クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

世の潮流はSUVと電動カー
それでも「BMW 3シリーズ」が特別な存在といえる理由

2019.03.06 デイリーコラム

かつての存在感も今は昔

7代目となる新型「BMW 3シリーズ」が、2019年3月9日に世界同時発売される。このモデルには新しいBMWのデザインコンセプトが採用され、より顔つきが力強いものとなった。また、ホイールベースだけでなく前後のトレッドも拡大されたが、車両全体では先代よりも軽量化され、基本的な走行性能もレベルアップしているという。

さらに、BMWとしてはこれが初となる、AIを活用した「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」を採用。「OK,BMW」などと呼びかけるとシステムが起動し、自然な音声会話で操作が可能となる。“AIスピーカー”がクルマに搭載されたようなものだ。もちろん、今どきのクルマらしくドライバーの前には大型ディスプレイがずらりと並ぶ。デザインと走りだけでなく、インフォテインメント系もライバルに負けない最新のものにアップデートされているのだ。高度なセンシング能力を備えた3眼カメラ式の運転支援システムも含め、その内容は基幹車種のモデルチェンジにふさわしい充実したものと評していいだろう。

しかし、世間さまの新型3シリーズに対する注目度は、残念なことに低調といわざるを得ない。なにせ、今は世界的なSUVブームの真っただ中。また環境問題への関心から、ハイブリッド車や電気自動車などに耳目は集まっている。BMWとしても電動化ブランドである「BMW i」を立ち上げたばかりだ。

さらに言えば、BMWの進めるワイドバリエーション化も、3シリーズにとってはネガティブに働いている。大昔のBMWといえば、3シリーズと「5シリーズ」「7シリーズ」がラインナップのほとんどで、その中で最も身近な存在が3シリーズだった。それが今では、ブランドのボトムレンジに「1シリーズ」や「2シリーズ」が位置している。さらに「3シリーズ クーペ」を「4シリーズ」として別離し、5ドアの「グランツーリスモ」も追加。カタログ数が増えるほどに、セダンが埋もれてしまうことになるのだ。

新型BMW 3シリーズ
新型BMW 3シリーズ拡大
新型「3シリーズ」のインストゥルメントパネルまわり。インフォテインメントシステムも機能も、従来モデルより大幅に強化されている。
新型「3シリーズ」のインストゥルメントパネルまわり。インフォテインメントシステムも機能も、従来モデルより大幅に強化されている。拡大

ブランドの神髄に触れたいのなら……

特に、2018年秋のパリモーターショーに対する日本の反応の薄さには戸惑った。現地の取材では「今年のパリの主役は新型3シリーズだ」との印象を得たが、帰国してみれば大きな話題とはなっていなかったのだ。過去の3シリーズの人気を思い返すと、なんとも寂しい状況である。

しかし、クルマを取り巻く環境は変化しても、3シリーズがBMWの核であることにゆらぎはない。なぜなら、BMWはスポーティーな走りで食ってきたブランドだからだ。

いくらSUVが昨今のトレンドだといっても、走りの良さを極めるのなら軽くて重心が低いセダンの方が有利。同じブランドの、同じプラットフォームをベースとしたモデルで、セダンよりSUVの方が走りが良いということはあり得ない。もし走りでSUVに劣るというのなら、そのセダンは手抜きの製品と言って差し支えないだろう。

また、BMWの伝統といえばやはりFRの駆動レイアウトである。FFやFFベースの4WDもやるが、技術の洗練度でいえば文句なしにこちらが勝る。もしBMWが考える“走りの良さ”を理解したいなら、迷うことなくFRを選ぶべきだろう。

ところが、これまで最も安価なFRだった1シリーズが、次世代からはMINIと同じFFになるという。「2シリーズ クーペ/カブリオレ」は1シリーズベースのスペシャリティーカーだし、「アクティブツアラー/グランツアラー」はもとからFFだった。つまり、1シリーズがFF化されれば、3シリーズはBMWが提供する最も身近なFRモデルとなるのだ。

BMWといえば、いまだに「駆けぬける歓び」をうたう走りのブランド。その神髄を私たちに教えてくれるのは、今も昔も3シリーズなのだ。

(文=鈴木ケンイチ/写真=BMW/編集=堀田剛資)

新型「3シリーズ」は2018年のパリモーターショーで世界初公開された。(写真=NEWS PRESS)
新型「3シリーズ」は2018年のパリモーターショーで世界初公開された。(写真=NEWS PRESS)拡大
FRならではの走りを楽しめる手ごろなクラスのセダンとして「3シリーズ」は今日でもBMWの中核であり続けている。
FRならではの走りを楽しめる手ごろなクラスのセダンとして「3シリーズ」は今日でもBMWの中核であり続けている。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW 3シリーズ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。