クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第626回:“鬼グルミの殻”はどこに効く? トーヨーの新型スタッドレスタイヤを試す

2020.08.11 エディターから一言
2020年8月1日に発売された「トーヨー・オブザーブGIZ2」。氷上性能を磨き上げるとともに経年劣化の抑制とウエット性能の向上にも注力したというスタッドレスタイヤの新商品だ。
2020年8月1日に発売された「トーヨー・オブザーブGIZ2」。氷上性能を磨き上げるとともに経年劣化の抑制とウエット性能の向上にも注力したというスタッドレスタイヤの新商品だ。拡大

トーヨータイヤが2020年8月にスタッドレスタイヤの新商品「オブザーブGIZ2(ギズツー)」をリリースした。新技術の採用によってさらに強化したという氷上性能を、発売に先駆けて冬の北海道でテストした。

「オブザーブ ガリットGIZ」の後継にあたる「オブザーブGIZ2」。ドメスティックなガリットが外れ、グローバル名称であるオブザーブのみを冠することになった。
「オブザーブ ガリットGIZ」の後継にあたる「オブザーブGIZ2」。ドメスティックなガリットが外れ、グローバル名称であるオブザーブのみを冠することになった。拡大
トレッドパターンの開発にあたってはコンピューター解析を駆使した独自のタイヤ設計基盤技術「T-MODE(ティーモード)」を活用している。
トレッドパターンの開発にあたってはコンピューター解析を駆使した独自のタイヤ設計基盤技術「T-MODE(ティーモード)」を活用している。拡大
13インチから18インチの全23種類がラインナップされている。
13インチから18インチの全23種類がラインナップされている。拡大

トレッドパターンまで一新

“専用タイヤ発想”をキーワードとした商品展開を行うトーヨータイヤが、前作から6年ぶりにローンチしたのが、ここに紹介するオブザーブGIZ2だ。“オブザーブ”は、このブランドの乗用車系スタッドレスタイヤに与えられる愛称。ただし、SUVやミニバンなど背の高いモデル向けには「ウインタートランパス」という全く異なるラインナップを用意する点もまた、トーヨータイヤならではの戦略といえる。

ブランド名に続いてGIZ2というサブネームが加えられている点からも明らかなように、このタイヤは2014年に発表・発売された「オブザーブ ガリットGIZ」の実質的な後継モデルにあたる。

氷上走行時にタイヤと路面との間に発生するミクロ単位の水膜にフォーカスして「吸水性能アップでアイス性能を向上」とうたった前作に対し、今回はアイス性能をさらに強化したうえで経年劣化の抑制にも注力。さらに、アイス性能を追うとどうしても低下しがちなウエット性能の向上も図っている。この点がコンパウンドはもとよりトレッドパターンも一新した、文字通りのフルモデルチェンジ作品であるGIZ2の特徴だ。

独自技術の“鬼グルミの殻”は健在

「路面への密着性をアップさせることでアイス性能の向上を図る」というフレーズ通り、3本のストレートグルーブとサイプの刻まれたブロックで構成される非対称のトレッドパターンは、基本的には路面に接する面積が多めのデザイン。それでも「社内評価では制動性能で18%、旋回ハイドロプレーニング性能で約4%の向上」というウエット性能は、高い排水効率と、新開発の「持続性密着ゲル」を配合して柔らかさを保つとともにシリカを増量した、新たなトレッドコンパウンドが支えている。

「バットレスエッジ」と呼ばれる、ショルダー部分の矢印状の切り欠きは、わだち路面の乗り越え性向上を意図したアイデア。3つずつのブロックを縦方向にひとまとめとした中央部の「3連ブロック」は加減速時にブロック同士が接して支え合い、両側ショルダーブロックの側面に施されたジクザグ形状の「バイティングエッジ」と共に、エッジ効果を高めることを狙っている。

ところで「トーヨーのスタッドレス」とくれば“クルミの殻”の配合をイメージする人も少なくないはず。実際、この最新モデルにもトーヨータイヤが20年以上こだわってきたこのアイテムが用いられている。

コンパウンド表面の鬼グルミの殻による実際の“ひっかき効果”もうたわれてはいるものの、現実にはそれが抜け落ちた後に残るくぼみが、親水性を備えた柔らかな新素材「NEO吸水カーボニックセル」と共に氷上の水膜を吸い取るという効果のほうが大きいだろう。クルミの殻自体は、他社製品との差別化を図るプロモーションのほうに効果を発揮しているのかもしれない。

コンパウンドには氷の表面の水幕を瞬時に除去する新開発の「吸着クルミゴム」を採用した。
コンパウンドには氷の表面の水幕を瞬時に除去する新開発の「吸着クルミゴム」を採用した。拡大
小型ブロック3つをセットにした「3連ブロック」構造とショルダーブロックの角をギザギザにした「バイティングエッジ」構造によってエッジ効果を高めている。
小型ブロック3つをセットにした「3連ブロック」構造とショルダーブロックの角をギザギザにした「バイティングエッジ」構造によってエッジ効果を高めている。拡大
ショルダー部分には矢印のような図柄の「バットレスエッジ」を採用。わだち路面の走行性を高めている。
ショルダー部分には矢印のような図柄の「バットレスエッジ」を採用。わだち路面の走行性を高めている。拡大

従来品から着実に進化

そんな新タイヤをいち早くチェックできたのは、北海道の佐呂間タイヤ試験場でのことだった。1993年に開設された、トーヨータイヤの冬タイヤ開発のホームグラウンドだ。

従来品のガリットGIZと新しいGIZ2をそれぞれ装着した2台の「トヨタ・カローラ スポーツ」で圧雪路での走行性能とアイス路での旋回性能を比較してみる。優れた印象をもたらしたのはやはりGIZ2だ。圧雪路では全般的に接地感が高く、コーナーでのターンイン時にはノーズの入り方がよりスムーズだった。

一方、氷盤状の旋回路では、動き出してすぐのパーキングスピード状態でステアリングホイールから伝わる手応えが、やはりGIZ2のほうが上だ。厳密に言えば装着車両の個体差による影響は排除できないものの、これもまた間違いのない実感であったことは確かだ。

ドーム型の屋内氷盤路では2台の「トヨタ・プリウス」の4WD車に、同じくGIZとGIZ2をそれぞれ装着し、走りだし時のグリップ力や制動性能をテスト。やはりいずれもGIZ2のほうが勝ることを確認できた。リアルワールドで誰もが体感できるほどの大差か? と問われると微妙なところだが、それでもまだまだスタッドレスタイヤの技術進化が続いていることは間違いない。

例によって短時間かつ限られた条件下でのチェックゆえ、断定的な判断が下せないのは歯がゆいところ。特に、新型の売り物であるはずのウエット性能や経年劣化の抑制については、残念ながら参考意見すら述べることができない。

とはいえ、そんな限られたシーンの中で垣間見えた実力は、やはり従来品から着実な向上を示していたこともまた確か。誰もが“限界性能”までを簡単に使い切ってしまうアイテムだからこそ、スタッドレスタイヤは性能本位で選びたい。

(文=河村康彦/写真=トーヨータイヤ/編集=藤沢 勝)

「オブザーブGIZ2」を履いた「トヨタ・カローラ スポーツ」で圧雪路を行く。従来品からの着実な進化を感じた。
「オブザーブGIZ2」を履いた「トヨタ・カローラ スポーツ」で圧雪路を行く。従来品からの着実な進化を感じた。拡大
コンパウンドの柔らかさがキモとなるスタッドレスタイヤ。経年劣化に配慮した「オブザーブGIZ2」では4年使用時の硬化レベルを従来品の4~6割ほどに抑えているという。
コンパウンドの柔らかさがキモとなるスタッドレスタイヤ。経年劣化に配慮した「オブザーブGIZ2」では4年使用時の硬化レベルを従来品の4~6割ほどに抑えているという。拡大
氷上で40km/hからフルブレーキングした際の制動距離は、従来品よりも8%短縮されている。
氷上で40km/hからフルブレーキングした際の制動距離は、従来品よりも8%短縮されている。拡大
小幅ながらも従来品から着実な進化を果たしていた「トーヨー・オブザーブGIZ2」。冬季には日本各地のユーザーの生活を助けてくれることだろう。
小幅ながらも従来品から着実な進化を果たしていた「トーヨー・オブザーブGIZ2」。冬季には日本各地のユーザーの生活を助けてくれることだろう。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。