第657回:EVブランドとして欧州大陸に再上陸 名門MGの最前線を追う

2020.05.29 マッキナ あらモーダ!

パリの一等地に旗艦店をオープン

英国を発祥とする自動車ブランドのMGが、ヨーロッパ大陸で本格的な復活に向けて動き出している。

MGブランドを保有する中国の自動車メーカー、上海汽車集団(SAIC)は2020年5月7日、フランス・パリにMGの旗艦店をオープンした。新型コロナウイルス感染症対策として、セレモニーはオンラインで行われた。

店舗は有名デパートであるギャラリー・ラファイエットに近いパリ11区にある。ショールームだけでなく、アフターサービス部門など、商品提供に必要な各機能を備えている。

開店と同時にSAICは電気自動車(EV)の「MG ZS EV」をフランス国内で発売した。0-100km/h加速8.2秒の動力性能や、40分で80%までの充電が可能な急速チャージ、5年もしくは15万km(バッテリーは8年もしくは15万km)保証などをアピールしている。

国内価格はライバル車のひとつ「プジョーe-2008」よりも大幅に安い2万9900ユーロ(約350万円)に設定されている。

日本におけるMGのヒストリーは、1990年代後半から2000年代前半の「MG F」や「MG TF」「MG ZT」などで途絶えてしまっている。読者諸氏のために、その後の経緯をおさらいしておこう。

この歴史あるブランドは1994年、ローバーとともにBMWに吸収された。だが、さしたる成果を収められず、BMWは2000年に手を引く。

その後は投資ファンドであるフェニックス・コンソーシアムのもとで再建が試みられたものの財務状況は安定せず、MGローバーグループは2005年に経営破綻。MGの商標は南京汽車によって買収された。

ところが、わずか2年後の2007年、その南京が同じ中国のSAICに吸収合併される。以来MGはSAICのいちブランドとなり、今日に至っている。中国での漢字表記は「名爵」である。

2020年5月7日、パリにオープンしたMGの旗艦店。既存の自動車ブランドがシャンゼリゼ付近に店を構えているのとは一線を画し、11区に立地している。
2020年5月7日、パリにオープンしたMGの旗艦店。既存の自動車ブランドがシャンゼリゼ付近に店を構えているのとは一線を画し、11区に立地している。拡大
欧州再進出の旗手を務める「MG ZS EV」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4314×1809×1644mm。
欧州再進出の旗手を務める「MG ZS EV」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4314×1809×1644mm。拡大
「MG ZS EV」のダッシュボード。同車には「コンフォート」「ラグジュアリー」の2グレードが用意される。
「MG ZS EV」のダッシュボード。同車には「コンフォート」「ラグジュアリー」の2グレードが用意される。拡大
「MG ZS EV」は急速充電を使えば40分で80%のチャージが可能。欧州大陸でMGはEVブランドとして再出発する。
「MG ZS EV」は急速充電を使えば40分で80%のチャージが可能。欧州大陸でMGはEVブランドとして再出発する。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事