トヨタ・スープラRZ(前編)

2019.10.03 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、トヨタのスポーツカー「スープラ」の最上級グレード。いつものワインディングロードで走らせてみると、新たな気づきがあったという。

一般道では印象が変わる

“走り屋”を自称し、「トヨタ86」が発売されたときには真っ先に手に入れた谷口信輝にとって、先ごろ発売された新型トヨタ・スープラは大注目の一台に違いない。先日、スープラの兄弟車といって差し支えのない「BMW Z4」をテストしてもらったときにも「もうスープラ(のプロトタイプ)にも乗りました」と語っていたので、それから5カ月が過ぎた今回の取材までには何度もスープラに試乗したことだろう。

そんな話を切り出すと、谷口は少しポカンとした顔になって「いや、あの、実は公道を走らせたのは今回が初めてなんです」と答えたのである。なんともこれは意外ではないか。
「いままで袖ヶ浦フォレストレースウェイとトヨタのテストコースで試乗しただけで、新型スープラで街乗りするのは初めて。でも、クローズドコースで走らせたときと、ちょっと印象が違いますね」

ほほー。今回いつものワインディングロードで試乗してサーキットやテストコースのときと印象が異なったのは、どんなところだったのか? 谷口に聞いてみた。
「まず、結構速いなあと思いました。パワーがかなりあって、1速、2速、3速とギアのつながりもいい。それにシフトもスパスパと変わっていくので、スポーティーな感じは十二分にありますね。しかも、トラクションがいいので加速も素早い。ぶわーっと速度が上がっていって、結構速い感じがしました」

谷口によれば、今回試乗してもらった最上級グレードの「RZ」だけにはギアボックスに特別なソフトウエアが組み込まれているそうだ。
「コーナリングのバランスだけでいえば真ん中の『SZ-R』が一番楽しいんです。エンジンが4気筒で軽いからノーズの入りがよくて。ただ、6気筒を積んだRZはパワーがあるのと、ギアボックス自体はSZ-Rと同じでもプログラムが違うんです。例えばRZをオートマチックモードで走らせていると、コーナーの手前で減速しただけで自動的に下のギアにシフトダウンして、次に加速するのを待ち構える状態になるんです。まあ、RZのほうがSZ-Rよりも100万円高いんですから、そのくらいの差があってもいいですよね」

 
トヨタ・スープラRZ(前編)の画像拡大
 
トヨタ・スープラRZ(前編)の画像拡大
 
トヨタ・スープラRZ(前編)の画像拡大
 
トヨタ・スープラRZ(前編)の画像拡大

【トヨタ・スープラRZのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4380×1865×1290mm/ホイールベース:2470mm/車重:1520kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340PS(250kW)/5000rpm/最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:12.2km/リッター(WLTCモード)/価格:690万円


【取材時の燃費データ】
テスト距離: 226.3km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:26.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/8.9km/リッター(車載燃費計計測値)


	【トヨタ・スープラRZのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4380×1865×1290mm/ホイールベース:2470mm/車重:1520kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340PS(250kW)/5000rpm/最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:12.2km/リッター(WLTCモード)/価格:690万円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 226.3km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:26.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/8.9km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
スープラ, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
ホームへ戻る