第90回:予防安全技術が開いた自動運転への道
自動車産業の将来図を左右する大変革

2020.12.16 自動車ヒストリー 自動車メーカーのみならず、世界中の企業が開発競争を繰り広げる自動運転技術。今日も続く“運転の自動化”への取り組みは、長年にわたる予防安全技術の開発を素地(そじ)にしたものだった。より安全で便利な交通社会の実現へ向けた過去の施策を振り返り、今後の課題を考える。

ABSから始まった電子制御システム

ポンピングブレーキという言葉は、今ではすっかり死語になりつつある。急ブレーキなどでタイヤをロックさせないよう、小刻みにフットブレーキをかけるテクニックだが、自動車技術の進歩で必要がなくなったのだ。現在はほとんどのクルマにABS(アンチロックブレーキシステム)が装備されている。自動的にブレーキのオン・オフが行われるので、フルブレーキングしながらでもステアリング操作が可能だ。これにより緊急時の衝突回避が容易になり、安全性が向上した。

自動車部品メーカーのボッシュは、1936年に「自動車のホイールロックを防止するメカニズム」の特許を申請している。急ブレーキをかけるとステアリングが利かなくなることは、当時から認識されていたのだ。ボッシュは解決を模索したが、当時の技術では複雑な制御ができなかった。電子制御システムが使えるようになり、実用に足るものが登場したのは1978年のことだ。最初にこの電子制御式ABSが装備されたのはW116型の「メルセデス・ベンツSクラス」で、「BMW 7シリーズ」がそれに続く。高価なシステムで、高級車でなければ採用は難しかった。

日本ではABSの標準装備化が順調に進み、非装着車が残されていた軽トラックも2017年に保安基準の改定で装備が義務づけられた。価格は飛躍的に安くなり、性能も向上している。初期のABSはペダルを踏むと振動が伝わってきたが、作動が細かく制御されるようになって自然なフィールになった。ブレーキだけでなく、加速時のタイヤの空転を防ぐトラクションコントロール(TCS)、横滑りを防止するエレクトリックスタビリティーコントロール(ESC)も加わり、自動車の姿勢を総合的に電子制御するシステムが一般化してきた。

車速センサー、舵角センサー、横Gセンサーなどが常にクルマの状態を監視し、危険な状態であると判断すれば積極的に介入してブレーキやエンジンを操作する。以前であれば、経験を積んだドライバーにしかできなかった高度な運転技術を、テクノロジーの力で自動化したのだ。こうした安全装置は世界的に普及しており、日本ではESCの装備も常識となっている。

急ブレーキ時にタイヤがロックするのを防いで操舵応答性を確保し、事故回避を支援する電子制御ABS。1978年に、W116系「メルセデス・ベンツSクラス」の改良モデルに初めて採用された。
急ブレーキ時にタイヤがロックするのを防いで操舵応答性を確保し、事故回避を支援する電子制御ABS。1978年に、W116系「メルセデス・ベンツSクラス」の改良モデルに初めて採用された。拡大
ダイムラー・ベンツ(当時)によるABSの開発風景。ポンピングブレーキを自動化するシステムの開発は古くから考案されていたが、電子制御の登場により初めて実用的なシステムとなった。
ダイムラー・ベンツ(当時)によるABSの開発風景。ポンピングブレーキを自動化するシステムの開発は古くから考案されていたが、電子制御の登場により初めて実用的なシステムとなった。拡大
ダイムラー・ベンツとボッシュが共同開発した、世界初となる電子制御ABSの構成部品。(1)が前輪用の速度センサー、(2)がコントロールユニット、(3)が油圧ユニット、(4)がリアアクスルのドライブピニオンに備わる速度センサーである。
ダイムラー・ベンツとボッシュが共同開発した、世界初となる電子制御ABSの構成部品。(1)が前輪用の速度センサー、(2)がコントロールユニット、(3)が油圧ユニット、(4)がリアアクスルのドライブピニオンに備わる速度センサーである。拡大
1995年に実用化された、世界初の横滑り防止装置。開発したのはやはりダイムラー・ベンツとボッシュで、W140型「メルセデス・ベンツSクラス」に初採用された。
1995年に実用化された、世界初の横滑り防止装置。開発したのはやはりダイムラー・ベンツとボッシュで、W140型「メルセデス・ベンツSクラス」に初採用された。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事