第590回:キモは電動化だけにあらず
ドイツの巨人フォルクスワーゲンの次世代戦略に迫る

2019.09.28 エディターから一言
ツヴィッカウ工場のラインを流れる「フォルクスワーゲンID.3」。
ツヴィッカウ工場のラインを流れる「フォルクスワーゲンID.3」。拡大

ついに電気自動車(BEV)専用プラットフォーム「MEB」を採用した第1弾モデル「ID.3」を発表したフォルクスワーゲンだが、未来を見据えた彼らの戦略はBEVの量産化だけにとどまらない。“CASE”について全方位的に取り組みを加速させる、ドイツの巨人の“今”をリポートする。

「ID.」は電気自動車に特化したフォルクスワーゲンのサブブランド。「ID.3」は同ブランド初の製品として、また「MEB」を採用した最初のモデルとして、2019年のフランクフルトショーで世界初公開された。
「ID.」は電気自動車に特化したフォルクスワーゲンのサブブランド。「ID.3」は同ブランド初の製品として、また「MEB」を採用した最初のモデルとして、2019年のフランクフルトショーで世界初公開された。拡大
「ID.」シリーズに採用される「MEB」のシャシー。バッテリーを床下に敷き詰め、モーターやコントロールユニットなどを前後に押しやることで、高効率なパッケージを実現している。
「ID.」シリーズに採用される「MEB」のシャシー。バッテリーを床下に敷き詰め、モーターやコントロールユニットなどを前後に押しやることで、高効率なパッケージを実現している。拡大
ホイールベースを比較的自由に伸び縮みさせられる「MEB」は、幅広いモデル展開が可能。フォルクスワーゲンが「MQB」で実現したマルチプラットフォーム構想が受け継がれている。
ホイールベースを比較的自由に伸び縮みさせられる「MEB」は、幅広いモデル展開が可能。フォルクスワーゲンが「MQB」で実現したマルチプラットフォーム構想が受け継がれている。拡大
フランクフルトショーの会場に展示された「ID.」のコンセプトモデル群。これらのモデルの多くは、「MEB」を活用しての市販化が予定されている。
フランクフルトショーの会場に展示された「ID.」のコンセプトモデル群。これらのモデルの多くは、「MEB」を活用しての市販化が予定されている。拡大

高効率なBEV用プラットフォームを実用化

フランクフルトモーターショーで華々しくデビューしたフォルクスワーゲンID.3は、BEV専用プラットフォーム、MEBの第1弾商品で、「ゴルフ」と同クラスに属するハッチバックである。

エンジン車用プラットフォーム「MQB」を利用している既存の「e-ゴルフ」に比べると、専用設計のため効率的にバッテリーを搭載しており、e-ゴルフがバッテリー容量35.8kWh、航続距離231km(WLTP)だったところ、ID.3は最大のものでバッテリー容量77kWh、航続距離550kmを実現。その他に、45kWh/330kmと58kWh/420kmのバージョンも用意される。フロアの大部分がバッテリーケースで、前後にモーターやコントローラー等のユニットとサスペンションおよびタイヤがつくシンプルな構成で、それがスペース効率に寄与しているわけだ。他の自動車メーカーでもBEV専用のプラットフォームを考えれば、似たようなものになるだろう。

前輪駆動(FWD)にするか後輪駆動(RWD)にするかはメーカーによって分かれるところだが、MEBはRWDとなっている。前後重量配分が50:50に近くなると、FWDではトラクション不足になる状況も考えられる。駆動輪にトラクションをかけやすかったり、前輪の切れ角を大きくとれたりと、RWDはメリットが多いのだ。一方、減速時の回生エネルギーを効率的にとれないのはデメリットとなるが、同じくRWDを選択した「ホンダe」の人見LPLいわく、「それほど大きな差はなく、RWDのメリットのほうが上回る」という。なお、MEBではさまざまな車種展開を予定しており、フロントにモーターを持つAWDも想定。フロント用はシンプルな非同期モーターになるようだ。

すでに、ID.3の地上高を上げた格好のクロスオーバーSUV「ID.CROSS(アイディークロス)」や、往年の「タイプ2」のような「ID.BUZZ(アイディーバズ)」、サルーンの「ID.VIZZION(アイディービジョン)」、バギーの「ID.BUGGY(アイディーバギー)」などといったコンセプトカーが公開されており、その多くは市販化される予定だ。MEBはホイールベースの自由度が高く、幅広い車種に対応することが可能となっている。MQBで実現した“マルチプラットフォーム構想”が、BEVにも生かされるわけだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事