第534回:BMWデザイン・サロンに参加して発見
デザインに込められた“らしさ”と“新しさ”

2018.11.14 エディターから一言
 
「BMWデザイン・サロン」に登壇したBMWデザイン部門エクステリア・クリエイティブ・ディレクターの永島譲二氏。
「BMWデザイン・サロン」に登壇したBMWデザイン部門エクステリア・クリエイティブ・ディレクターの永島譲二氏。拡大

BMWジャパンは2018年11月5日、東京・青海にあるBMW GROUP Tokyo Bayで、「BMWデザイン・サロン」と題したトークイベントを開催した。登壇したのはBMWデザイン部門エクステリア・クリエイティブ・ディレクターの永島譲二氏で、同氏はBMW本社で手腕を振るう唯一の日本人デザインディレクターでもある。

アイデアを出す時は、紙とペンを使うという永島氏。反対に今のデザイナーは、最初からコンピューターを使用して描くので、紙とペンが使えないという。
アイデアを出す時は、紙とペンを使うという永島氏。反対に今のデザイナーは、最初からコンピューターを使用して描くので、紙とペンが使えないという。拡大
新型「Z4」は、重心を低く見せるようにデザインされたグリルとBMWでは初となる縦長のヘッドライトが、フロントでの特徴となる。
新型「Z4」は、重心を低く見せるようにデザインされたグリルとBMWでは初となる縦長のヘッドライトが、フロントでの特徴となる。拡大
新型「Z4」開発時のイメージスケッチ。こちらはコンピューターで描かれたもの。
新型「Z4」開発時のイメージスケッチ。こちらはコンピューターで描かれたもの。拡大

BMWのアイコン「キドニーグリル」の変化

本題に入る前に、永島氏の経歴をざっとご紹介したい。永島氏は1955年11月に東京で生まれ、武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業後、1979年に米国のミシガン州ウェイン州立大学大学院に渡りデザイン修士課程を修了した。はじめからドイツ在住でBMWとの縁があったわけではない。カーデザイナーとしてのキャリアは、1980年に独オペルでスタートした。その後1986年に仏ルノーに移籍し、1988年からBMWとなる。

過去に手がけた主なモデルは、1996年の「Z3」(E36/7)、1996年の4代目「5シリーズ」(E39)、2005年の5代目「3シリーズ」(E90)などの市販車と、数々のコンセプトカーである。

今回は、「Z4」「3シリーズ」(G20)、そして「8シリーズ」というBMWの最新モデルにおけるデザインの狙いやそこに隠された工夫などを、永島氏が直接紹介するという趣向だ。実際に永島氏はペンで描きながら、各モデルの特徴を語った。

最初に取り上げられたのはZ4。BMWのアイコンともいえる「キドニーグリル」は、ついつい不変だと思いがちだが、その形状は時代と共に変化してきている。従来の四角形に近かったキドニーグリルは、現行モデルの7代目5シリーズくらいから左右外側に尖(とが)った部分ができ、グリル自体もヘッドライトに食い込んでいる。形も五角形に近い形状に進化している。

Z4で採用されているこの五角形の左右にある尖った部分(便宜上分かりやすく頂点と呼ぶことにする)が、よく見るとスポーツカーといえるZ4と8シリーズでは、3シリーズなどに比べいっそう地面に近い位置にある。これは、フロントマスクにおいて、ワイド&ローをより強調する狙いがあるのだという。いっぽうヘッドライトは、そのグリルの頂点よりも上に配置されるデザインになっている。グリルを低く、逆にヘッドライトを高く配置することで、車両の低重心化を印象付け、スポーティーなフォルムに仕立てるのだという。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW Z4 2018.8.24 画像・写真 独BMWは2018年8月23日(現地時間)、米国カリフォルニア州のぺブルビーチ・ゴルフリンクスにおいて、オープン2シーター「Z4」の新型を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • BMW640iカブリオレ(FR/8AT)【試乗記】 2011.5.29 試乗記 BMW640iカブリオレ(FR/8AT)
    ……1133万6000円

    新型「6シリーズ」のトップバッターとして導入されたオープンモデル。3リッター直6のベースグレードに試乗して、走りと乗り心地を確かめた。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.29 試乗記 踏めば速いことは間違いないが、この「BMW M850i xDriveクーペ」にそうした乗り方はふさわしくない。真に味わうべきはスピードではなく、あふれ出るパワーと最新のテクノロジーがもたらす、ゆるりとした贅沢(ぜいたく)なひとときではないだろうか。
ホームへ戻る