クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第33回:BMW 3シリーズ(前編)

2019.05.15 カーデザイナー明照寺彰の直言
BMW 3シリーズ
BMW 3シリーズ拡大

世界が認めるDセグメントのベンチマーク「BMW 3シリーズ」。7代目となる新型「G20」のデザインを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が、ドイツと日本の“自動車デザインの仕方”の違いと、BMWのデザインの変遷を語る。

「G20」のコードネームが与えられた7代目「BMW 3シリーズ」。2018年10月のパリモーターショーで世界初公開された。
「G20」のコードネームが与えられた7代目「BMW 3シリーズ」。2018年10月のパリモーターショーで世界初公開された。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4715×1825×1440mmと、先代モデルより全長が70mm、全幅が25mm拡大。ホイールベースも40mm増の2850mmとなった。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4715×1825×1440mmと、先代モデルより全長が70mm、全幅が25mm拡大。ホイールベースも40mm増の2850mmとなった。拡大
ライバルのボディーサイズを見ると、「メルセデス・ベンツCクラス」が全長×全幅×全高=4690×1810×1425mm、「アウディA4」が同4755×1840×1410mm。新型「BMW 3シリーズ」のサイズは、だいたい両車の中間と言えそうだ。
ライバルのボディーサイズを見ると、「メルセデス・ベンツCクラス」が全長×全幅×全高=4690×1810×1425mm、「アウディA4」が同4755×1840×1410mm。新型「BMW 3シリーズ」のサイズは、だいたい両車の中間と言えそうだ。拡大
新型(右下)と先代(左上)の「3シリーズ」。
新型(右下)と先代(左上)の「3シリーズ」。拡大

“サイズ感”は従来モデルと一緒

明照寺彰(以下、明照寺):Dセグメントのセダンにおいて、BMW 3シリーズっていうのは、性能面でもデザイン面でも大きなベンチマークなんですよ。その他のセダンはすべて、3シリーズがどうなってるかを横目で見ながらデザインしてるようなところがあります。

永福ランプ(以下、永福):明照寺さんもそうなんですね?

明照寺:確実に意識はします。で、新型3シリーズですけど、パッと見て感じるのは、「クリス・バングルがデザインディレクターだった時代から、基本的なシルエットとか各部のボリュームの比率は変わらないなぁ」ってことです。

ほった:とはいえ、サイズはずいぶん大きくなりましたよね? 日本のクルマ好きからは、「またか」とか「3シリーズよ、お前もか」って、嘆く声がたくさん聞こえてきますけど。

明照寺:確かにサイズは大きくなっていますが、他のクルマも少しずつ拡大しているので、各々の時代におけるシルエットやボリューム感は変わってないということです。

永福:3シリーズは、サイズでは比較的踏ん張ってるほうですしね。ずいぶん日本市場を意識しているというし。デザイナーの永島譲二さんも、「3シリーズにとって、全幅拡大の最大のブレーキは日本市場」っておっしゃってました。

ほった:ホントなんですかね?

永福:少なくとも先代のF30型は、日本向けだけドアノブ形状を変えて全幅1800mmに抑えてたからなぁ。

明照寺:とにかく、実際のサイズはともかく、造形の基本構成や比率がそれほど変わってないんですよ。絶対的なテンプレートがあるんじゃないかっていうぐらい、基本的な感じは変わってない。

永福:私もそう思います。特に今回は「マイナーチェンジ?」という印象すらある。

BMW 3シリーズ の中古車

ちょっとレクサスっぽくなった?

明照寺:今回のモデルチェンジ、最大のトピックは「X2」から始まったドア断面の変化でしょう。

ほった:ドアハンドルのあたりにあった、前から後ろまで通っていたキャラクターラインが消えたって話ですよね。

明照寺:そうです。メインのキャラクターラインです。新型はこれがなくなってるじゃないですか。たぶん、これから出てくるBMWもこうなっていくんでしょう。そういう意味では、新型3シリーズはBMWの新世代デザインになったわけですけど、なんかちょっとレクサスっぽさも感じてしまう。

永福:あっ! 

ほった:似てるんですよね、部分的に。

明照寺:リアからみると、特にそうなんです。

永福:トランクリッド上部の反り方がまるでレクサスですね。テールランプの光らせ方も含めると、「GS」にとてもよく似ている。

明照寺:ランプのグラフィックとかだけじゃないんですよ。例えば、「今度の3はボディーサイドのボトムを走るラインが『IS』みたく斜め上に跳ね上がるようになったんだなぁ」とか。ドア断面の感じなんかも、細かい処理がレクサスっぽいなって感じました。ただ、レクサスみたいな大胆な基本構成ではない。あくまでBMWの構成の中での新しい表現というイメージです。だから、レクサスみたいにやり切っている感じはない。

永福:レクサスはやり切っているからプラス評価なんですか?

明照寺:それはデザインに対する考え方次第ですけど、新しいものを追求するという姿勢に関してはレクサスはすごい。その点、新型3シリーズはやり切った感じが少ないのは確かです。でも、それがBMWの範疇(はんちゅう)なのかなとも思います。

永福:これまた永島譲二さんの言葉ですけど、「プレミアムブランドとはそういうものです」だとか(笑)。

ほった:あんまり大胆には変えずに、熟成していくわけですよね。

永福:クリス・バングルが大胆に変えた時は、すごい非難の嵐だったもんねぇ。

新型(右下)では、先代(左上)にはあったドアハンドルをつなぐ凹面のラインがなくなったほか、ドアパネルの下部やサイドシルの意匠も大きく変えられている。
新型(右下)では、先代(左上)にはあったドアハンドルをつなぐ凹面のラインがなくなったほか、ドアパネルの下部やサイドシルの意匠も大きく変えられている。拡大
新型「3シリーズ」のリアビュー。トランクリッドまわりの造形に注目。
新型「3シリーズ」のリアビュー。トランクリッドまわりの造形に注目。拡大
こちらは「レクサスGS」のリアまわり。L字形に光るテールランプにも類似性が感じられる。
こちらは「レクサスGS」のリアまわり。L字形に光るテールランプにも類似性が感じられる。拡大
現行型「レクサスIS」(上)と新型「3シリーズ」(下)のサイドビュー。
現行型「レクサスIS」(上)と新型「3シリーズ」(下)のサイドビュー。拡大
クリス・バングルが手がけた4代目「7シリーズ」。それまでのBMWとは一線を画す斬新なデザインが、賛否両論を巻き起こした。
クリス・バングルが手がけた4代目「7シリーズ」。それまでのBMWとは一線を画す斬新なデザインが、賛否両論を巻き起こした。拡大

ドイツ車と日本車に見る“デザインの仕方”の違い

明照寺:立体の基本的な構成を考慮しつつ進化していった結果、面の雰囲気とかキャラクターラインの出し方とか、リアコンビランプなどのディテールの表現も含めて「少しレクサスに近づいたのかな」とは思います。いずれにせよ、ドイツの自動車メーカーは前の型をとても尊重しますよね。BMWだけじゃなくて、ほかのメーカーも。

ほった:ですね。

明照寺:一般的に言って、ドイツ車ってクオリティーが高いじゃないですか。もちろんデザインも。ドイツ車のデザインは改善を繰り返して一歩ずつ前進していきますけど、日本車というか日本の自動車メーカーは、前の型の評価がよほど高かったり、大ヒットしていたりしない限り、逆に前の型との違いを出すのに躍起になるんですよ。そんなに前の型を尊重しない。そこに関してはデザインのスタンスが違う。

永福:そもそもからして、10年、20年前までは、ドイツ車と日本車とじゃ元のデザインのクオリティーが雲泥の差でしたよね。例えば20世紀中の国産高級セダンと、当時のBMWをいま並べて見たら、国産セダンは完全にポンコツに見えてしまう。“『西部警察』で爆発・炎上させる用”にしか見えないでしょう。

ほった:『西部警察』で燃やしてたのは、半世紀近く前のモデルですけどね。

永福:その当時のBMWと比べても、今のほうが気品が増しているように見えるじゃないですか。爆発・炎上どころか、むしろ磨きたくなりますよ。この差はものすごい。もともと作りこみのレベルがすごく高いのを、代替わりごとにブラッシュアップしていくんだから、そりゃいいものになりますよね。

明照寺:「BMWに限らず、ドイツのメーカーは前のモデルのカタチを尊重して、改善させる方向で新型をデザインしますよね」
明照寺:「BMWに限らず、ドイツのメーカーは前のモデルのカタチを尊重して、改善させる方向で新型をデザインしますよね」拡大
初代から6代目までの歴代「3シリーズ」。先代から何が受け継がれ、何が変えられたのか、代替わりごとの進化がよくわかる。
初代から6代目までの歴代「3シリーズ」。先代から何が受け継がれ、何が変えられたのか、代替わりごとの進化がよくわかる。拡大
1975~1979年にかけて販売された4代目「日産セドリック」。『西部警察』では劇中車としてたびたび起用され、時に惜しげもなく爆破された。
1975~1979年にかけて販売された4代目「日産セドリック」。『西部警察』では劇中車としてたびたび起用され、時に惜しげもなく爆破された。拡大
1972~1981年にかけて販売された初代「BMW 5シリーズ」。
1972~1981年にかけて販売された初代「BMW 5シリーズ」。拡大

分水嶺になったクリス・バングル

明照寺:そういう流れを作れているから、ドイツ車のデザインはいいんですよね。日本車は、「さあこれから始めるぞ」ということになると、意気込みはすごく強いんだけど、どこか本質的な部分を忘れちゃってるところがある。BMWとかアウディとかメルセデスは、頑固なんでしょうね。

永福:守るものは徹底的に守る。

明照寺:ただ個人的には、クリス・バングル以前のBMWと、バングル以後のBMWとでは結構ちがう。そこに大きな分水嶺(ぶんすいれい)があるように思えます。以前はもう少し質実剛健的な雰囲気でした。

ほった:3シリーズで言うと、E46とE90の間ってことですかね?

明照寺:そうですね。もっと古いモデル、例えば初代3シリーズなんかは、「2002」から極端には変わっていなかった。その流れが続いていたところにバングルが来て、がらっと変わって、よりエモーショナルなデザインを目指すようになった。時代がそうさせたのかもしれないけど。

永福:うーん。ただ3シリーズに関しては、バングルが手がけなかったみたいなので、E90もとっても落ちついていたと思うんですが。永島譲司さんのデザインで。

明照寺:それはありますね。だからこそ3シリーズは、今もベンチマークとして認められているんだと思います。

(文=永福ランプ<清水草一>)

1992年から2009年まで、長年にわたりBMWのデザインをけん引してきたアメリカ人デザイナーのクリス・バングル氏。
1992年から2009年まで、長年にわたりBMWのデザインをけん引してきたアメリカ人デザイナーのクリス・バングル氏。拡大
「E90」こと5代目「3シリーズ」と永島譲二氏(当時)。
明照寺:「3シリーズも、この代で大きく変わりましたよね」
永福:「まぁそれでも、『7シリーズ』なんかと比べたら抑えが利いていたほうだと思いますが」
「E90」こと5代目「3シリーズ」と永島譲二氏(当時)。
	明照寺:「3シリーズも、この代で大きく変わりましたよね」
	永福:「まぁそれでも、『7シリーズ』なんかと比べたら抑えが利いていたほうだと思いますが」拡大
 
第33回:BMW 3シリーズ(前編)の画像拡大
明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW 3シリーズ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。