第33回:BMW 3シリーズ(前編)

2019.05.15 カーデザイナー明照寺彰の直言
BMW 3シリーズ
BMW 3シリーズ拡大

世界が認めるDセグメントのベンチマーク「BMW 3シリーズ」。7代目となる新型「G20」のデザインを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が、ドイツと日本の“自動車デザインの仕方”の違いと、BMWのデザインの変遷を語る。

「G20」のコードネームが与えられた7代目「BMW 3シリーズ」。2018年10月のパリモーターショーで世界初公開された。
「G20」のコードネームが与えられた7代目「BMW 3シリーズ」。2018年10月のパリモーターショーで世界初公開された。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4715×1825×1440mmと、先代モデルより全長が70mm、全幅が25mm拡大。ホイールベースも40mm増の2850mmとなった。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4715×1825×1440mmと、先代モデルより全長が70mm、全幅が25mm拡大。ホイールベースも40mm増の2850mmとなった。拡大
ライバルのボディーサイズを見ると、「メルセデス・ベンツCクラス」が全長×全幅×全高=4690×1810×1425mm、「アウディA4」が同4755×1840×1410mm。新型「BMW 3シリーズ」のサイズは、だいたい両車の中間と言えそうだ。
ライバルのボディーサイズを見ると、「メルセデス・ベンツCクラス」が全長×全幅×全高=4690×1810×1425mm、「アウディA4」が同4755×1840×1410mm。新型「BMW 3シリーズ」のサイズは、だいたい両車の中間と言えそうだ。拡大
新型(右下)と先代(左上)の「3シリーズ」。
新型(右下)と先代(左上)の「3シリーズ」。拡大

“サイズ感”は従来モデルと一緒

明照寺彰(以下、明照寺):Dセグメントのセダンにおいて、BMW 3シリーズっていうのは、性能面でもデザイン面でも大きなベンチマークなんですよ。その他のセダンはすべて、3シリーズがどうなってるかを横目で見ながらデザインしてるようなところがあります。

永福ランプ(以下、永福):明照寺さんもそうなんですね?

明照寺:確実に意識はします。で、新型3シリーズですけど、パッと見て感じるのは、「クリス・バングルがデザインディレクターだった時代から、基本的なシルエットとか各部のボリュームの比率は変わらないなぁ」ってことです。

ほった:とはいえ、サイズはずいぶん大きくなりましたよね? 日本のクルマ好きからは、「またか」とか「3シリーズよ、お前もか」って、嘆く声がたくさん聞こえてきますけど。

明照寺:確かにサイズは大きくなっていますが、他のクルマも少しずつ拡大しているので、各々の時代におけるシルエットやボリューム感は変わってないということです。

永福:3シリーズは、サイズでは比較的踏ん張ってるほうですしね。ずいぶん日本市場を意識しているというし。デザイナーの永島譲二さんも、「3シリーズにとって、全幅拡大の最大のブレーキは日本市場」っておっしゃってました。

ほった:ホントなんですかね?

永福:少なくとも先代のF30型は、日本向けだけドアノブ形状を変えて全幅1800mmに抑えてたからなぁ。

明照寺:とにかく、実際のサイズはともかく、造形の基本構成や比率がそれほど変わってないんですよ。絶対的なテンプレートがあるんじゃないかっていうぐらい、基本的な感じは変わってない。

永福:私もそう思います。特に今回は「マイナーチェンジ?」という印象すらある。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • BMW M550i xDrive/523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+【試乗記】 2020.11.30 試乗記 「BMW 5シリーズ」のマイナーチェンジモデルが日本に上陸。4.4リッターV8ツインターボの「セダン」と2リッター直4ディーゼルターボの「ツーリング」をワインディングロードに連れ出し、走行性能と最新のデジタル装備の仕上がりを試した。
  • BMWの最強サルーン「M5 CS」登場 世界限定1100台のうち日本導入5台をオンラインで販売 2021.4.9 自動車ニュース BMWジャパンは2021年4月9日、世界限定1100台のハイパフォーマンスサルーン「BMW M5 CS」の国内導入を発表した。日本ではBMWオンラインストアにおいて、5台の台数限定で販売される。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
ホームへ戻る