第184回:浦島太郎も悪くない

2020.07.14 カーマニア人間国宝への道

失神覚悟のエキシージ

先日、ものすごく久しぶりに、「ロータス・エキシージ」に試乗させていただきました。「スポーツ410」というモデルです。

私が以前エキシージに乗ったのは、もういつのことだったかまったく記憶がないほど昔のことで、「シリーズ1」だか「シリーズ2」だかもわからないのですが、とにかくすさまじくハードボイルドかつハードコアなサーキットスペシャルマシンで、本当にすさまじい本気マシンでして、あまりのハードさに失神しそうになった覚えがあるのです。実はあのとき記憶を失ったのかもしれません。

とにかくそれくらいハードだったので、たぶんシリーズ1だったのでしょう。エンジンもまだトヨタ製じゃなかったし。

で、今回は、「現在国内で新車が買えるモデルの中で、一番ピュアなスポーツモデルは何か?」と熟考した末、2秒後くらいに思い浮かんだのがエキシージだったので、某担当者にお願いして、試乗させていただくことになりました。

現物に対面してビックリ。エキシージってこんなカッコになってたの~!? いやまぁそんなに変わっちゃいないけど、こんな顔になってたんだ。

「ロータス・エキシージ スポーツ410」に試乗!
「ロータス・エキシージ スポーツ410」に試乗!拡大
「エキシージ スポーツ410」は“公道向け”の上級モデル。
「エキシージ スポーツ410」は“公道向け”の上級モデル。拡大
「エキシージ スポーツ410」のリアビュー。
「エキシージ スポーツ410」のリアビュー。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ロータス エキシージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
ホームへ戻る