トヨタ・マツダ・デンソーのEV共同開発会社が業務を終了 2年9カ月の協業がもたらした成果を考える

2020.07.13 デイリーコラム

EVの基本構想に関する技術開発の拠点

2020年6月、トヨタ自動車とマツダ、デンソーの3社が設立した「EV C.A. Spirit」(EVCAS)が、短い歴史に幕を下ろした。2017年の設立当初から「2年間の期間限定」であることが明言されていた会社だけに、ほぼ予定通りの展開ではあるが、ホームページは既に閲覧できない状態で、撤収の早さに驚かされた。

そもそもEVCASとはどういった会社だったのか。

2017年9月28日付のプレスリリースによれば、EVCASは「電気自動車の基本構想に関する共同技術開発」のために設立された。資本金1000万円の内訳は、トヨタ90%、マツダとデンソーがそれぞれ5%。つまり、各社の出資額はトヨタ900万円、マツダとデンソーが50万円ずつと、一部上場企業がつくった合弁会社らしからぬコンパクトな体制だった。

本社は、トヨタが共同所有する名古屋駅前の超高層ビル、ミッドランドスクエア内に置かれ、代表はトヨタ自動車の寺師茂樹氏が務めた。寺師氏は現在、Chief Competitive Officer(COO)兼Chief Project Officer(CPO)兼トヨタシステムサプライ トヨタZEV ファクトリー本部長の肩書を持つ(2020年7月1日時点)。ほかの役員もトヨタの人材だったが、設立当初の社員約40名の中には、マツダから出向したエンジニアも相当数在籍していたようだ。

また、具体的な事業内容について、前述のプレスリリースには「マツダの『一括企画』や『モデルベース開発』、デンソーの『エレクトロニクス技術』、トヨタの『TNGA』など、各社の強みを持ち寄ることで開発手法そのものを見直し」とあり、主に以下3項目に取り組むとしていた。

(1)ユニットおよび車両についてEVに最適となる性能および機能を規定する特性を研究
(2)上記①の特性を実現する各ユニットの搭載および車両としての性能を検証
(3)②を通して、車種群として考えた場合の各ユニットおよび各車両の最適構想の検討

「EV C.A. Spirit」の公式ウェブサイト。現在は閉鎖されていて、閲覧はできない。
「EV C.A. Spirit」の公式ウェブサイト。現在は閉鎖されていて、閲覧はできない。拡大
設立当時のプレスリリースに掲載されていた、会社の体制を示す概念図。「EV C.A. Spirit」は2020年6月いっぱいで事業を終了。会社自体も、2021年3月までに清算されるという。
設立当時のプレスリリースに掲載されていた、会社の体制を示す概念図。「EV C.A. Spirit」は2020年6月いっぱいで事業を終了。会社自体も、2021年3月までに清算されるという。拡大
「EV C.A. Spirit」の代表を務めたトヨタ自動車の寺師茂樹氏。(写真は2019年7月の、トヨタのEV戦略説明会のもの)
「EV C.A. Spirit」の代表を務めたトヨタ自動車の寺師茂樹氏。(写真は2019年7月の、トヨタのEV戦略説明会のもの)拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事