第191回:マンゾクマンゾク、マンゾク倶楽部

2020.10.12 カーマニア人間国宝への道

出撃当夜はくもりナリ

前回は「ポルシェ911 GT3 RS」で夜の首都高に出撃し、おのれの老人力を嫌というほど思い知らされたが、早速リベンジの機会がやってきた。

今回のマシンは、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)トロフィー」!!

なにしろ、R.S.の後に“トロフィー”が付いている。トロフィーは栄光の象徴(普通名詞の場合)。男の東京タワーとでもいおうか。そのトロフィーを駆り、東京タワーを横目にC1(都心環状線)を爆走するのである。これ以上のリベンジがあろうか。

私は2年ほど前、新型「メガーヌR.S.」に試乗させていただいたが、以前の超スパルタンなメガーヌR.S.に比べると、それはあまりにも軟弱なマシンであった。なにせドアが4枚もあるし、オートマしかない。中身がどう進化しようとも、その時点で落第。それがスパルタンな男の価値観である。

思えば先代のメガーヌR.S.では、初試乗の初発進でエンストを3発もかました。正確なグレードは思い出せないが、その扱いにくさ、スパルタンさは、かつての964型「ポルシェ911カレラRS」に匹敵するかと思われた。まさに男のマシン! それが4枚ドアになりオートマちゃんになったと聞けば、男泣きせずにはいられない。

が、今回のトロフィーは6段MTだ。ドアは相変わらず4枚あるが、まあよかろう。男の許容範囲である。

出撃の夜。天気予報は“くもり”。雨の心配はない。今夜こそ首都高に男汁をブチまけるぜ。

カード型のキーを持ち、トロフィーに近づいた。すると自動的にロックが解除され、LEDが自動点灯! しゃれた歓迎だぜ。ドアを開けると、センターディスプレイにメガーヌが現れて「ブワーン」みたいな効果音が鳴り(うろ覚え)、こよいの爆走の前祝いをしてくれた。さすがトロフィーだぜ。

「ポルシェ911 GT3 RS」での首都高アタックに続き、今回は「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」で突撃。
「ポルシェ911 GT3 RS」での首都高アタックに続き、今回は「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」で突撃。拡大
「メガーヌR.S.トロフィー」で東京タワーを横目に見ながら、首都高・都心環状線を爆走(もちろん比喩)するというのが、今回のミッション。天気はいい具合に“くもり”である。
「メガーヌR.S.トロフィー」で東京タワーを横目に見ながら、首都高・都心環状線を爆走(もちろん比喩)するというのが、今回のミッション。天気はいい具合に“くもり”である。拡大
4ドアモデルではあるが、“最強のFF車”との呼び声も高い「メガーヌR.S.トロフィー」。搭載される1.8リッター直4直噴ターボエンジンは、「メガーヌR.S.」から21PSアップの最高出力300PSを発生。今回の試乗車は最大トルク400N・mの6段MT仕様だ。
4ドアモデルではあるが、“最強のFF車”との呼び声も高い「メガーヌR.S.トロフィー」。搭載される1.8リッター直4直噴ターボエンジンは、「メガーヌR.S.」から21PSアップの最高出力300PSを発生。今回の試乗車は最大トルク400N・mの6段MT仕様だ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 「フィアット500/500C」にイタリアの甘い生活を表現した限定車「ドルチェヴィータ」 2020.10.23 自動車ニュース FCAジャパンは2020年10月23日、「フィアット500/500C」に特別仕様車「ドルチェヴィータ」を設定し、275台の台数限定で同年12月12日に発売すると発表した。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る