第592回:「フォーフォ」「ローディー」ってどんなクルマ!?
欧州流ブランド名発音法を大矢アキオが熱烈伝授!

2019.02.15 マッキナ あらモーダ!

カニネロ感覚でどうぞ

カタカナというのは便利なようで厄介であることは、外国語をある程度勉強した方なら必ずわかることであろう。

ひとたび発音をカタカナで表記してあるものを目にすると、たとえそれが不完全であっても「そう発音せねば」と脳が縛られてしまうのだ。耳でじかに聞いた発音よりも、カタカナが優先してしまうのである。日本人にとって鬼門である「L」と「R」の違いなども、カタカナでは表記するのが難しい。

だからカタカナに頼るのは、間違えやすい発音だけにしておいたほうがいい。筆者が学生時代最初に勉強したドイツ語の教科書には、全部カタカナが振られていた。あれがなければ今ごろドイツ語も、もう少しまともな発音ができていたかもしれないと思うと悔やまれる。

逆の視点からいえば、カタカナ表記にした場合、それが適切であるかないかは、各自の主観に任されてよいと筆者は考える。東京都内のホテルの中に「ア ビエント」というレストランがあって、それがフランス語の「A bientot(Aの上に右下がりアクセント、oの上に ^ =アクサン・シルコンフレックス)」であることに気づくのに数年を要したが、だからといって責める気はない。

今回は自動車にまつわる名前の発音についてお話ししよう。説明にあたって、前述のように不完全なカタカナ表記を多用せざるを得ないのは極めて遺憾である。だが、英語の「Continental」を「カニネロ」と発声すれば一発で通じるという都市伝説(?)の延長のつもりで、あくまでも参考として楽しくお読みいただければと思う。

ベルトーネによる1970年「ストラトス ゼロ」。トリノ自動車博物館にて2019年1月撮影。
ベルトーネによる1970年「ストラトス ゼロ」。トリノ自動車博物館にて2019年1月撮影。拡大
ベルトーネ・パンディオン(2010年)
ベルトーネ・パンディオン(2010年)拡大
ピニンファリーナによる1970年の作品「Modulo」。これもイタリア語では「モードゥロ」と記すのが最も近い。トリノ県カンビアーノのピニンファリーナ本社ミュージアムで撮影。
ピニンファリーナによる1970年の作品「Modulo」。これもイタリア語では「モードゥロ」と記すのが最も近い。トリノ県カンビアーノのピニンファリーナ本社ミュージアムで撮影。拡大
「ピニンファリーナ・シグマ グランプリ」。トリノ県カンビアーノのピニンファリーナ本社ミュージアムで撮影。
「ピニンファリーナ・シグマ グランプリ」。トリノ県カンビアーノのピニンファリーナ本社ミュージアムで撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事