クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)

あんばいがいい 2020.03.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。

クルマづくりの錦の御旗

マツダの3列シートSUV、CX-8の改良最新モデルは、2019年10月に開催された第46回東京モーターショー2019で初公開された。例によってその変更内容はといえば、パッと見で気づくような分かりやすいものではなく、これは随時こまごまとしたアップデートを行い、クルマを熟成させ続けるという最近のマツダが掲げる“クルマづくりの錦の御旗”のもとに実施されている。

そんな変更ポイントの中でも比較的大きなニュースとなるのがAWD車に新開発の「オフロードトラクションアシスト(OTA)」が搭載されたことだ。この電子デバイスの採用は既報のとおり新型クロスオーバー「CX-30」に続くもの。同リポートにも詳しいが、OTA自体は今や特別なものではない。

簡単に説明すれば、OTAは横滑り防止装置や「G-ベクタリングコントロール プラス」にも使用されている4輪独立ブレーキ制御を応用した技術。低グリップ路やオフロードなどでどこかのタイヤが空転してしまった場合、そのタイヤにのみブレーキをかけグリップ力が確保されている残りのタイヤにエンジントルクを配分、悪路からの脱出をサポートするシステムである。

つまり、多くのユーザーにとっては日常的に使用する類いの装備ではない。がれ場や雪道などの過酷な状況下でありがちな、タイヤがハマり思わず涙目になってしまいそうなシチュエーションで活躍する、いわば緊急脱出機構である。ちなみにOTAの起動は、ダッシュボード右下に備わるスイッチを押して行う。

あいにく今回はFF車のオンロード試乗のみであったためその実力を味わうには至っていないが、転ばぬ先のつえ、スタック前にOTAで、もしもの時に安心である。既存技術の流用でありさして珍しいものではないとはいえ、一度でも雪道で、いやもちろん林道でも河原でも同じだが、そうした絶体絶命のシーンに直面したことがある人なら、ありがたくも心強いバカにできないデバイスであることはおわかりのはずだ。

第46回東京モーターショー2019で初公開された最新の「マツダCX-8」。常に最良のものを提供していくというマツダのコンセプトに基づき、さまざまな改良が加えられた。
第46回東京モーターショー2019で初公開された最新の「マツダCX-8」。常に最良のものを提供していくというマツダのコンセプトに基づき、さまざまな改良が加えられた。拡大
2019年11月に発売された改良型「CX-8」のボディーサイズは従来型と変わらず、全長×全幅×全高=4900×1840×1730mm、ホイールベース=2930mm。LEDリアコンビネーションランプが採用されている。
2019年11月に発売された改良型「CX-8」のボディーサイズは従来型と変わらず、全長×全幅×全高=4900×1840×1730mm、ホイールベース=2930mm。LEDリアコンビネーションランプが採用されている。拡大
姉妹車である「CX-5」の後半部分を伸ばし、3列シートレイアウトが採用された「CX-8」。リアドアの大きさや、大型化されたリアクオーターウィンドウで両車が識別可能だ。3列目シートへの乗り降りを考慮し、リアドアは最大80度まで開くように設計されている。
姉妹車である「CX-5」の後半部分を伸ばし、3列シートレイアウトが採用された「CX-8」。リアドアの大きさや、大型化されたリアクオーターウィンドウで両車が識別可能だ。3列目シートへの乗り降りを考慮し、リアドアは最大80度まで開くように設計されている。拡大
オートレベリング機構付きLEDヘッドランプは、グレードを問わず全モデルに標準装備される。「CX-5」のフロントグリルがメッシュデザインであるの対して「CX-8」では、横格子基調のものとなる。
オートレベリング機構付きLEDヘッドランプは、グレードを問わず全モデルに標準装備される。「CX-5」のフロントグリルがメッシュデザインであるの対して「CX-8」では、横格子基調のものとなる。拡大

サブトランクの容量もアップ

改良部分の紹介を続けると、インテリアにもいくつかの変更ポイントが確認できる。マツダは神経質なほどにノイズ・バイブレーション・ハーシュネスの、いわゆるNVH撲滅に腐心しており、今回の改良では塗布型制振材の採用により雨粒がルーフをたたくことで発生する騒音を低減させたという。これは騒音対策ももちろんのことながら、ルーフの微振動によるドラミングノイズの低減にも効果が期待できそうだ。

「Lパッケージ」の7人乗り2列目ベンチシートにはワンタッチウオークイン機構が組み込まれたほか、「Sパッケージ」とLパッケージにナッパレザー素材を採用したウオークスルータイプのキャプテンシートも設定されている。3列シートを備えるCX-8を即座にミニバンの代わりとしてオススメはしないが、見た目や「SUVの3列目」というイメージから想像するほど使えないシロモノでないことは確か。あればあったに越したことはない。

そうしたシートの後方に位置する荷室の容量も拡大している。これは主にサブトランク内部の形状変更によって実現したもの。オプション設定のボーズサウンドシステムが装着されない車両は65リッターから84リッターに、ボーズサウンドシステム装着車は48リッターから56リッターにそれぞれ容量がアップしている。

そのほかこまごまとした装備もアップデートされているがそれば別の記事に明るいのでそちらをご覧いただくとして、コックピットに乗り込むと、まずは「CX-5」と変わらないなという印象を抱く。もちろんこれは「いい意味で」である。シートは電動、ステアリングホイールにはテレスコピック調整機構が備わり、標準的な体形のドライバーであればストレスなく好みのポジションに調整できる。

今回の改良では、ルーフに塗布型制振材を採用。雨粒がルーフをたたくことで発生する騒音を低減させるなどして、上質感を高めたという。
今回の改良では、ルーフに塗布型制振材を採用。雨粒がルーフをたたくことで発生する騒音を低減させるなどして、上質感を高めたという。拡大
6人乗りの特別仕様車「エクスクルーシブモード」(写真)には、3列目シートへのアクセスを容易にする「パワーウオークイン機構」が、「Lパッケージ」の7人乗りモデルには2列目シートのスライド操作がスイッチひとつで行える「ワンタッチウオークイン機構」が採用されている。
6人乗りの特別仕様車「エクスクルーシブモード」(写真)には、3列目シートへのアクセスを容易にする「パワーウオークイン機構」が、「Lパッケージ」の7人乗りモデルには2列目シートのスライド操作がスイッチひとつで行える「ワンタッチウオークイン機構」が採用されている。拡大
オプションのボーズサウンドシステム未装着車のサブトランクは、内部の形状変更によって容量が従来型の65リッターから84リッターに拡大され、機内持ち込み用のスーツケース4個が縦に収まるという。
オプションのボーズサウンドシステム未装着車のサブトランクは、内部の形状変更によって容量が従来型の65リッターから84リッターに拡大され、機内持ち込み用のスーツケース4個が縦に収まるという。拡大
「25S」モデルを除く全車のセカンドシートにヒーター機構が標準装備となった。
「25S」モデルを除く全車のセカンドシートにヒーター機構が標準装備となった。拡大

ナローな全幅も街中で有利

ドラポジがしっくりこないクルマは、どんな高級車やスーパーカーであっても、車両との一体感が希薄になり、それは大げさに言えば運転する楽しみをスポイルする。まずはドライバーと車両の一体感をドラポジで図るというのは基本のキ。綿々とスポーツカーをつくり続けてきたマツダのこだわりといえそうなこの部分には、共感を覚える。さらに言えば、ステアリングに対して真っすぐに座れ、両足を伸ばした先にアクセルペダル(右足)とフットレスト(左足)が自然に配置されている。言葉にすればたったこれだけの話だが、そうでないクルマが現実に多い中で、CX-8やCX-5のドラポジは秀逸である。

こうした好印象は走りだしても続く。ただし、期待以上に速くはなく、がっかりするほど遅くもない。試乗車に搭載されていた最高出力190PS、最大トルク450N・mの2.2リッター直4ディーゼルターボエンジンは以前その印象を紹介したのと変わらず、至ってまともな動力性能だ。450N・mという数値から想像すれば、シートバックに体が押し付けられるようなスパイスの効いた加速を味わいたくなるが、そこは1800kgオーバーの車重であり、結果ジェントルな動きに終始する。もちろんこれもいい意味で、である。

街中を流しているようなシーンでは、誤解を恐れずに言えば「CX-5とほとんど変わらない身のこなし」だ。ホイールベースは230mmもこちらのほうが長い2930mmなのだが、狭い路地の曲がり比べでもしない限り、その差を意識することはなさそうだ。これには1840mmというこのクラスにしてはナローな、CX-5と同一となる全幅も有利に働いている。ちなみに最小回転半径はCX-5が5.5mであるの対して、こちらは5.8mである。

乗り心地に優れているのもCX-8の美点だ。試乗車のタイヤは225/55R19サイズの「トーヨータイヤ・プロクセスR46」で、CX-8およびCX-5専用のOEタイヤである。路面の継ぎ目や段差に差し掛かっても、首筋にグッと力を入れることなく軽い当たりで乗り越えることができ、同時に総じてロードノイズが少なめなのもいい。CX-8の穏やかでありながら正確なハンドリングに、マツダ自慢のG-ベクタリングコントロールと、それにチューニングを合わせたこのタイヤが貢献していると想像できる。

今回の改良ではモデルラインナップも整理され、ガソリン/ディーゼルを問わずすべてのエンジン搭載モデルでFFと4WDの駆動方式が選べるようになった。
今回の改良ではモデルラインナップも整理され、ガソリン/ディーゼルを問わずすべてのエンジン搭載モデルでFFと4WDの駆動方式が選べるようになった。拡大
「XDプロアクティブSパッケージ」に搭載される2.2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力190PS/4500rpm、最大トルク450N・m/2000rpmを発生。トランスミッションは6段ATが組み合わされている。
「XDプロアクティブSパッケージ」に搭載される2.2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力190PS/4500rpm、最大トルク450N・m/2000rpmを発生。トランスミッションは6段ATが組み合わされている。拡大
インストゥルメントパネルの基本デザインは従来型と同じだが、今回の改良でセンターディスプレイのサイズが7インチから8インチに大型化された。写真はFF車だが、4WD車の場合「オフロードトラクションアシスト」のスイッチが、ダッシュボード右下のスイッチパネルに追加されている。
インストゥルメントパネルの基本デザインは従来型と同じだが、今回の改良でセンターディスプレイのサイズが7インチから8インチに大型化された。写真はFF車だが、4WD車の場合「オフロードトラクションアシスト」のスイッチが、ダッシュボード右下のスイッチパネルに追加されている。拡大
試乗車には標準装備の19インチシルバーメタリック塗装ホイールが装備されていた。タイヤは225/55R19サイズの「トーヨータイヤ・プロクセスR46」。「CX-8」の最低地上高は200mmと発表されている。
試乗車には標準装備の19インチシルバーメタリック塗装ホイールが装備されていた。タイヤは225/55R19サイズの「トーヨータイヤ・プロクセスR46」。「CX-8」の最低地上高は200mmと発表されている。拡大

自然にコックピットに溶けこめる

しかし、挙動が穏やかだからといってCX-8の走りがつまらないわけではない。ここで、先に述べたドラポジが効いてくる。自分自身に置き換えれば、ステアリングを通じて手のひらで前輪を、シートを通じてお尻で後輪の動きを感じ取ればクルマの挙動が分かりやすいと、かつてラリーやグループAレースで名をはせた尊敬するジャーナリストに教わった(実際はそんな丁寧なものではなく、ケツのセンサーをしっかり使え! だった)が、CX-8は意識せずとも走行情報が光ファイバー並みの大容量とスピードで確実に伝わってくる。乗っていて印象付けられるクルマとの一体感は、ライバルと目されるSUVよりも濃密だと思えるのだ。

下半身(シャシー)と上半身(ボディー)の動きにタイムラグはない。ボディーの上下動は小さいものではないが、収束は早く、それの動きをしなやかだと表現してもよさそうだ。自分がクルマの一部になったように、自然にコックピットに溶けこめるこの感覚は、ひとまわり以上小さなボディーサイズのクルマを運転しているときのそれに近い。

DセグメントのSUVやクロスオーバーモデルでは、しばしの販売休止から復活するという同じような歴史を歩んだ「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」の存在も無視できない。日本はもちろんのこと、北米市場でもこれらは、ガチの勝負を繰り広げている。CX-8やCX-5にはあいにく見た目にもわかりやすいタフさやラギッド感はなく、ハイブリッドパワーユニットのような今っぽさもない。上質さを狙うあまり個性派のライバルに比べ地味な印象ではあるが、“いいもの感”は漂っている。

CX-8をドライブすると運転のしやすさに感心するとともに、かつて好んで使用していた「アクセルで曲がる」という表現を思い出す。2930mmのホイールベースも、SUVらしい高い車高も気にすることなく“意のまま感”を強く感じるからだ。それをスポーティーという言葉でくくるのは気が引けるし安易だとも思うが、適当な表現が見つからない。ただ言えるのは、スポーツカー卒業生のベテランにもこの走りは、ちょうどいいあんばいだということである。

(文=櫻井健一/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

今回の改良で新設された「XDプロアクティブSパッケージ」(写真)では、前席にヒーターとベンチレーション機構の付いたブラックレザーの電動シートが標準装備される。
今回の改良で新設された「XDプロアクティブSパッケージ」(写真)では、前席にヒーターとベンチレーション機構の付いたブラックレザーの電動シートが標準装備される。拡大
「CX-8」の3列目シート。身長170cm程度の乗員でも無理なく過ごせるスペースを実現したとマツダは説明している。「XDプロアクティブSパッケージ」には、3列目シート用USB充電端子がオプションで用意されている。
「CX-8」の3列目シート。身長170cm程度の乗員でも無理なく過ごせるスペースを実現したとマツダは説明している。「XDプロアクティブSパッケージ」には、3列目シート用USB充電端子がオプションで用意されている。拡大
多彩なアレンジが可能な「CX-8」の荷室。荷室容量は3列目シート使用時が242リッター、3列目シートの背もたれを倒した2列目シート使用時が775リッター、2列目と3列目の背もたれをすべて倒し写真の状態にすると1727リッターになる。
多彩なアレンジが可能な「CX-8」の荷室。荷室容量は3列目シート使用時が242リッター、3列目シートの背もたれを倒した2列目シート使用時が775リッター、2列目と3列目の背もたれをすべて倒し写真の状態にすると1727リッターになる。拡大
2.2リッター直4ディーゼルターボエンジンが搭載される「CX-8」のWLTCモード値はFF車(写真)が15.8km/リッター、4WD車が15.4km/リッター。試乗車のボディーカラーは有償(3万3000円)の特別塗装色スノーフレイクホワイトパールマイカ。それを含めCX-8には全7色の外装色が設定されている。
2.2リッター直4ディーゼルターボエンジンが搭載される「CX-8」のWLTCモード値はFF車(写真)が15.8km/リッター、4WD車が15.4km/リッター。試乗車のボディーカラーは有償(3万3000円)の特別塗装色スノーフレイクホワイトパールマイカ。それを含めCX-8には全7色の外装色が設定されている。拡大

テスト車のデータ

マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4900×1840×1730mm
ホイールベース:2930mm
車重:1840kg
駆動方式:FF
エンジン:2.2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:190PS(140kW)/4500rpm
最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/2000rpm
タイヤ:(前)225/55R19 99V/(後)225/55R19 99V(トーヨータイヤ・プロクセスR46)
燃費:15.8km/リッター(WLTCモード)
価格:399万9600円/テスト車=403万2600円
オプション装備:ボディーカラー<スノーフレイクホワイトパールマイカ>(3万3000円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1404km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター

マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ
マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ拡大
 
マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ CX-8 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。