(ルート案内中のみ)、ルート上の天気予報、それに再生中のAV情報を大きく表示、一瞥(いちべつ)しただけで読み取れるようになった。各種メニューを統合したHOME画面も1階層加えてわかりやすく、かつ操作しやすくなったのもうれしい変化だ。

ドライブレコーダーへの対応も進んだ。フロント用「DRV-N530」とリア用「DRV-R530」を組み合わせて前後同時録画が可能となった。上記のドライブレコーダーはTYPE Zシリーズと連携できることから、ナビの画面上で録画画像の確認はもちろん、走行中でも後方カメラの画像を映し出して、バーチャルに後方確認することも可能である。

そのほか、ルート案内時に目的地に近づくと音楽ボリュームを自動的に下げたり、高速道路走行中に逆走したとナビが検知したりした場合に画面と音声で危険運転の注意喚起を呼びかける「逆走警告」機能なども盛り込まれた。

あらゆる点で第一級の実力をもつ本モデルも発売からそろそろ1年、価格もこなれて有力な選択肢になるのではないだろうか。

BEST BUY 2019 カーナビ | カロッツェリア 楽ナビ「AVIC-RQ902」
BEST BUY 2019 カーナビ | パナソニック「CN-F1XVD/CN-F1DVD」
BEST BUY 2019 カーナビ | 三菱電機「NR-MZ300PREMI」
CAR NAVIGATION SYSTEM | Column
BEST BUY 2019 ドライブレコーダー | Data System「DVR3100」
BEST BUY 2019 ドライブレコーダー | アサヒリサーチ「ドライブマンTW-2」
BEST BUY 2019 ドライブレコーダー | カーメイト「d'Action(ダクション)360 S」
BEST BUY 2019 ドライブレコーダー | その他の人気ドライブレコーダー4モデルはコレ!

有料優先、道幅優先、渋滞回避など、それぞれに優先度を設定できるマイルートアジャスターは便利な機能。
有料優先、道幅優先、渋滞回避など、それぞれに優先度を設定できるマイルートアジャスターは便利な機能。拡大
本機とナビ連携型ドライブレコーダーのDRV-N530(フロント用)とDRV-R530(リア用)を組み合わせることで、フロント/リアの同時録画が可能。万が一の時の録画はもちろん、ドライブ中の後方安全確認などをナビのモニター上で見ることができる。一画面への同時表示は不可。
本機とナビ連携型ドライブレコーダーのDRV-N530(フロント用)とDRV-R530(リア用)を組み合わせることで、フロント/リアの同時録画が可能。万が一の時の録画はもちろん、ドライブ中の後方安全確認などをナビのモニター上で見ることができる。一画面への同時表示は不可。拡大
ワイドモデルの「MDV-Z905W」は、200mmの横幅いっぱいにフルフラットパネルを展開。画面の右側に縦に並ぶ各種操作キーもフラットなデザインとなって、一体感のある極めてスタイリッシュなナビに仕上がっている。
オープン価格(実勢価格:10万3000円前後)
ワイドモデルの「MDV-Z905W」は、200mmの横幅いっぱいにフルフラットパネルを展開。画面の右側に縦に並ぶ各種操作キーもフラットなデザインとなって、一体感のある極めてスタイリッシュなナビに仕上がっている。
	オープン価格(実勢価格:10万3000円前後)拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。