第130回:新名神のショボさにショック!

2019.04.02 カーマニア人間国宝への道

巨大建造物は男のロマン

当連載開始から約2年半。当時は文字通りカーマニアとして人間国宝を目指す意気込みだったのですが、2年半ですっかりスピードへの情熱は雲散霧消。現在は盆栽いじり的なサステイナブルなカーマニアへと舵(かじ)を切っております!

私の新たな自動車趣味は、「開通前の高速道路巡り」。いや、思えば20年以上前からやってるんだけど、それは道路交通ジャーナリストとしての使命感や、渋滞解消への激しい渇望によるもの。現在はそのめども立っているので、気持ちはかなりノンビリしてきました。

つい先日、3月17日に、新名神の新四日市JCT-亀山西JCTが開通しましたが、それを見越して、ちょうど1年前の昨年3月に、この区間を巡っておりました。

開通前の高速道路巡りというのは、まだ地図には書かれていない開通前の高速道路を、予定路線になるべく沿って一般道を走り、工事中の様子を見るというもの。地図に描かれていないという点では、鉄道の廃線巡りにやや近いです。

新四日市ー亀山西間最大の鑑賞ポイントは、亀山西JCTだ。東名阪亀山JCTから西へ向かってトンネルをひとつ越えると、深い谷をまたぐ高架橋の周辺に巨大なクレーンが林立し、JCT工事が行われていたわけです。これを下から見たらどんなに壮観だろう! 巨大建造物は、いつでも男のロマンをかきたてるのですね。

2018年3月に新名神の新四日市JCT-亀山西JCTの工事の様子を視察した。
2018年3月に新名神の新四日市JCT-亀山西JCTの工事の様子を視察した。拡大
NEXCO中日本のホームページでは新名神開通に関する情報が公開されている。
NEXCO中日本のホームページでは新名神開通に関する情報が公開されている。拡大
新名神高速道路(近畿自動車道名古屋神戸線)は、2019年3月17日に新四日市JCT-亀山西JCT間の約23kmが開通した。
新名神高速道路(近畿自動車道名古屋神戸線)は、2019年3月17日に新四日市JCT-亀山西JCT間の約23kmが開通した。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事