第637回:福祉車両もカスタマイズカーもお任せあれ! 日産の“何でも屋”オーテックのお仕事とは?

2020.12.29 エディターから一言
オーテックジャパン本社のデザインスタジオにて、「日産エルグランドAUTECH」(左)と「ノートAUTECH」(右)。
オーテックジャパン本社のデザインスタジオにて、「日産エルグランドAUTECH」(左)と「ノートAUTECH」(右)。拡大

カスタマイズモデルのAUTECHシリーズや、福祉車両、オーダーメイド車、果ては消防車・救急車まで、さまざまなクルマの製作を手がけるオーテックジャパン。多品種少量生産のプロフェッショナル集団として、日産とユーザーを支える彼らの“お仕事”をのぞいてみた。

発売されたばかりの新型「ノートAUTECH」。新型車のデビューから間をおかずにカスタマイズカーを設定できるのは、日産と関係の深いオーテックならではだ。
発売されたばかりの新型「ノートAUTECH」。新型車のデビューから間をおかずにカスタマイズカーを設定できるのは、日産と関係の深いオーテックならではだ。拡大
AUTECHシリーズの最上級モデルである「エルグランドAUTECH」。AUTECH車の訴求色であるブルーは、同社が本拠地を構える湘南・茅ヶ崎の海と空を、シルバーの空力パーツは、白波をモチーフとしている。
AUTECHシリーズの最上級モデルである「エルグランドAUTECH」。AUTECH車の訴求色であるブルーは、同社が本拠地を構える湘南・茅ヶ崎の海と空を、シルバーの空力パーツは、白波をモチーフとしている。拡大
「エルグランドAUTECH」の上質な本革シート。これらインテリアの装備も、すべてオーテックが内製している。
「エルグランドAUTECH」の上質な本革シート。これらインテリアの装備も、すべてオーテックが内製している。拡大
かつてはボレロやライダーなど、複数のブランドを擁していたオーテック。今はAUTECH一本にブランドを統一している。
かつてはボレロやライダーなど、複数のブランドを擁していたオーテック。今はAUTECH一本にブランドを統一している。拡大

実は「NISMO」も手がけています

かなりのクルマ好きの間でも、日産とニスモとオーテックの関係がいまいちわかりにくい、という声は多い。かく言う筆者も完璧に説明できるかと問われれば、ちょっと自信がない。そんな折、オーテックジャパンから取材会のお誘いをいただいたので、神奈川県茅ヶ崎市に位置するオーテックジャパン本社にうかがった。

取材会の冒頭で語られたのは、筆者の心を見透かしたように3社の関係についてである。ご存じのように、オーテック(株式会社オーテックジャパン)とニスモ(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社)は、いずれも日産自動車の100%子会社である。そして、ここからがややこしいのだが、2017年4 月の組織変更でオーテック内にニスモカーズ事業部が立ち上がる。

この時に、公道を走るロードカーに関してはAUTECHブランドもNISMOブランドも、すべてがオーテックの管轄に入ることになった。私たちが日常的に接するモデルは、すべてオーテックのものなのだ。他方ニスモは、ワークス体制で挑むモータースポーツ活動や、そこで得た知見とノウハウを生かしたスポーツパーツの開発に専念することになった。

また、オーテックとニスモのCEO(代表取締役社長兼最高経営責任者)を、日産の副社長を務めた経歴を持つ片桐隆夫氏が兼務することから、両社間の意思の疎通や技術的な交流がスムーズに行われるとのことだ。

では、AUTECHブランドとNISMOブランドのすみ分けはどのようになっているのか。この点について、片桐隆夫CEOから次のような説明があった。

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事