クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW Z4 M40i(FR/8AT)

バイエルンからの刺客 2019.04.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。

ソフトトップに“原点回帰”

直列6気筒のパワーユニットを収めることを誇示するかのように、スラリと伸びた長いノーズセクション。後輪直前にレイアウトされた2人のための小さなキャビン――そんなプロポーションが目を引く個性的かつ情欲的なスタイリングを備えた初代のZ4は、コンパクトでスポーティーなモデルが”大好物”な自分にとっては、当然ながら何とも魅力的な存在に映ったものだ。

それがFRレイアウトの持ち主であったことも、もちろんポジティブな要因のひとつ。正直なところ「ルーフが開く」ことは“二の次”の要素だったが、そもそもコンパクトで2シーターのスポーツモデルとくれば、それは半ば自動的に「オープンボディーの持ち主」となるのが、初代Z4が誕生した2002年当時の雰囲気でもあった。

それから16年という歳月を経て登場したのが、ここに紹介する3代目のZ4である。この新型は、2代目が採用したリトラクタブル式の凝ったルーフシステムを脱ぎ捨てた、いわば「原点回帰のZ4」とでも呼べそうな内容であることが第一の特徴。それだけでも、初代モデルは手にしながらもクーペとしての快適性と豪華さを欲張った2代目モデルが“圏外”だった自身にとっては、「再度のごちそう!」という印象が強くなる。

今回の試乗はそんな”私情”が混じった気持ちとともにスタートした。

今回試乗したのは3リッター直6ターボエンジンを搭載した「M40i」。「Mパフォーマンス」と呼ばれる、BMW M社の手が入った高性能グレードである。
今回試乗したのは3リッター直6ターボエンジンを搭載した「M40i」。「Mパフォーマンス」と呼ばれる、BMW M社の手が入った高性能グレードである。拡大
センタークラスターをややドライバー側に向けて配置するなど、インテリアは“ドライバー・オリエンテッド”なデザイン。音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスなどが可能な「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」など、装備も充実している。
センタークラスターをややドライバー側に向けて配置するなど、インテリアは“ドライバー・オリエンテッド”なデザイン。音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスなどが可能な「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」など、装備も充実している。拡大
「M40i」に標準装備される「Mスポーツシート」。深さのある座面と張り出したサイドサポートにより、ホールド性が高められている。
「M40i」に標準装備される「Mスポーツシート」。深さのある座面と張り出したサイドサポートにより、ホールド性が高められている。拡大

まずは静かさに驚かされる

従来型比で全長が85mm伸び、幅も75mm拡大されたボディーは、率直なところもはや「コンパクト」と呼ぶには抵抗のある大きさ。4335mmという全長はともかく、1865mmという全幅は2ドアゆえドア長が大きいことも考慮すると、「日本では乗降時に気を遣う場面が多くなりそう」という感は否めない。

同時に、ちょっと残念に思えたのは車両重量。テストドライブを行ったM40iはほとんど1.6tに迫る。凝った構造のリトラクタブルルーフを廃したことで、従来型から幾ばくか“戻している”とはいうものの、それでもポルシェ718ボクスターより200kg近くも重いというのは、少々納得し難い。「718は4気筒だから」と言われるかもしれないが、そこを指摘するなら3.4リッターの6気筒ユニットを搭載していたかつての「ボクスターS」だって、車両重量は1.3t台に楽々とどまっていたのである。

ところが、ひとたびスタートを切ってみれば、そんなサイズや重量に対するわだかまりなど、瞬時に吹き飛ばしてしまうのが今度のZ4の実力である。

「オープンモデルはルーフを開けば七難隠す」という経験則(?)に基づき、あえて“ルーフ閉じ”の状態からスタートしてみると、まず驚かされたのは実はその静粛性の高さだった。

完全なクーペ状態をつくり出せた従来型と比べれば、ソフトトップ方式へと回帰した新型は、静粛性でヒケをとることが予想された。ところが、外部からのノイズの侵入が予想を大きく下回ったのに加え、ロードノイズが驚くほど小さかったのだ。かように静粛性がすこぶる高められた一方で、そんな環境ゆえ明瞭に耳に届くことになったのがストレート6が発するサウンド。かくして、「何、コレ、すごく良いじゃない!」と、そんな好印象の中でテストドライブは始まったのである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4335×1865×1305mmと、従来モデルより大幅に拡大。一方で、ホイールベースは2470mmと、25mm短縮されている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4335×1865×1305mmと、従来モデルより大幅に拡大。一方で、ホイールベースは2470mmと、25mm短縮されている。拡大
10.25インチの巨大なデジタルメーターパネル。各種走行情報はもちろん、ナビゲーションの地図表示機能も備わる。
10.25インチの巨大なデジタルメーターパネル。各種走行情報はもちろん、ナビゲーションの地図表示機能も備わる。拡大
センターコンソールに備わる10.25インチのコントロールディスプレイ。従来モデルとは異なり、iDriveコントローラーだけでなく、画面にタッチすることでも操作可能となった。
センターコンソールに備わる10.25インチのコントロールディスプレイ。従来モデルとは異なり、iDriveコントローラーだけでなく、画面にタッチすることでも操作可能となった。拡大
騒音には弱いはずのソフトトップを採用しながら、屋根を閉じた際には高い静粛性を実現している新型「Z4」。ルーフのソフトトップ化はクラシカルなデザインだけでなく、軽量化や低重心化にも寄与している。
騒音には弱いはずのソフトトップを採用しながら、屋根を閉じた際には高い静粛性を実現している新型「Z4」。ルーフのソフトトップ化はクラシカルなデザインだけでなく、軽量化や低重心化にも寄与している。拡大

「ボクスター」が色あせて見える

このように、当初は「なるほど、これならリトラクタブルルーフのモデルから乗り換えても納得できるだろうな」という静粛性の高さが感動モノだった新型Z4だが、程なくして、それ以上にゴキゲンな要素として感じられるようになったのが「さすがはBMWの作品!」と感心させられる動力性能だった。

前述のように、1.6tに迫る重量は大きくなったボディーサイズを勘案しても決して「軽い」とは言えないものだが、ひとたびアクセルペダルを踏み込んでみれば、そんな“重さ感”はコンマ1ミリも気になることがない。

いかにもバランスに優れた、スムーズそのものの回転フィールや、いい意味でターボ付きであることを忘れさせるアクセル操作に対するリニアリティー、低回転域からのトルクの立ち上がりのよさなど、エンジンそのものの実力に起因する部分もさることながら、そんな心臓が備える美点により磨きをかけているのが、「ステップトロニック・スポーツ・トランスミッション」なる長い名称を与えられた、要はトルコン式の8段ATであることも間違いない。

こうした形式のトランスミッションらしく、微低速域では滑らかな挙動を実現させつつ、ひとたびアクセルペダルを踏み加えれば、そこでの駆動力の伝達感は、DCTに遜色のないダイレクトなものとなる。それでもまだ「MTが欲しい」と“無いものねだり”してしまう人の気持ちも分からないではないが、一方で、現状の仕様が「2ペダル方式としては最上級の仕上がり具合に達している」と表しても過言ではないと思う。

端的に言って、このモデルのそんな動力性能を味わってしまうと、恐らくは誰の目からも最大のライバルと映るであろう718ボクスターがもはや色あせて見えてしまう。少なくとも「動力性能面では、向こうに勝ち目はない」と、そう思わずにはいられないのである。

新型「Z4」のパワーユニットには、2リッター直4ターボエンジンと3リッター直6ターボエンジンの2種類がラインナップされる。
新型「Z4」のパワーユニットには、2リッター直4ターボエンジンと3リッター直6ターボエンジンの2種類がラインナップされる。拡大
「M40i」に搭載される3リッター直6ターボエンジン「B58B30C」。340ps、500Nmというアウトプットに加え、エンジン近くに配置された大容量の触媒コンバーターや、微粒子の排出を抑制するパティキュレートフィルターの採用により、厳しい欧州の排出ガス規制「ユーロ6d-TEMP」に適合する高い環境性能も実現している。
「M40i」に搭載される3リッター直6ターボエンジン「B58B30C」。340ps、500Nmというアウトプットに加え、エンジン近くに配置された大容量の触媒コンバーターや、微粒子の排出を抑制するパティキュレートフィルターの採用により、厳しい欧州の排出ガス規制「ユーロ6d-TEMP」に適合する高い環境性能も実現している。拡大
トルコン式8段ATについては、変速比幅を拡大したほか、加速性能を高めるために低速用のギアをクロスレシオ化。また発進加速時のトラクションを最適化する、ローンチコントロール機能も装備している。
トルコン式8段ATについては、変速比幅を拡大したほか、加速性能を高めるために低速用のギアをクロスレシオ化。また発進加速時のトラクションを最適化する、ローンチコントロール機能も装備している。拡大
運動性能を高めるため、「M40i」には電子制御ダンパー付きのローダウンサスペンションや、電子制御LSDが装備される。
運動性能を高めるため、「M40i」には電子制御ダンパー付きのローダウンサスペンションや、電子制御LSDが装備される。拡大

端々に見る実用性の高さも好印象

走りにおいて高く評価できる点は、そのフットワークの仕上がりについても同様である。まず、これまで2代のZ4の走りの特徴(?)でもあった、ヒョコヒョコとしたボディーの動きがすっかり姿を消している。感覚的にはボクスターと同等――すなわち、オープンデザインの持ち主としては最上級――と思えるボディーの剛性感や、ランフラット構造と決別したタイヤなどが、Z4史上初めて「しなやか」と表現したくなる乗り味の獲得に、大きく貢献している。

同時に、この期に及んでホイールベースのショート化(!)にまで踏み込んた効果を垣間見ることができる、徹底的に横方向への踏ん張りが高いコーナリングの感覚も、「新型Z4ならでは」と形容できるテイストの演出にひと役買っていた。さらに、サイドサポート性が飛び切り優れたシートのデザインも、そんな優れたコーナリング感覚を高めてくれる重要なアイテムであった。

およそ50km/hまでであれば走行時でも開閉操作を受け付けるルーフシステムや、そもそも約10秒という作動に必要な時間の短さ、さらにはルーフの開閉に関わらず容量の変わらないトランクスペースの確保や、シート背後のラゲッジネットなど、それなりの実用性が考えられたさまざまな部分にも好感を持てる。

“オープンとクーペ”という二兎(にと)を追うことを諦めた3代目のZ4は、あらためて初代モデルの狙いどころを完全に突き詰めた印象が強い。直列6気筒ならではのエンジンフィーリングを筆頭に、さまざまな装備品なども勘案して答えを出すならば、今選びたくなるのは718ボクスターではなくて完全にコチラ……。個人的には、そう結論を出したくなる最新のZ4なのである。

(文=河村康彦/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

タイヤサイズは前が255/35ZR19で、後ろが275/35ZR19。スポークの隙間から、高い制動力を発生させる「Mスポーツブレーキ」の青いキャリパーがのぞく。
タイヤサイズは前が255/35ZR19で、後ろが275/35ZR19。スポークの隙間から、高い制動力を発生させる「Mスポーツブレーキ」の青いキャリパーがのぞく。拡大
ボタンひとつで、約10秒で自動開閉するソフトトップ。約50km/h以下であれば、走行中でも操作が可能だ。
ボタンひとつで、約10秒で自動開閉するソフトトップ。約50km/h以下であれば、走行中でも操作が可能だ。拡大
トランクルームには、ソフトトップの開閉に関わらず281リッターの容量を確保。ベーシックな「sDrive20i」を除き、すべての仕様にスルーローディング機構が備わっている。
トランクルームには、ソフトトップの開閉に関わらず281リッターの容量を確保。ベーシックな「sDrive20i」を除き、すべての仕様にスルーローディング機構が備わっている。拡大
「M40i」の0-100km/h加速は4.5秒。最高速はリミッターにより250km/hに抑えられている。
「M40i」の0-100km/h加速は4.5秒。最高速はリミッターにより250km/hに抑えられている。拡大

テスト車のデータ

BMW Z4 M40i

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4335×1865×1305mm
ホイールベース:2470mm
車重:1570kg
駆動方式:FR
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:340ps(250kW)/5000rpm
最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1600-4500rpm
タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)
燃費:13.2km/リッター(JC08モード)/12.2km/リッター(WLTCモード)
価格:835万円/テスト車=849万4000円
オプション装備:ボディーカラー<サンフランシスコ・レッド>(9万円)/harman/kardonサラウンドサウンドシステム(5万4000円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:693km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(5)/山岳路(2)
テスト距離:270.7km
使用燃料:26.9リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.1km/リッター(満タン法)/10.7km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW Z4 M40i
BMW Z4 M40i拡大
注目の記事PR
  • ワークスドライバー、ダレン・ターナーが「アストンマーティン・ヴァンテージ」開発の核心を語る。
    ワークスドライバー、ダレン・ターナーが「アストンマーティン・ヴァンテージ」開発の核心を語る。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW Z4 の中古車
関連キーワード
Z4BMW試乗記
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。