クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ(FF/6AT)/マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ(FF/6MT)

インテリジェント・ホットハッチ 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。

価格に見合った価値のために

従来のガソリンエンジンの熱効率と環境性能を大きくジャンプアップさせるブレークスルーテクノロジー、ガソリンHCCI(予混合圧縮着火)。かつては夢の内燃機とさえ呼ばれたそれを、世界で初めて量産レベルで実用化したのがマツダだ。ご存じの通り、マツダ3と「CX-30」に搭載されるスカイアクティブXがそれとなる。

が、それは現状、マツダの屋台骨を支えるほどの人気を得ているわけではない。ディーゼルに逆風が吹く欧州では好調とは聞くも、日本での販売は芳しくなさそうだ。もちろん登場から間もないこともあり、認知が得られていないこともさておき、その認知のための説明が難しいという課題も抱えている。が、何よりスカイアクティブGやスカイアクティブDよりも高い価格に対する明確なベネフィットが伝えられないことが一番の問題だろう。

当初HCCIを開発していた際のマツダの思惑は、GとDの間くらいの価格帯にXを置こうというものだった。が、商品化に向けては24Vマイルドハイブリッド化やコンプレッサーの装着のみならずGPF(ガソリンパティキュレートフィルター)も必携となり、さらには厳密な燃焼管理のためのセンサーの数々、初爆の膨張火炎球を適切にコントロールするためのスパークプラグの採用や、それらを統合管理する膨大なエンジンデータをマネジメントするプログラム作成など、満艦飾化がコストを膨大に押し上げてしまった。

スカイアクティブXが狙ったのはガソリンの滑らかさや高回転フィーリング、そしてディーゼルの低回転トルクや燃費という両者のいいとこ取りだが、なるほどフィーリングには特有の力感はあれど、燃費は期待するほどの伸びがない。すなわちランニングコストでGやDとの差額を埋め合わせることは難しい。

となると、それに代わる納得できるバリューを用意しなければならない。果たして、2020年の冬にバージョンアップを予定しているスカイアクティブXのアップデートは、その姿勢が明確化されたものになっている。

改良型「スカイアクティブX」搭載車の試乗会は、マツダの美祢自動車試験場で開催された。
改良型「スカイアクティブX」搭載車の試乗会は、マツダの美祢自動車試験場で開催された。拡大
従来の「スカイアクティブX」ユニットをベースに、その制御ソフトウエアが改められた「eスカイアクティブX」。ハードウエアは変更されていない。
従来の「スカイアクティブX」ユニットをベースに、その制御ソフトウエアが改められた「eスカイアクティブX」。ハードウエアは変更されていない。拡大
「マツダ3」の「eスカイアクティブX」搭載車は、従来の「スカイアクティブX」モデルと入れ替わるかたちで、2020年内にもリリースされる。
「マツダ3」の「eスカイアクティブX」搭載車は、従来の「スカイアクティブX」モデルと入れ替わるかたちで、2020年内にもリリースされる。拡大
マツダ独自の「火花点火制御圧縮着火」を特徴とする「スカイアクティブX」。ガソリンエンジンならではの爽快感と、ディーゼルエンジンの力強さを併せ持つとされる。
マツダ独自の「火花点火制御圧縮着火」を特徴とする「スカイアクティブX」。ガソリンエンジンならではの爽快感と、ディーゼルエンジンの力強さを併せ持つとされる。拡大

新世代エンジンは制御が決め手

「スピリット1.0から1.1へのアップデート」とマツダが唱える通り、この刷新はハードウエアには一切手が加えられていない。エンジン本体や補機類、吸排気システムなどはそのままで、ソフトウエアのみでさらなる洗練とともに異なる特性を表現している。

そう聞くとまたマツダのご託が始まったのかと思われるかもしれない。が、スカイアクティブXは先述の通り、緻密な燃焼コントロールのために多くのセンサーと制御系、膨大なデータが同期している。もはやそれを走らせるのはコンピューティングの領域とあらば、ソフトウエア次第で今までの内燃機エンジンとは次元の違うキャラクター設定ができるだろうというのが、今回のスピリット1.1の狙いだ。

用意された試乗車は、スピリット1.1の制御プログラムを採用した「eスカイアクティブX」と呼ばれるエンジンを搭載するマツダ3。そのMTとAT、おのおのの1.0と1.1を同じクローズドコースで乗り比べるというプログラムだ。とはいえ当然ながらガンガン飛ばしてもその差は見つけられないということで、マツダの実験部によって入念なパイロン規制が加えられ、加減速やパーシャル領域がしっかり使い分けられるようなレイアウトが施されていた。

スピリット1.0のドライブフィールは、従来のスカイアクティブGやDを搭載するマツダ3の延長線上にある。舵やペダルの操作に対するゲインの立ち上がりは至って穏やか。ユーザーによっては遅いと感じられることもあるというが、個人的にはそれよりも線形的な加減速のコントロール性が確保されていることのほうがありがたい。

「eスカイアクティブX」を搭載する「マツダ3ファストバック」のリアまわり。“e”のロゴが付いた新しいエンブレムが添えられる。
「eスカイアクティブX」を搭載する「マツダ3ファストバック」のリアまわり。“e”のロゴが付いた新しいエンブレムが添えられる。拡大
「マツダ3ファストバック」(eスカイアクティブX搭載車)のコックピット。今回はAT車(写真)とMT車に試乗した。
「マツダ3ファストバック」(eスカイアクティブX搭載車)のコックピット。今回はAT車(写真)とMT車に試乗した。拡大
スーパーチャージャーに加えてマイルドハイブリッドシステムも搭載する「eスカイアクティブX」モデルでは、緻密なエンジンマネジメントが要求される。
スーパーチャージャーに加えてマイルドハイブリッドシステムも搭載する「eスカイアクティブX」モデルでは、緻密なエンジンマネジメントが要求される。拡大
今回の改良では、気筒ごとに混合気の状態を予測し理想的な燃焼を実現する技術を磨きつつ、アクセルペダルの踏み方でドライバーの意図を予測する「出力コントロール」の向上が図られている。
今回の改良では、気筒ごとに混合気の状態を予測し理想的な燃焼を実現する技術を磨きつつ、アクセルペダルの踏み方でドライバーの意図を予測する「出力コントロール」の向上が図られている。拡大

違いはフィーリングに表れる

マツダがダイナミクス構築のために研究したというW124系のメルセデス・ベンツ(ミディアムクラス)は、まさにドライバーの意思に柔らかくしなやかに同調する、そこにありがたみがある。今現在、筆者がマツダ3の白眉だと思う1.5リッターガソリンモデルはそれに肉薄する感触を備えていて、特にブレーキのコントロール性などはほれぼれするが、このスカイアクティブXもバイワイヤーブレーキを見事に調律していて、初出の技術ながらも生煮え感はほとんど感じられない。そういうところは見事だと思う。が、それを“対価化”できないというジレンマに陥っているわけだ。

1.1はこの個性を無にしないギリギリのところまで快活さを高めている。アクセルペダルの操作量や速度からドライバーの求める加速性能を判定し、それに合わせて燃焼環境を応答させる。言葉で書けば簡単ながら、スカイアクティブXの場合、そのプロセスは複雑で制御項目も多い。それゆえアップデートの有効性が高いというわけだが、この1.1では排ガス再循環の精度を高めてフレッシュエアを多く受け入れるようにしたことやコンプレッサーの稼働域と制御を最適化したことで、パワー&トルクの向上を伴うレスポンスの改善が達成できたという。

1.0と1.1、その違いは出力特性に変速マネジメントを合わせ込んだATの側でより簡単かつ顕著に感じられる。マツダは具体的な効能として、ETCレーンからの再加速や高速合流時の応答性を挙げるが、確かにそういう場面を模したドライブでは、1.1はシフトダウンを要さず低回転域から力強くレスポンスしていることがわかる。特に実効性の高い2000rpm前後のトルクの厚みははっきりと体感できる違いとなるだろう。さらに、そこから3500rpm前後の力感も大きく変わったようにうかがえる。加えて、ATではほぼ差を感じなかった高回転域も、MTで引っ張ってみれば最後のひと伸びのフィーリングの違いは確認できた。ただしパワーは数値的には若干の向上をみているが、速い遅い的な差異は感じられない。ごく低回転域の雑みやパワーのつながりなどの質感向上と共に、応答の気持ちよさや日常域の扱いやすさにフォーカスした改良といえるだろう。

美祢自動車試験場のコースを行く「マツダ3ファストバック」。その走りは快活のひとこと。
美祢自動車試験場のコースを行く「マツダ3ファストバック」。その走りは快活のひとこと。拡大
メーターパネルは3連式で、中央がマルチインフォメーションディスプレイになっている。こうした計器類のデザインは従来のものと変わらない。
メーターパネルは3連式で、中央がマルチインフォメーションディスプレイになっている。こうした計器類のデザインは従来のものと変わらない。拡大
ステアリングコラムの周辺部には、さまざまな運転支援システムのオンオフスイッチが並ぶ。
ステアリングコラムの周辺部には、さまざまな運転支援システムのオンオフスイッチが並ぶ。拡大
従来の「スカイアクティブX」に比べ、実用域での“力感”は明らかに増した。MT車(写真)では、高回転域における伸びにも違いが感じられる。
従来の「スカイアクティブX」に比べ、実用域での“力感”は明らかに増した。MT車(写真)では、高回転域における伸びにも違いが感じられる。拡大

性格としては「スポーティー」

この出力特性に歩を並べるかたちで、どうやら「G-ベクタリングコントロール」もリプログラミングされたのだろう。コーナーはアプローチからのアクセルオンでも駆動のかかりのよさに合わせるように頭の入りがよく、踏ん張りどころでもアクセルを抜けばじわっとリアが抜けて回頭するような挙動をみせてくれた。

開発途中ということもあって関係者は言葉を濁すが、1.1では出力特性、フットワークとも明確にスポーティーな側へと変貌を遂げることになるだろう。それこそがスカイアクティブXの新たな付加価値ということになる。フロントフェンダーに新たに設けられるこれみよがしのエンブレムは、マツダにとっては本意ではないことは容易に想像できるし、個人的にはレスオプションを用意しておいてほしいくらいだ。300PS級のFFホットハッチが加飾過多でまさしく目を血走らせるなか、環境性能とドライビングの気持ちよさの折り合いをつけた知的なホットハッチとして、マツダ3の新たな精神性をアピールするというのはありだと思う。

2020年11月23日に施行される特定改造等の許可制度は、ADAS(先進運転支援システム)の機能追加や各種性能の向上などに伴うソフトウエアアップデートを実現するものだが、マツダはその制度を用いてスカイアクティブXの既納ユーザーにこの1.1のアップデートサービス提供を検討しているという。ナンバリングが示すように、さながらスマホのOSの様相だが、走行機能に関わるソフトゆえ、どこぞのように安易なモバイルアップデートは考えていないという見識は正しいと思う。面倒くさいというユーザーもいるかもしれないが、黒くなったディーラーでおいしくなったコーヒーでも飲みながら再起動をゆっくり待つというのも新しいクルマとの向き合い方なのかもしれない。

(文=渡辺敏史/写真=マツダ/編集=関 顕也)

“優れた瞬発力”と“最高の自在感”が追求された「eスカイアクティブX」搭載車。「マツダ3ファストバック」においては、4人乗りの「ロードスター」をイメージして開発したという。
“優れた瞬発力”と“最高の自在感”が追求された「eスカイアクティブX」搭載車。「マツダ3ファストバック」においては、4人乗りの「ロードスター」をイメージして開発したという。拡大
「eスカイアクティブX」に移行してからの「マツダ3」は、フロントフェンダー部に「SKYACTIV-X」エンブレムが添えられる。
「eスカイアクティブX」に移行してからの「マツダ3」は、フロントフェンダー部に「SKYACTIV-X」エンブレムが添えられる。拡大
マツダは現在、既存の「マツダ3ファストバックX」(スカイアクティブX搭載車)に乗るユーザーに対し、「eスカイアクティブX」化できる制御プログラムの無償アップデートを検討しているという。
マツダは現在、既存の「マツダ3ファストバックX」(スカイアクティブX搭載車)に乗るユーザーに対し、「eスカイアクティブX」化できる制御プログラムの無償アップデートを検討しているという。拡大
「スカイアクティブX」エンジンは、SUV「CX-30」にも採用されている。マツダでは、同モデルへの「eスカイアクティブX」導入とそのユーザーへのソフトウエアの無償アップデートについても検討中とのこと。
「スカイアクティブX」エンジンは、SUV「CX-30」にも採用されている。マツダでは、同モデルへの「eスカイアクティブX」導入とそのユーザーへのソフトウエアの無償アップデートについても検討中とのこと。拡大
マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ
マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ拡大

テスト車のデータ

マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4460×1795×1435mm
ホイールベース:2725mm
車重:--kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:6段AT
最高出力:--PS(--kW)/--rpm
最大トルク:--N・m(--kgf・m)/--rpm
タイヤ:--
燃費:--km/リッター
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:--年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ
マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ拡大

マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4460×1795×1435mm
ホイールベース:2725mm
車重:--kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:6段MT
最高出力:--PS(--kW)/--rpm
最大トルク:--N・m(--kgf・m)/--rpm
タイヤ:--
燃費:--km/リッター
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:--年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ マツダ3ファストバック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。