第39回:進撃のシルバーアロー
グランプリで磨かれた技術力

2018.12.20 自動車ヒストリー 戦前のグランプリを席巻した銀色のレーシングカー「シルバーアロー」。一連のマシンを輩出したメルセデス・ベンツは、どのようにしてサーキットを席巻するにいたったのか。1906年から始まる挑戦の歴史を、数々のエピソードとともに振り返る。

ライバルだったダイムラーとベンツ

グランプリの名が付くレースが初めて行われたのは、1906年である。フランス自動車クラブ(ACF)が主催し、ルマンの公道を閉鎖してつくったコースでスピードが競われた。レギュレーションでは、工具や照明装置などを除いた重量が1000kgまでとされたが、7kgまでの点火装置を追加することは許されている。

参加したのは、フランス10、イタリア2、ドイツ1の合計13チーム。ドイツからエントリーしたのはダイムラー社のメルセデスだった。ガソリン自動車が誕生してから20年、その間に目覚ましい技術の進歩があり、優勝したルノーの平均速度は100km/hに達していた。

メルセデスが初めて優勝したのは1908年。この年のレギュレーションは車重が1100kg、ピストンの表面積が合計755平方センチメートル以下というものだった。4気筒であれば、ボアを155mmまでに収めなければならない計算になる。排気量を上げるためには、ストロークを伸ばすしかない。ダイムラーは170mmのストロークを持つ12.78リッター直4 OHVエンジンを開発した。最高出力の130馬力は1500回転で発生する。当時のエンジンは現代からすると超低回転型だった。

2位と3位に入ったのは、この年から参加したベンツである。2社が合併してダイムラー・ベンツになるのは1926年のことで、当時はライバル同士だった。ベンツが採用したのは、ストロークが160mmの12.06リッター直4 OHVエンジンである。

1914年からはレギュレーションの条件がピストンの表面積から排気量に変わる。4500ccまでとされたこの年のグランプリは、メルセデスが圧倒的に強く、ほとんどのレースを制した。115馬力の直4 SOHC 16バルブエンジンの戦闘力に加え、先進的なウエッジシェイプのボディーが強さの秘密だった。

1906年に開催された第1回フランスグランプリの様子。2日間にわたり、総計1236kmの距離で競われた。
1906年に開催された第1回フランスグランプリの様子。2日間にわたり、総計1236kmの距離で競われた。拡大
1万2986ccの直4エンジンを搭載したルノーのレーシングカー「AK90CV」。第1回フランスグランプリでは、同車に乗るフェレンク・シジズが優勝した。
1万2986ccの直4エンジンを搭載したルノーのレーシングカー「AK90CV」。第1回フランスグランプリでは、同車に乗るフェレンク・シジズが優勝した。拡大
1908年のフランスグランプリは、7月7日にディエップの近郊で行われ、「メルセデス140hp」の35号車に乗る、クリスチャン・ローテンシュラッガーが優勝した。
1908年のフランスグランプリは、7月7日にディエップの近郊で行われ、「メルセデス140hp」の35号車に乗る、クリスチャン・ローテンシュラッガーが優勝した。拡大
1914年のフランスグランプリにて、クリスチャン・ローテンシュラッガーが運転するメルセデスのレーシングカー。同レースではローテンシュラッガーが1位となり、また3位までをメルセデスが独占した。
1914年のフランスグランプリにて、クリスチャン・ローテンシュラッガーが運転するメルセデスのレーシングカー。同レースではローテンシュラッガーが1位となり、また3位までをメルセデスが独占した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事