第612回:米国の英雄リー・アイアコッカ
くめども尽きぬイタリアへの思い

2019.07.12 マッキナ あらモーダ!

両親はイタリア人移民

フォードの社長とクライスラーの会長を務めたリー・アイアコッカ氏が2019年7月2日、パーキンソン病に伴う合併症のためロサンゼルスで死去した。94歳だった。

1964年「フォード・マスタング」の生みの親であり、のちに倒産寸前のクライスラーを再生したあたりのアイアコッカ氏の業績については、数々のメディアで報じられているとおりだ。したがって本稿では繰り返さない。代わりに、筆者が拠点とするイタリアとの「つながり」という観点で振り返ってみたい。

リー・アイアコッカ氏は1924年10月15日、ペンシルバニア州フィラデルフィアの北にある工業都市アレンタウンに生まれた。本名はリド・アンソニー・アイアコッカ。両親はイタリア系移民の食堂経営者で、イタリア南部ナポリの北東サン・マルコ・デイ・カヴォーティ村の出身であった。

参考までに、「Iacocca」をイタリア語読みすると「イアコッカ」となる。筆者自身はイタリアに住んで23年目を迎えるが、いまだアイアコッカ姓の人物に出会ったことがない。

そこで日本でいうところの『ハローページ』に相当する電話帳『パージネ・ビアンケ』で、Iacocca姓を検索してみた。リストアップされたのはわずか13件。そのうち半数以上の8件がアイアコッカ氏の父の出身地と同じベネヴェント県である。いっぽう、それに近いCocca姓は、数名の歴代村長などの名前にも見られる。いずれにしてもローカルな名字であることがうかがえる。

『イタリア移民インターネット協会』の資料によると、20世紀初頭のカンパーニャ地方は、シチリアに次いでイタリアから出国する移民が多い地域であった。1861年のイタリア国家統一後、半島の政治の中心は最初トリノ、やがてローマへと移った。かつてのナポリ王国の繁栄は、世紀をまたいで明らかに過去のものとなり、新天地アメリカを目指す人々が絶えなかったのである。

初代フォード・マスタング
初代フォード・マスタング拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事