クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第18回:アウディA8(後編)

2018.12.26 カーデザイナー明照寺彰の直言
アウディA8
アウディA8拡大

メッキの装飾やプレスラインで、すっかりコテコテになった新型「アウディA8」。新しい挑戦を始めたライバルの中で、アウディのこのデザインは後れをとっているのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が、持論を開陳する。

現行世代のアウディの話となると、避けて通れないのがやはりこの顔。現行型「A8」だと、顔の半分ぐらいがグリルで占められている。
現行世代のアウディの話となると、避けて通れないのがやはりこの顔。現行型「A8」だと、顔の半分ぐらいがグリルで占められている。拡大
初代から現行型(4代目)までの「A8」のフロントデザインの変遷。グリルの巨大化っぷりがよくわかる。
初代から現行型(4代目)までの「A8」のフロントデザインの変遷。グリルの巨大化っぷりがよくわかる。拡大
コワモテ系のデザインが好まれると思われがちな中国市場も、最近ではトレンドが変化しているという。写真は2018年11月に催された、アウディと第一汽車との提携30周年記念イベント。
コワモテ系のデザインが好まれると思われがちな中国市場も、最近ではトレンドが変化しているという。写真は2018年11月に催された、アウディと第一汽車との提携30周年記念イベント。拡大
現行型「A8」のスケッチ。
現行型「A8」のスケッチ。拡大
こうして見ると、スケッチの段階では現行型「A8」も「アウディ・プロローグ」(新世代アウディのデザインを示唆したコンセプトカー)に近いものを目指していたことが分かる。“カッコいいデザイン”を市販車に落とし込むのは難しいのだ。
こうして見ると、スケッチの段階では現行型「A8」も「アウディ・プロローグ」(新世代アウディのデザインを示唆したコンセプトカー)に近いものを目指していたことが分かる。“カッコいいデザイン”を市販車に落とし込むのは難しいのだ。拡大

このデザインは誰の好み?

明照寺彰(以下、明照寺):ディテールの話を続けさせてもらうと、グリルまわりのコテコテ感も、「アルファード」じゃないですけど、ちょっと国産車の価値観に近い気がします。

永福ランプ(以下、永福):鬼瓦っぽさはありますね。フロントグリルを取り巻くメッキが微妙に太くてタラコっぽく見えるところも、ちょっと品がない。

明照寺:こういう細かい造作にしても、「アウディってもっと先進的でクールな方向性で行くべきだったじゃないのかなあ」とは思いますね。

ほった:お客さんが変わってきてるんですかね?

明照寺:それはあるかもしれません。

ほった:中国市場かな? 押し出しの強いの、好きそうだし。

明照寺:確かに、中国市場はちょっと前まで「そっちの方向にせざるを得ない」と言われていました。ただ、最近はトレンドが変わったらしくて、中国でも本物志向が強まっているみたいです。

永福:日本で見る中国人観光客のファッション、どんどん洗練されてきてますよね。少なくともほった君の数千倍はオシャレだよ(笑)。

ほった:さいですか。

永福:立ち居振る舞いも、ハイソな場所にいる人ほど洗練されてきてる。アウディはもともと中国市場では最強の高級ブランドだったわけじゃないですか。中国共産党の幹部はこぞってアウディだったわけで、権威の象徴でもあった。

ほった:フォルクスワーゲングループの中国進出は早かったですからね。

永福:その流れで、中国ではベンツやBMWじゃなく、アウディが頂点だったわけですけど、現状に関して言えば、アウディが「それなら」と中国向けにコテコテ系に走ったときにはもう、市場のトレンドは逆のほうに振れていたということかな。

ほった:中国でも、永福さんみたいな人から「新型A8はオッサンっぽい」って言われてるのかもしれませんね。

アウディ A8 の中古車

新しい挑戦を見せてほしい

ほった:正直、最近のドイツ車のデザインは行き着くところまで行っちゃってて、みんなグラフィックいじりに終始してる面があったと思うんですよ。そんな中で、メルセデス・ベンツは「CLS」で、BMWは「X2」で、今までとは違う路線に振ってきた。今やアウディは、取り残されつつあるんじゃないでしょうか?

明照寺:そう感じます。今回のA8のデザインは、小手先のところで変化をつけているだけともいえますから、デザイナーとしては魅力を感じません。工夫が見えない。ドア断面にしても、別に何の工夫もない。「レクサスLS」と比較しても、好き嫌いは別として、LSからは「何か新しいことをやらないと」っていう前向きなものを感じます。

永福:前向きすぎて空回りした部分もあるにせよ、ですね。

ほった: LSですか……。正直、A8とかLSとか、こういうクルマを買う人たちがワタシにはよくわからないんですよ。なにを重視してクルマを選んでるのかとか。

永福:このクラスだと、なによりもブランド力が圧倒的に重要だろうから、「Sクラス」からA8にくら替えさせるというのは、並大抵のことじゃないでしょうね。

ほった:となると、新型A8の使命は、アウディ内でのステップアップの受け皿ですか?

永福:「コロナ」から「マークⅡ」「クラウン」へ、みたいな。

ほった:マークⅡとクラウンみたいに見た目が違えばいいんですけど、A8と「A6」って、昔から見分けが難しいですよね。

明照寺:本当に難しいです。

永福:本職のデザイナーがそんなこと言っていいんですか?(笑)

明照寺:正直なところ、よくわからないんですよ。この世界は。

ほった:いや本当にわかんないですよね。A8のオーナーさんは、自分のクルマがA6とソックリで納得できるんですかね? 市場によってはA6がフラッグシップだったりもするので、似せている部分もあるんでしょうか。中国だと「A4」にもロングバージョンがあるわけだし。

シンプル路線への大胆な方向転換を示した3代目「メルセデス・ベンツCLS」と、シャープさではなくふくよかな面構成を強調したデザインの「BMW X2」。アウディのライバルは、最近になって次々に新しい方向性を打ち出している。
シンプル路線への大胆な方向転換を示した3代目「メルセデス・ベンツCLS」と、シャープさではなくふくよかな面構成を強調したデザインの「BMW X2」。アウディのライバルは、最近になって次々に新しい方向性を打ち出している。拡大
「A8」のライバルである「レクサスLS」。低く構えたフォルムも、内外装のディテールも、既存のレクサスのセダンとは一線を画すデザインとなっている。
「A8」のライバルである「レクサスLS」。低く構えたフォルムも、内外装のディテールも、既存のレクサスのセダンとは一線を画すデザインとなっている。拡大
かつては日本車でも「カローラ」<「コロナ」<「マークII」<「クラウン」といった序列があったものだが……。
ほった:こういうヒエラルキー図も、とんと見なくなりましたねえ。
かつては日本車でも「カローラ」<「コロナ」<「マークII」<「クラウン」といった序列があったものだが……。
	ほった:こういうヒエラルキー図も、とんと見なくなりましたねえ。拡大
2018年2月に発表、翌月のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「A6」。
2018年2月に発表、翌月のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「A6」。拡大
こちらが現行型「A8」。基幹セダンのラインナップが、“縮尺をいじっただけ”のような相似形のデザインをしているのは、アウディだけでなくメルセデス・ベンツやBMWも同じだ。
こちらが現行型「A8」。基幹セダンのラインナップが、“縮尺をいじっただけ”のような相似形のデザインをしているのは、アウディだけでなくメルセデス・ベンツやBMWも同じだ。拡大

これから出てくるSUVに注目

永福:やっぱり、日本人にはA8が感覚的に理解できない部分があるなぁ。日本ではほとんど売れてないし。

ほった:中古車ではオススメですよ。レクサスの「GS」と同じくらいオススメ。

永福:ただ、A8クラスって電子デバイスのカタマリじゃない。聞いた話だと、安いからって飛びつくと、つまんないところが故障して修理代で目ン玉が飛び出るらしい。

ほった:まあそうなんですけどね。……電子デバイスっていえば、インテリアはすごく斬新じゃないですか、新しいA8。

明照寺:フラッシュサーフェスの極地みたいなデザインで、極力スイッチを省いていますよね。本来、A8ってそういう価値観のクルマのはずなんですよ。それが新型については、「外見がオッサンっぽいのがなあ」っていうのが総評になってしまう。

永福:もともとアウディのデザインは、期待値が非常に高いですから。

明照寺:その通りです。メルセデス・ベンツやBMWもそうですけど、自動車業界をけん引する存在なわけですから。特にアウディは、デザインに関しては一番先進感があった。新しいA8は、そのイメージに応え切れてないですよね。シルエットは普通に奇麗なんですけど。

永福:アウディデザインは、袋小路にはまっているんでしょうか?

明照寺:そうとも言えないと思います。写真を見ただけですけど、例えば「Q8」なんかはすごく堂々としてるんじゃないですか。グリルもデカいだけじゃなくて、立体的に作られているように見える。

永福:ダイナミックですよね。

明照寺:SUVとしてのカタマリ感やダイナミックさや先進感が、ほどよくバランスされてますよ。こういうのを見ると、アウディデザインは決して袋小路にはまっているわけではないという気もします。新しい「Q3」も、おそらく悪くはない。今のQ3はあまりカッコよくないですけど、新型はちゃんとバランスが取れている。

清水:アウディはむしろ、SUVのデザインに注目ってことですか。

明照寺:SUVのほうが、「アウディ・プロローグ」が見せたブリスターフェンダーなどのアイコンと、親和性が高いのかもしれませんね。

(文=永福ランプ<清水草一>)

フロントマスクなどのグラフィックは別にして、現行型「A8」のスタイリングについては、明照寺氏は一貫して好評価だった。
フロントマスクなどのグラフィックは別にして、現行型「A8」のスタイリングについては、明照寺氏は一貫して好評価だった。拡大
高い評価を得ている現行型「A8」のインテリア。インフォテインメントシステムや空調などのコントローラーは、いずれもブラックのタッチパネルに表示される。
高い評価を得ている現行型「A8」のインテリア。インフォテインメントシステムや空調などのコントローラーは、いずれもブラックのタッチパネルに表示される。拡大
イグニッションをオンにすると、それまでダッシュボードやセンタークラスターに溶け込んでいた黒いパネルに表示が浮かび上がる様は、いかにも「未来の高級車だな」と思わせる。
イグニッションをオンにすると、それまでダッシュボードやセンタークラスターに溶け込んでいた黒いパネルに表示が浮かび上がる様は、いかにも「未来の高級車だな」と思わせる。拡大
アウディの新しい大型SUV「Q8」。「ラグジュアリー4ドアクーペのエレガンスさと大型SUVの多用途性を兼ね備えたモデル」と説明されている。
アウディの新しい大型SUV「Q8」。「ラグジュアリー4ドアクーペのエレガンスさと大型SUVの多用途性を兼ね備えたモデル」と説明されている。拡大
2018年7月に発表された、2代目となる新型「Q3」。
2018年7月に発表された、2代目となる新型「Q3」。拡大
新しいアウディの姿を示して見せたコンセプトカー「アウディ・プロローグ」。アウディの新世代デザインは、これからが本番なのかもしれない。
新しいアウディの姿を示して見せたコンセプトカー「アウディ・プロローグ」。アウディの新世代デザインは、これからが本番なのかもしれない。拡大
明照寺 彰

明照寺 彰

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ A8 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。