ヤマハの新型スクーターも実はGogoro製
台湾発の電動二輪とバッテリーインフラが世界を変える!?

2019.07.22 デイリーコラム

ヤマハが発表した新型電動スクーターの“中身”

2019年6月10日、ヤマハモーター台湾は、台湾の電動スクーターメーカーGogoro(ゴゴロ)との協業によって開発した新型電動スクーター「EC-05(イーシー・ゼロファイブ)」を発表。同月27日に台北市内でメディアおよび一般ユーザー向けの発表会を開催し、実車をお披露目した。

EC-05は、Gogoro製電動スクーターのプラットフォームを使い、ヤマハが車体外装をデザインしたもの。Gogoroが生産を担い、ヤマハモーター台湾のディーラーで販売される。ベースとなるのは同社の躍進を支えた普及モデル「Gogoro2」で、2つのバッテリーを使った一充電走行可能距離は150km。最高速は90km/h、0-50km/h加速に要する時間は3.9秒と、ザックリと言えば125ccスクーターと同等のパフォーマンスを持つ。またシート下には、バッテリーとともにおおむねキャップタイプのヘルメット2つを収納できる25リッターの収納スペースを持ち、スマートキーシステムも搭載されている。もちろん、Gogoroが提供するバッテリーステーションはもちろん、スマートフォンアプリも利用可能だ。

EC-05が注目される点はまさにここにあり、ヤマハはこのモデルの投入により、「台湾でGogoroが提供するエネルギーインフラに乗っかった」と言えるのだ。では、Gogoroとはどんなメーカーで、どのような形でインフラを提供しているのか。

Gogoroの電動スクーターは、2015年に米ラスベガスで開催されるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)でデビュー。同年、欧州最大のモーターサイクルショーのEICMAにも出展された。自社開発のスクーターは、独自のフレームや前後サスペンションシステム、そしてデザインを持ち、シート下に2つの交換式バッテリーを搭載していた。乗り物として非常にユニークだったのはもちろんだが、なにより周囲を驚かせたのは、そのバッテリーを瞬時に交換できるバッテリーステーションも同時に発表したことだった。

台北市内で開催された「EC-05」の発表会の様子。メディアのほか、SNSなどで大きな影響力を持つインフルエンサーなどを集めて実車が初披露された。
台北市内で開催された「EC-05」の発表会の様子。メディアのほか、SNSなどで大きな影響力を持つインフルエンサーなどを集めて実車が初披露された。拡大
「ヤマハEC-05」と、同車の開発に携わったヤマハモーターR&D台湾 企画部の高橋大輔氏(右)、およびヤマハ発動機デザイン部の山口壽人氏。
「ヤマハEC-05」と、同車の開発に携わったヤマハモーターR&D台湾 企画部の高橋大輔氏(右)、およびヤマハ発動機デザイン部の山口壽人氏。拡大
「ヤマハEC-05」は、Gogoroの電動スクーター「Gogoro2」のプラットフォームをベースに、外装類にヤマハ独自のデザインを用いたものだ。
「ヤマハEC-05」は、Gogoroの電動スクーター「Gogoro2」のプラットフォームをベースに、外装類にヤマハ独自のデザインを用いたものだ。拡大
シート下のスペース。写真左側に見える取っ手付きのボックスが、脱着式のバッテリー。その隣に見える「Gogoro」のロゴ入りキャップは、家庭用コンセントで充電する際に用いるジャックだ。
シート下のスペース。写真左側に見える取っ手付きのボックスが、脱着式のバッテリー。その隣に見える「Gogoro」のロゴ入りキャップは、家庭用コンセントで充電する際に用いるジャックだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事