第165回:991型ポルシェ911 LOVE

2020.03.03 カーマニア人間国宝への道

スゴイぜ! 7段MT

992型911に試乗して、なぜか991型への愛のようなものがふつふつと湧き上がってきた私。フェラーリへの愛に比べると、どことなくおっさん同士の愛に近い気もするが気にしない。

もちろん992型もすばらしいおクルマでしたが、991型はもっと自分の好みに合っていた。991型の前期型初期モデルは、もうちょっと乗り味がしなやかで、ウットリするような優しさがあったような気がするのだ。

991型の「カレラS」前期型は、かの池沢早人師先生も、現在まで7年という自己最長所有記録を達成されているほどである。かつて「ターボ」や「RS」「GT3」、果ては「ルーフCTR」まで乗ってこられた池沢先生が、「カレラSでなんの不足も感じない。いままでで最高のクルマだよ」とおっしゃっておられたのだ!

私も991型のカレラ/カレラSは、いままで乗ったポルシェ911の中で一番好き……だった気がする。学生時代の淡い恋みたいですが。

991型はとにかくヤサシイのですよ。乗り心地なんて「クラウン」みたいにふんわり。いやクラウンみたいつーと誤解を招くな。そうじゃなく、R35「GT-R」の2020年モデルみたいな感じ! つまりポルシェはGT-Rの8年先を行っていたってことだね! さすがポルシェ!

しかも991型は、MTが7段。私、後にも先にも7段以上のMT車は991型以外乗ったことがない。バイクみたいなシーケンシャルタイプじゃなく、フツーのゲート式MTで7段なんてちゃんとシフトできるかな? と思ったけど、第7速はちょっと遠く離れてる感じだったし、オーバードライブギアでめったに使わなかったので、操作に支障はゼロでした。

それよりも、「7速だぜ!」という新たな高揚感がカーマニアにはたまらなかった。やっぱカーマニアは、何ごとも数が多い方がコーフンするのである。

池沢早人師先生も991型を7年も乗り続けている。
池沢早人師先生も991型を7年も乗り続けている。拡大
992型「ポルシェ911カレラ4S」。(写真=池之平昌信)
992型「ポルシェ911カレラ4S」。(写真=池之平昌信)拡大
991型「ポルシェ911カレラ」。写真は2012年に試乗した時のもの。(写真=池之平昌信)
991型「ポルシェ911カレラ」。写真は2012年に試乗した時のもの。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る