第22回:ダイハツ・ミラ トコット(後編)

2019.02.06 カーデザイナー明照寺彰の直言
ダイハツ・ミラ トコット
ダイハツ・ミラ トコット拡大

もっとシンプルに、もっとエフォートレスに。既存の“かわいい系”とは一線を画すデザインで話題を集めている「ダイハツ・ミラ トコット」。その新しい取り組みに理解を示しつつも、現役のカーデザイナーが指摘した“惜しいポイント”とは?

一応は“女性向けの軽乗用車”でありながらも、ユニセックスなデザインが特徴の「ミラ トコット」。もちろん、かわいい系のクルマからの代替え需要にも対応するべく、ファンシーな仕様も用意されている。写真は販売店オプション「アナザースタイルパッケージ(スイートスタイル)」装着車。
一応は“女性向けの軽乗用車”でありながらも、ユニセックスなデザインが特徴の「ミラ トコット」。もちろん、かわいい系のクルマからの代替え需要にも対応するべく、ファンシーな仕様も用意されている。写真は販売店オプション「アナザースタイルパッケージ(スイートスタイル)」装着車。拡大
明照寺氏からも好評価の「ホンダN-ONE」。その価格は120万0960円から177万2280円と、「ダイハツ・ミラ トコット」よりひとクラス上の軽乗用車である。
明照寺氏からも好評価の「ホンダN-ONE」。その価格は120万0960円から177万2280円と、「ダイハツ・ミラ トコット」よりひとクラス上の軽乗用車である。拡大
現在、ダイハツがラインナップしているもう1台の“オシャレ軽”こと「ムーヴ キャンバス」。「ミラ トコット」とはテイストが違うが、しっかりと突き出たボンネットに立ち気味のAピラー、後端まで水平基調のショルダーラインなど、クラシックでクルマらしいデザインをしている。
現在、ダイハツがラインナップしているもう1台の“オシャレ軽”こと「ムーヴ キャンバス」。「ミラ トコット」とはテイストが違うが、しっかりと突き出たボンネットに立ち気味のAピラー、後端まで水平基調のショルダーラインなど、クラシックでクルマらしいデザインをしている。拡大
2004年から2009年にかけて販売された「ムーヴラテ」。どこをとってもカドのない、丸いデザインが特徴の軽ハイトワゴンだった。
2004年から2009年にかけて販売された「ムーヴラテ」。どこをとってもカドのない、丸いデザインが特徴の軽ハイトワゴンだった。拡大

やりがいのある“かわいいカー”づくり

永福ランプ(以下、永福):トコットは、女性向けのいわゆる“かわいいカー”の派生形だと思いますけど、日本の“かわいいカー”に対して、明照寺さんはどんな思いを持ってますか?

明照寺彰(以下、明照寺):自分が買う、買わないではなく、デザイナーの仕事として、自分とは違う価値観の人に対してモノをつくるのはとても好きなので、肯定的です。自分の好みよりも、「お客さんの要望がこうだからこうしよう」というのは、プロとしてやりがいがあるんです。むしろ自分の趣味とは正反対なクルマをつくるのが好きですね。

永福:なるほど!

明照寺:でも、「ホンダN-ONE」だったら自分で乗ってもいいな~って思うんです。内装の質感もいいし、エクステリアもまあまあだし。

永福:N-ONEはいいですよ! あれは決して女性向けのデザインじゃないと思ってます。

ほった:女性向けかどうかは別にして、自分もこういう“おしゃれ重視”の軽自動車って、好きですね。

永福:えっ、ほった君が!? その時点でほのかに変態の香りが……。

ほった:いやいやいや(笑)。ボディーの見切りを重視した結果ではあるんでしょうけど、ピラーが立ってて、ボンネットがちゃんとあって、ショルダーラインがスコーンとまっすぐですから、みんなすごく“クルマらしい形”してるんですよ。

永福:うわー、そういうオタクっぽい理屈もキモい~(笑)。じゃあさ、トコットはともかくとして、モロにぬいぐるみ的だった、かつての「ムーヴラテ」なんかはどうなの?

ほった:ぜんぜんキレイな形だと思いますよ。潔いじゃないですか。

永福:ええーっ! あれに乗ってるほった君は、それだけでタイホされそうな気がするけど。それでも見切りを重視するなら、カーマニアとして本当に立派だね。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

ダイハツ ミラ トコット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
ホームへ戻る