数字が雄弁に物語る 「レクサスGS」が販売終了となる理由

2020.05.27 デイリーコラム

“既定路線”の生産終了

去る2020年4月23日、トヨタ自動車は「レクサスGS」の特別仕様車“エターナルツーリング”を国内発表すると同時に、GSそのものの生産を2020年8月をもって終了すると正式発表した。こういう事実をわざわざ公表するのは、すなわち、5代目にあたる次期GSの計画が、少なくとも現時点では存在しないことを意味する。

ご承知のように、GSはレクサスの後輪駆動セダン3兄弟の真ん中にあたり、彼らが仮想敵とするジャーマンスリー(メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ)でいうところの「Eクラス」「5シリーズ」「A6」など、Eセグメントに相当するレクサスである。1993年に発売された初代から通算4世代(ただし、初代と2代目は日本では「トヨタ・アリスト」として販売)にわたったGSの歴史は、ひとまず終止符を打つわけだ。

もっとも、クルマ好きの間では、GSの生産終了は“既定路線”と考えられていたのも事実。というのも、2018年に発売となった7代目「ES」が、それまでESが展開されていなかった日本や欧州にも導入されたからだ。しかも、ジャーマンスリーのお膝元である欧州では、そのES導入と同時に、GSがいち早くラインナップから落とされている。ESの開発担当氏によると「現行型の日本市場への導入は開発途中に決まったのですが、欧州は企画初期段階から導入する予定でした」という。

2020年6月1日に発売される特別仕様車「レクサスGS“エターナルツーリング”」。同時にGS自体の生産終了もアナウンスされた。
2020年6月1日に発売される特別仕様車「レクサスGS“エターナルツーリング”」。同時にGS自体の生産終了もアナウンスされた。拡大
内装は“エターナルツーリング”専用のブラックとフレアレッドのコンビカラー。ダッシュボードにはカーボンのオーナメントが貼られている。
内装は“エターナルツーリング”専用のブラックとフレアレッドのコンビカラー。ダッシュボードにはカーボンのオーナメントが貼られている。拡大
レクサス GS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS(前編:LS500h“バージョンL”、LS500h“Fスポーツ”) 2017.10.19 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」がフルモデルチェンジ。2017年10月19日に国内販売がスタートした。「従来の高級車の常識や概念にとらわれず、新たな価値観の提供を目指した」という、新型の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
  • 第182回:細かいことは忘れよう! 2020.6.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第182回は「細かいことは忘れよう!」。マイナーチェンジ後の「マツダ・ロードスター」にリベンジ試乗。完璧すぎたフィーリングに違和感!? カーマニアがスポーツカーに求める、あるべき姿とは?
ホームへ戻る