世の潮流はSUVと電動カー
それでも「BMW 3シリーズ」が特別な存在といえる理由

2019.03.06 デイリーコラム

かつての存在感も今は昔

7代目となる新型「BMW 3シリーズ」が、2019年3月9日に世界同時発売される。このモデルには新しいBMWのデザインコンセプトが採用され、より顔つきが力強いものとなった。また、ホイールベースだけでなく前後のトレッドも拡大されたが、車両全体では先代よりも軽量化され、基本的な走行性能もレベルアップしているという。

さらに、BMWとしてはこれが初となる、AIを活用した「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」を採用。「OK,BMW」などと呼びかけるとシステムが起動し、自然な音声会話で操作が可能となる。“AIスピーカー”がクルマに搭載されたようなものだ。もちろん、今どきのクルマらしくドライバーの前には大型ディスプレイがずらりと並ぶ。デザインと走りだけでなく、インフォテインメント系もライバルに負けない最新のものにアップデートされているのだ。高度なセンシング能力を備えた3眼カメラ式の運転支援システムも含め、その内容は基幹車種のモデルチェンジにふさわしい充実したものと評していいだろう。

しかし、世間さまの新型3シリーズに対する注目度は、残念なことに低調といわざるを得ない。なにせ、今は世界的なSUVブームの真っただ中。また環境問題への関心から、ハイブリッド車や電気自動車などに耳目は集まっている。BMWとしても電動化ブランドである「BMW i」を立ち上げたばかりだ。

さらに言えば、BMWの進めるワイドバリエーション化も、3シリーズにとってはネガティブに働いている。大昔のBMWといえば、3シリーズと「5シリーズ」「7シリーズ」がラインナップのほとんどで、その中で最も身近な存在が3シリーズだった。それが今では、ブランドのボトムレンジに「1シリーズ」や「2シリーズ」が位置している。さらに「3シリーズ クーペ」を「4シリーズ」として別離し、5ドアの「グランツーリスモ」も追加。カタログ数が増えるほどに、セダンが埋もれてしまうことになるのだ。

新型BMW 3シリーズ
新型BMW 3シリーズ拡大
新型「3シリーズ」のインストゥルメントパネルまわり。インフォテインメントシステムも機能も、従来モデルより大幅に強化されている。
新型「3シリーズ」のインストゥルメントパネルまわり。インフォテインメントシステムも機能も、従来モデルより大幅に強化されている。拡大
BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
ホームへ戻る