クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BEST BUY 2019 カーナビ | パナソニック「CN-F1XVD/CN-F1DVD」

選択肢の増えた「みんなのクルマに大画面」 2018.12.03 Gear Up! 2019 Winter

注目したい標準モデルの登場

パナソニックは2016年以降、独自開発したフローティング式のディスプレイマウント機構を武器に、2DINスペースしかないクルマでも9V型大画面が装着できることをうたった「F」シリーズを主力カーナビに据えている。2018年も実績を積んだこの路線で新製品を展開、上位機種のF1XVとスタンダードモデルF1DVの2モデルを発売、いっそうの浸透を図る。

F1XVは外光反射に強い「ブリリアントブラックビジョン」を搭載。クルマのダッシュから9V型大画面が浮遊したような格好の「DYNABIGディスプレイ」の調整幅を広くとり、ドライバーが好む角度で見やすさ、操作のしやすさを提供する。F1DVのほうはディスプレイの左右スイング機構こそないが、それにより低価格に抑えながらも、高輝度液晶と低反射フィルムにより従来機より明るく視認性の高い大画面を実現したモデル。AV面でも、F1XVがブルーレイディスクに対応するのに対してF1DVはDVDディスクとCDのみの対応となるが、ブルーレイの必要性を感じなければ、ナビとしての基本性能は同じ内容なので買い得感が強い。初代以来うたってきた「みんなのクルマに大画面」のキャッチコピーがそれこそ身近なものになる。装着が可能と確認された車両も、2018年8月時点で350車種以上と、ますますその数を増やしているのも普及を後押しする好材料だ。

車両に装着したF1XV。このモデルでは左右の角度調整が可能なので、このように画面をドライバーに向けることができる。(想定売価:18万円前後)
車両に装着したF1XV。このモデルでは左右の角度調整が可能なので、このように画面をドライバーに向けることができる。(想定売価:18万円前後)拡大
こちらはDVDやCDを本体に挿入するときにディスプレイを寝かせる前後角度調整と、ディスプレイを上下にスライドする調整機構を持つF1DV。画面調整はこの程度でよいしブルーレイは見ないという人にはお買い得の大画面ナビだ。オープン価格(想定売価:13万円前後)
こちらはDVDやCDを本体に挿入するときにディスプレイを寝かせる前後角度調整と、ディスプレイを上下にスライドする調整機構を持つF1DV。画面調整はこの程度でよいしブルーレイは見ないという人にはお買い得の大画面ナビだ。オープン価格(想定売価:13万円前後)拡大
ディスプレイのフレームは両端に行くにつれて薄くなるデザイン。表面仕上げにもこだわりを見せている。写真はF1XV。
ディスプレイのフレームは両端に行くにつれて薄くなるデザイン。表面仕上げにもこだわりを見せている。写真はF1XV。拡大

充実した安全運転サポート

2018年モデルのF1XVとF1DVでは機能面での性能アップも大きな話題である。両モデルとも今回から逆走検知・警告と逆走注意アラームが付き、SAなどで休憩後の走り始めや、高速道路の合流部で万一逆走し始めたときなど、2段階で注意喚起してくれる。家族に高速道路を利用する高齢ドライバーがいたらきっと役に立つ機能である。

こちらは高齢者に限らないが、生活道路はゆっくりめのスピードで走るのが原則。しかしどこが生活道路かわからないこともある。それを知らせるのが「ゾーン30」の表示だが、F1XVとF1DVでは地図にそのエリアを色分けでわかりやすく表示。それだけでなくエリアに進入した場合は地図上に制限速度付きのポップアップマークが表示され、その速度を超過した場合は音声でも注意を促すという仕組みもある。

住宅街などで走行速度を規定した「ゾーン30」に対応。黄緑色に色分けされたゾーン30のエリアに入ると30km/hが制限速度であることをポップアップ表示。
住宅街などで走行速度を規定した「ゾーン30」に対応。黄緑色に色分けされたゾーン30のエリアに入ると30km/hが制限速度であることをポップアップ表示。拡大
SAから本線へ合流後に逆走しようとすると直ちに逆走したと判断。画面に大きく注意の表示が出ると同時に音声でも注意を喚起。
SAから本線へ合流後に逆走しようとすると直ちに逆走したと判断。画面に大きく注意の表示が出ると同時に音声でも注意を喚起。拡大

ぜひ同時装着したい新発売のETC2.0車載器

もうひとつ、こちらはオプション品の購入を伴うが、高度化光ビーコン対応ETC2.0車載器「CY-ET2500VD」を接続すれば「信号情報活用運転支援システム」を利用してスムーズな走行が可能になる。これを利用すると、車両前方の青信号が青のままで通過できそうかどうか、間もなく赤になるから減速の準備をしたほうがよいとか、赤で停止中の場合青に変わるまであと何秒かなどを画面の一部を使って知らせてくれる。いわばITS=高度道路交通システムの一部機能を自車で体験できるわけである。この機能が実現できる市販ナビは現在のところ、パナソニックともう1社しかない。拡張性でいえば、10月に発売された2018年ナビ専用のドライブレコーダー「CA-DR02SD」と連携すれば、カメラの録画映像を地図と2画面表示で見ることができるなど、大画面を生かした便利な使い方がまたいっそう広がることになる。

BEST BUY 2019 カーナビ | カロッツェリア 楽ナビ「AVIC-RQ902」
BEST BUY 2019 カーナビ | ケンウッド「MDV-Z905W/MDV-Z905」
BEST BUY 2019 カーナビ | 三菱電機「NR-MZ300PREMI」
CAR NAVIGATION SYSTEM | Column
BEST BUY 2019 ドライブレコーダー | Data System「DVR3100」
BEST BUY 2019 ドライブレコーダー | アサヒリサーチ「ドライブマンTW-2」
BEST BUY 2019 ドライブレコーダー | カーメイト「d'Action(ダクション)360 S」
BEST BUY 2019 ドライブレコーダー | その他の人気ドライブレコーダー4モデルはコレ!

指定されたETC2.0車載器を付けると信号支援が受けられる。これが左上部に表示のある画面。せっかくならもっと大きく表示してはどうかと思うが、大画面なら確認しやすいかも。画面下の写真は代表的な表示。①は赤信号待ちはあと40秒、②がもうすぐ青に切り替わる、③がこの速度で走れば青で通過が可能、という意味。
指定されたETC2.0車載器を付けると信号支援が受けられる。これが左上部に表示のある画面。せっかくならもっと大きく表示してはどうかと思うが、大画面なら確認しやすいかも。画面下の写真は代表的な表示。①は赤信号待ちはあと40秒、②がもうすぐ青に切り替わる、③がこの速度で走れば青で通過が可能、という意味。拡大
外光の反射を極力抑えたブリリアントブラックビジョンを搭載したF1XV。液晶自体も視野角に制約が少ないIPS液晶を採用することで左右方向の水平視野角170度を実現。ドライバー席、助手席ともに正面で見るのと変わらない美しい映像が楽しめる。
外光の反射を極力抑えたブリリアントブラックビジョンを搭載したF1XV。液晶自体も視野角に制約が少ないIPS液晶を採用することで左右方向の水平視野角170度を実現。ドライバー席、助手席ともに正面で見るのと変わらない美しい映像が楽しめる。拡大
注目の記事PR
  • ワークスドライバー、ダレン・ターナーが「アストンマーティン・ヴァンテージ」開発の核心を語る。
    ワークスドライバー、ダレン・ターナーが「アストンマーティン・ヴァンテージ」開発の核心を語る。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。