東京モーターショー2019

ホンダe:長く走れるばかりが正義じゃない

2019.10.24 自動車ニュース
ホンダe
ホンダe拡大

これまで電気自動車といえば一充電当たりの航続可能距離が“争点”とされてきたが、そこに一石を投じるのが「ホンダe」だ。モータージャーナリストの藤島知子がその魅力を語る。

 
ホンダe:長く走れるばかりが正義じゃないの画像拡大
 
ホンダe:長く走れるばかりが正義じゃないの画像拡大

足元に感じた“走りの予感”

自動車メーカー各社は、今後の車種展開において、こぞって「電動化車両の割合を増やす」と宣言している。地球温暖化による気候変動を抑えるためには、CO2の排出量が多いクルマはその削減を免れないが、電動化することでクルマと向き合う生活がつまらないものになってしまうのではないかと心配に思うところでもある。100%電気で走るピュア電気自動車(EV)は、充電インフラの課題もあって、航続距離が長いことが正義とされがちだ。

ところが、今回のショーでひときわユニークなEVとして魅力的に思えたのがホンダeだ。2020年に欧州からデリバリーを開始する予定だが、今回の出展車両は日本で販売する仕様として披露されたもの。EVは主に搭載バッテリーの容量によって航続可能距離が左右されるが、ホンダeの場合はこれが250km程度と控えめな設定に。モーターを車体の後方に搭載することで、前輪の切れ角が大きく取れ、最小回転半径は4.3m。軽自動車並みの小回り性をひっさげて、愛嬌(あいきょう)満点の街乗りコミューターとしても活躍してくれそうだ。

リアに搭載したモーターで後輪を駆動して走るレイアウトもユニークではあるが、足元をよく見ると、装着されているのは、ハイグリップなスポーツラジアルタイヤ。さらには、前後重量配分50:50を実現するなど、愛らしいキャラクターとは裏腹に、クルマとの一体感が得られる、走って楽しいEVに仕上げられている。

(文=藤島知子/写真=写真=峰 昌宏/編集=藤沢 勝)

関連キーワード:
ホンダe, ホンダ, 東京モーターショー2019, モーターショー

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
  • プジョー208GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • これからの時代の“小さな高級車” 「ホンダe」に込められた未来への提案とは? 2020.8.14 デイリーコラム 日本市場投入が秒読みに迫った、ホンダの電気自動車「ホンダe」。クリーンでキュートなデザインが注目を集める同車だが、その小さなボディーには、未来に対する提案があふれていた。「2030年の社会を想定した」という、ホンダの都市型EVコミューターの実像に迫る。
ホームへ戻る