第145回:欲望の縮小限定化

2019.10.07 カーマニア人間国宝への道

小さくて楽しいクルマがイイ!

先日、中古フェラーリ専門店コーナーストーンズに遊びに行ったところ、エノテン(榎本 修代表)に、「最近清水さんは、小さいクルマのことばっかり書いてますよねぇ」と言われた。

確かにその通り!

その時は、店内が「BMW 850i」の話題で盛り上がっていたのだが、私は傍観者に徹しながら、「850ってどんなクルマだっけ」と必死に思い出そうとしていた。

オレ:あ、思い出した! オレ、そのクルマ、箱根で試乗したよ!

エノテン:850、どうでした?

オレ:うーん、いいといえばいいに決まってるけど、あのクラスとしては、いまひとつインパクトに欠けたなぁ。オレはあれだったら、アストンの「DB11 V8」が断然いいな。

我ながらものすごく無責任なコメントである。

エノテン:そうですかー。でもひょっとしてアストンは、エンジンを始動するたびに、ブワ~ンってすごい音がしませんか?

オレ:するする!

エノテン:僕、ああいうのダメなんです。朝、家を出るたびにブワ~ンっていうのはツーマッチで。

エノテンや常連客様は、850を足グルマとして興味を持っているので、あんまり過剰な演出はノーサンキューだそうだ。

一方私は、あれくらいの価格帯のクルマを足に欲しいなんていう欲望はコレッポッチもなく、まったくのやじ馬である。高いクルマはフェラーリだけで十分! でもフェラーリの新車なんざ高すぎるし欲しくない。今の「328GTS」がサイコー! それ以外は小さくて楽しいクルマがイイ! そういうことで、自然な流れとして、いつのまにか小さいクルマのことばっかり書いている。

“エノテン”ことコーナーストーンズの榎本 修代表と筆者。
“エノテン”ことコーナーストーンズの榎本 修代表と筆者。拡大
箱根にて「BMW 850i」(写真右)と。(写真=池之平昌信)
箱根にて「BMW 850i」(写真右)と。(写真=池之平昌信)拡大
アストンマーティンDB11 V8(写真=池之平昌信)
アストンマーティンDB11 V8(写真=池之平昌信)拡大
筆者の愛車「フェラーリ328GTS」(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「フェラーリ328GTS」(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • 第179回:大山鳴動して鼠一匹出ず 2020.6.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第179回は「大山鳴動して鼠一匹出ず」。フェラーリを増車したのもつかの間、またもや魅惑的なターゲットが現れた。「DS」と同様、長年、筆者の心を捉えてやまない、シトロエン車伝統のある装置とは?
ホームへ戻る