第594回:乗り心地を改善したい人にもおすすめ
テインのリプレイス用ダンパーの実力を確かめる

2019.10.18 エディターから一言
「エンデュラプロ プラス」が装着された「トヨタ86」。
「エンデュラプロ プラス」が装着された「トヨタ86」。拡大

純正品を上回る高い耐久性と快適な乗り心地を同時に実現。テインがグローバル展開しているリプレイス用ダンパー「エンデュラプロ/エンデュラプロ プラス」の実力を、この商品を装着した「トヨタ86」の試走を通して確かめた。

テインが2017年に上市したリプレイス用ダンパー「エンデュラプロ」(写真は減衰力調整機構付きの「エンデュラプロ プラス」)。補修部品市場の中でも高額・高品質な“プレミアム補修市場”をターゲットとした製品で、年間140~180万本の販売を目標としている。
テインが2017年に上市したリプレイス用ダンパー「エンデュラプロ」(写真は減衰力調整機構付きの「エンデュラプロ プラス」)。補修部品市場の中でも高額・高品質な“プレミアム補修市場”をターゲットとした製品で、年間140~180万本の販売を目標としている。拡大
テインの世界戦略や「エンデュラプロ」シリーズの狙いについて説明する、テインの藤本吉郎専務。エンデュラプロの開発に際しては、世界各地で市場調査を実施。クルマが酷使されるモンゴルなどではダンパーの劣化も早く、タイヤとほぼ同じ頻度で交換されていたという。
テインの世界戦略や「エンデュラプロ」シリーズの狙いについて説明する、テインの藤本吉郎専務。エンデュラプロの開発に際しては、世界各地で市場調査を実施。クルマが酷使されるモンゴルなどではダンパーの劣化も早く、タイヤとほぼ同じ頻度で交換されていたという。拡大
会場に展示されていた、「エンデュラプロ プラス」が装着された「トヨタ・ヴェルファイア」。
会場に展示されていた、「エンデュラプロ プラス」が装着された「トヨタ・ヴェルファイア」。拡大

世界市場での成長が見込めるリプレイスダンパー

「純正品を凌駕(りょうが)する乗り心地と耐久性を実現」
そんなうたい文句とともに2017年に発売されたのが、リプレイス用サスペンションメーカーとして知られるテインが手がけたエンデュラプロ/エンデュラプロ プラスという名のダンパーである。

テイン製のサスペンションでは、スプリングシートを任意の位置へと調整することによる車高調整式のダンパーが圧倒的なシェアを誇ってきた。そうした中にあってエンデュラプロ/エンデュラプロ プラスは、あえてその機能が備わらない“純正形状”が特徴だ。開発の背景には、日本はもとより中国やアジア/オセアニア圏、さらには欧州などの海外における、今後のリプレイス用ダンパー市場の成長に対する期待があったという。

例えば、日本製の中古車の人気が高く、かつ路面状況が悪くて純正ダンパーが短期間で寿命を迎えてしまうような市場では、純正品以上の耐久性を備え、よりハイレベルな乗り心地を実現可能な“プレミアム補修用ダンパー”には、たとえ多少高価なアイテムでも「大きな潜在需要があって、今後も急速な伸びが期待できる」という。テインではそうした読みから、すでに稼働をスタートさせた中国工場だけでなく、ヨーロッパやアセアン地域にも新工場を建設し、こうした“純正形状”のダンパー事業を拡大していく計画を持っているという。

あなたにおすすめの記事
新着記事