第171回:社会のメーワク再び

2020.04.14 カーマニア人間国宝への道

激安アルファの故障

28万円で買ったド中古の「アルファ147」(愛称:激安3号)をこよなく愛するカーマニア、K。彼については以前もこの連載で取り上げ、温かい反響を頂いたが、その彼から深夜、メールが入っていた。

(Kのメールより)

「ただいま品川の路上なり。会社から帰ろうと147に乗ったら、やけにクラッチが軽くて??? あれ? ギアの入りも悪い? クラッチが戻らない!」

「クラッチマスターシリンダーもしくはレリーズシリンダーが逝ったもよう。信号待ちの先頭で不動になり、しかも緩い坂のため1人で押すのは不可能。往生していると、知らないおじさんと知らない若者2人が、路肩の安全な場所まで押してくれました。日本はいい国だー」

「いまレッカー待ちです。いくらかかるのかなー。娘の塾代もあるから、奥さんにまた『そんなの早く捨ててこい』って言われるなー」

私は毎晩11時には寝てしまうので、メールには気付かなかったが、勝手に続報も入っていた。

「今ドナドナされました、涙。激安3号は3度目、前の147も入れれば5度目の走行不能です。ひとりかつ都内でまだよかったー。いくらかかるかなー。クラッチ交換はいやだなー」

深夜、寒空の下、不動となった愛車の脇で背を丸める中年カーマニアの背中が目に浮かぶようだった。

当連載の第159回で登場した、カーマニア仲間K氏の“激安3号”こと「アルファ147」。(写真=池之平昌信)
当連載の第159回で登場した、カーマニア仲間K氏の“激安3号”こと「アルファ147」。(写真=池之平昌信)拡大
筆者のカーマニア仲間たち。手前で腰を下ろしているのがK氏。
筆者のカーマニア仲間たち。手前で腰を下ろしているのがK氏。拡大
前回の甲州街道トラブルではパトカーが1台、警官3人が出動。「今回は深夜だったのでメーワクも少しで済んだ」と言うが……。
前回の甲州街道トラブルではパトカーが1台、警官3人が出動。「今回は深夜だったのでメーワクも少しで済んだ」と言うが……。拡大
深夜にレッカー移動される“激安3号”。
深夜にレッカー移動される“激安3号”。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

アルファ・ロメオ アルファ147 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
  • 第216回:現代 近代 そして古代 2021.9.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ナローこと初期型「ポルシェ911」のステアリングを20年ぶりに握った。かつての愛車「フェラーリ458イタリア」や今の愛車「328GTS」と乗り比べてみると、その走りはまるで生まれたての小鹿ちゃんのようだった。
  • 変化する新時代のカーライフを語る|サッシャ(ラジオDJ)×藤島知子(モータージャーナリスト) 2021.9.27 シェルドライブ検定・特別対談<AD> 半年前に電気自動車を購入したラジオDJのサッシャさんと、マニュアルトランスミッションのコンパクトカーに6年間乗り続けているモータージャーナリストの藤島知子さんが、変化を続ける新時代のカーライフを語り合った。
ホームへ戻る