第585回:「ミツオカ・ロックスター」もはだしで逃げ出す!?
「シトロエンHトラック」が製作キットで復活!

2018.12.21 マッキナ あらモーダ!

熱い視線を浴びるキャンピングカー

日本ではミツオカの創業50周年記念モデル「ロックスター」が、2018年11月29日に発表された。同車は「マツダ・ロードスター」がベースだ。だが、多くの人が2代目「シボレー・コルベット」を連想させる造形であることは、本サイトの自動車ニュース欄に詳しい。

いっぽうイタリアでは、こんなレトロ風モデルが、というのが今回のお話である。

2018年10月、イタリア・パドヴァで開催されたヒストリックカーショー「アウトモト・デポカ」を訪れたときのことだ。展示台数が5000台に達する大イベントゆえ、宿泊料が高騰する周辺の宿を避けてキャンピングカーで来場し、駐車場で寝泊まりする来場者も少なくない。

そうしたなか、妙に目立つレトロ風キャンピングカーがいた。他の来場者たちも、気がついては足を止めている。

奇抜なデザインのモチーフとなったクルマは、誰が見てもすぐにわかる。シトロエンにおける伝説の商用車「ティープ(タイプ)H」だ。Hはフランス語でアッシュと読む。日本でもクレープ屋台などでさかんに活用されている、あれだ。

2018年10月、イタリア北部パドヴァの「アウトモト・デポカ」の駐車場にて。「TYPE H」のキャンパー仕様。
2018年10月、イタリア北部パドヴァの「アウトモト・デポカ」の駐車場にて。「TYPE H」のキャンパー仕様。拡大
「TYPE H」は「アウトモト・デポカ」の会場でも熱い注目を浴びていた。
「TYPE H」は「アウトモト・デポカ」の会場でも熱い注目を浴びていた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事