期待しているけど不安もある?
webCG随一のアメ車オタク 新型「コルベット」を語る

2019.09.16 デイリーコラム

ネット上はお祭り状態

2019年7月18日の世界初公開からもう2カ月も過ぎているというのに、依然として新型「シボレー・コルベット」(以下C8)旋風が止まらない。

YouTubeでは、スマホ片手のインフルエンサーによる“コルベット動画”が林立し、気の早すぎるお歴々による「Z06」や「コンバーチブル」の妄想情報&創作CG画像がネット上を飛び交っている。『webCG』でも、当該ニュースとギャラリーの公開直後から「新型」「コルベット」という検索ワードで来訪する読者数が急上昇。新しい情報などないというのに、最近までその状態が続いていた次第である。

それにしても、ブロガーさんやインフルエンサーさんによる情報発信のスピードの速さよ。メーカーのオウンドメディアもどんどん充実しているし、自動車ネタを活計にしているわれら専門メディアは、令和の御代(みよ)をどうやって生きていけばいいのでせうね……。

なんて難しい話はどうでもよい(よくないけど)。今回のテーマは、ミドシップ化やその他もろもろの変革により、侃々諤々(かんかんがくがく)、喧喧囂囂(けんけんごうごう)を巻き起こしている、新型コルベットについてである。

他人のふんどしなうえにまた聞きの情報で申し訳ない。元webCGデスクにして現『CAR GRAPHIC』編集長の竹下元太郎氏から聞いた話なのだが、故小林彰太郎氏は自動車を評価するうえで、“合目的性”を非常に大事にしていたのだとか。……ひょっとしたら“合目的適正”だったかもしれないけど、とにかく、ユーザーがそのクルマを買った目的をどこまで果たせるか、クルマがユーザーの期待に沿うものになっているかどうかを重視する、ということだったのでしょう。

では、シボレー・コルベットの“目的”、ユーザーがこのクルマに寄せる期待とは、どんなもんなんでしょう?

米カリフォルニア州オレンジカウンティーで行われた発表会の様子は、GMによって大々的に配信された。記者ももちろん、ガン見してました。
米カリフォルニア州オレンジカウンティーで行われた発表会の様子は、GMによって大々的に配信された。記者ももちろん、ガン見してました。拡大
こちらは歴代「コルベット」のエンブレム。上の写真でモニターに表示されている、C8コルベットのものと見比べてみてほしい。C7からC8で、結構変わったんだなあ。
こちらは歴代「コルベット」のエンブレム。上の写真でモニターに表示されている、C8コルベットのものと見比べてみてほしい。C7からC8で、結構変わったんだなあ。拡大
発表会にて、来場者に囲まれる新型「コルベット」。スマホ片手にクルマに迫る人々の図は、日本でもアメリカでも変わらないのですね。
発表会にて、来場者に囲まれる新型「コルベット」。スマホ片手にクルマに迫る人々の図は、日本でもアメリカでも変わらないのですね。拡大
ミドシップとなった新型「コルベット」。写真で見る限り、後ろから見てもなかなかにハンサム野郎ですな。
ミドシップとなった新型「コルベット」。写真で見る限り、後ろから見てもなかなかにハンサム野郎ですな。拡大
シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020(ゼネラルモーターズ) 2020.1.10 画像・写真 8代目となる新型「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本初公開! 東京オートサロン2020のゼネラルモーターズのブースより、新しくなったアメリカンスーパースポーツの詳細な姿を、弟分「カマロ」の改良モデルともども写真で紹介する。
  • GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の導入を発表 価格は1550万円 2020.8.27 自動車ニュース GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の日本導入を発表した。コルベット初のリトラクタブルハードトップを採用したオープントップモデルで、ルーフの開閉に要する時間は16秒。車速が48km/hまでであれば走行中でも操作が可能となっている。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る