世界屈指の難レースで2度目の勝利 佐藤琢磨のインディ500制覇が物語ること

2020.09.04 デイリーコラム

インディ500での2勝が“快挙”と呼ばれる理由

コロナ禍で鬱々(うつうつ)としていた気分を見事に晴らしてくれたのが、2020年8月23日にもたらされたインディアナポリス500(インディ500)での佐藤琢磨優勝の報である。佐藤にとっては3年ぶり2度目のインディ500制覇となり、複数回優勝を飾った史上20人目のドライバーという栄誉に輝いた。これは“日本人初”などという狭い枠を越えた“快挙”と呼んでいい出来事なのだが、その真の意味を理解するには、インディ500の109年にもわたる歴史を、少し振り返ってみる必要がある。

1911年(日本で言えば明治44年)の第1回大会から今年の第104回大会までにレースに出場した延べ台数は3363台にものぼり、予選不通過を含めれば参加台数はこれ以上に膨れ上がることは言うまでもない。あまたの挑戦者から誕生したウィナーは73人。2回以上の優勝者が佐藤を入れて20人ということは、残る53人は1勝にとどまっていることになる。2勝以上を記録した勝者は、実はほんの一握りでしかない。

“1勝組”の中には、1978年のF1王者でありインディカーでも4度タイトルを取ったマリオ・アンドレッティ(1969年優勝)や、やはりアメリカのトップフォーミュラで3冠を達成し、今年佐藤が所属するチームの共同オーナーでもあるボビー・レイホール(1986年優勝)といったトップドライバーも含まれる。実力あるドライバーであっても、インディ500で何度も勝つことは難しいのだ。

また近年、F1で2度チャンピオンとなったフェルナンド・アロンソが参戦し話題をさらうも、初挑戦の2017年はリタイア、2度目の2019年はまさかの予選通過ならず、3度目の今年は21位と苦戦が続いている。一朝一夕で攻略できるようなレースではないということもお分かりいただけるだろう。

1人あたりの勝利数で言えば、A.J.フォイト、アル・アンサー、リック・メアーズというアメリカンレース界のレジェンド3人が記録している4勝が最多。ちまたではルマン24時間、F1モナコGP、そしてインディ500を「世界3大レース」と呼んだりするが、ルマンでの最多勝記録はトム・クリステンセンの9勝、モナコGPではアイルトン・セナの6勝であり、2つの伝統あるレースと比べてもインディ500での最多勝ち星は少ない。

さらに、連勝がめったにないというのもインディ500の特徴で、2連勝したドライバーはたったの5人しかおらず、3連勝以上は誰も成し遂げたことがない。

佐藤のインディ500での2勝目を“快挙”と呼ぶゆえんは、これら史実が物語っている。インディ500で勝つこと、そして勝ち続けることはとても難しい。では、どこがそんなに難しいのか。

2020年のインディ500を制した佐藤琢磨。彼にとって、2017年に続く2度目の勝利となった。
2020年のインディ500を制した佐藤琢磨。彼にとって、2017年に続く2度目の勝利となった。拡大
例年であれば30万人もの来場者を集めるインディ500だが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、無観客での開催となった。
例年であれば30万人もの来場者を集めるインディ500だが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、無観客での開催となった。拡大
インディ500で4勝を挙げたアメリカの“レジェンドドライバー”ことA.J.フォイト(中央)。他のカテゴリーのレースでも活躍しており、1967年にはダン・ガーニー(左)とのコンビでルマン24時間レースを制している。
インディ500で4勝を挙げたアメリカの“レジェンドドライバー”ことA.J.フォイト(中央)。他のカテゴリーのレースでも活躍しており、1967年にはダン・ガーニー(左)とのコンビでルマン24時間レースを制している。拡大
F1で2度にわたり年間王者に輝いたフェルナンド・アロンソだが、インディでは苦戦。2021年はルノーからF1に復帰することが決まっており、インディ500への挑戦はいったんお休み(あるいは終了?)となる。
F1で2度にわたり年間王者に輝いたフェルナンド・アロンソだが、インディでは苦戦。2021年はルノーからF1に復帰することが決まっており、インディ500への挑戦はいったんお休み(あるいは終了?)となる。拡大
マシンの上で牛乳を浴びる佐藤琢磨。インディ500では、優勝者が牛乳を飲むのが“ならわし”となっている。
マシンの上で牛乳を浴びる佐藤琢磨。インディ500では、優勝者が牛乳を飲むのが“ならわし”となっている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事