第43回:フォード・コスワースDFV
F1最多勝の“汎用エンジン”

2019.02.21 自動車ヒストリー 世界最高峰のレース、F1の歴史において、通算154勝という記録を打ち立てた名機「コスワースDFV」。モータースポーツ史にさん然と輝くこのエンジンは、どのような経緯で誕生したのか? その輝かしい歴史を、あまたのプライベーターのエピソードとともに紹介する。

F1の規定変更が生んだ傑作

2019年のF1は10チーム20台で争われ、使用されるパワーユニットは4種類。メルセデスとフェラーリをそれぞれ3チーム、ルノーとホンダをそれぞれ2チームが選んだ。シャシーの空力特性やサスペンションの出来栄えに加え、どのパワーユニットを搭載するかが勝負の行方を左右する。今ではそれが当たり前だが、かつてはエンジンに選択の余地がほとんどない時代があった。たった1種類のエンジンが、グランプリを支配していたのである。

1960年代から1980年代にかけ、F1を席巻したのがフォード・コスワースDFVだ。通算154勝(改良型のDFYも含めると155勝)という驚異的な成績を残し、9人のドライバーに12回の年間チャンピオンをもたらしている。電子制御や材料・加工の水準などを除けば、最先端のエンジンと比べても見劣りしない。DFVは近代レーシングエンジンの完成形ともいえるものだった。

誕生にはF1のエンジン規定の変更が関わっている。1961年より1.5リッターまでに制限されていた排気量が、1966年から倍の3リッターに拡大されたのだ(過給器付きエンジンの排気量の上限は1.5リッター)。新エンジンの調達には各チームが苦戦し、間に合わせのような対応を取らざるを得なかったケースも多い。ロータスは8気筒ボクサーエンジンを2段重ねにしたBRMのH型16気筒エンジンを採用したものの、重い上に信頼性に難があった。

ロータスのコーリン・チャップマンは、新興のレーシングエンジンビルダーであるコスワースに、3リッターエンジンの製作を依頼する。彼らは直列4気筒1.6リッターのFVAエンジンを持っており、それを組み合わせたV8エンジンを開発する構想を持っていた。「Double Four Valve」と呼ばれるもので、DFVとはその頭文字である。ただ、コスワースにはエンジン開発のための資金が不足していた。費用を提供したのは、「ロータス・コルチナ」の受託生産で縁のあったフォードである。資金面での懸念がなくなって開発は順調に進み、新エンジンはフォード・コスワースDFVの名で呼ばれることになった。

1967年に実戦投入されたレーシングエンジン「フォード・コスワースDFV」。F1において一時代を築き上げ、通算154勝という記録を打ち立てた。
1967年に実戦投入されたレーシングエンジン「フォード・コスワースDFV」。F1において一時代を築き上げ、通算154勝という記録を打ち立てた。拡大
DFVの開発に携わった主要メンバー。左から開発設計のビル・ブラウン、コスワースの創設者であるキース・ダックワースとマイク・コスティン、フォード側の担当者であるベン・ルード。
DFVの開発に携わった主要メンバー。左から開発設計のビル・ブラウン、コスワースの創設者であるキース・ダックワースとマイク・コスティン、フォード側の担当者であるベン・ルード。拡大
有名な「JPSカラー」でカラーリングされた、エマーソン・フィッティパルディの「ロータス72」(1972年)。カウルの後ろにDFVのヘッドがのぞく。
有名な「JPSカラー」でカラーリングされた、エマーソン・フィッティパルディの「ロータス72」(1972年)。カウルの後ろにDFVのヘッドがのぞく。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事