「脱○○」は正解ではない! webCG編集部員が考える未来のジドーシャのあるべき姿とは?

2021.01.18 デイリーコラム

過熱する未来のモビリティー論争

菅 義偉首相が所信表明演説で「2050年までにカーボンニュートラルを目指す」と言ったのが2020年10月26日。次いで12月初めには、「2030年代半ばにガソリン車の販売は禁止に!」というグレーなニュースが駆け巡り、かいわいが騒然となった。さすがにマズいと思ってか、12月17日には日本自動車工業会の豊田章男会長がオンライン会見を実施。大手メディアに冷や水を浴びせるとともに、ノーテンキな行政府に「お前ら、ホントに本気でやる覚悟あんの?」とクギを刺したのはご存じの通りだ。

以来、メディアやSNSでは諸子百家が大舌戦。学者先生ほど事情に詳しくない記者は、か烈極まるかんかんがくがく・けんけんごうごうに戸惑うばかりである。皆等しくエネルギー問題に精通しているはずなのに、なんでこうも意見が違うのか。

webCGでは昨年から『CarScope』と称し、クルマの未来にまつわる各記事をひとつのコーナーにまとめているのだが、最近ではそこに載るコラム/エッセイの編集を、ほとんど記者が独占している。なんでかというと、そりゃあ興味があるからですよ。日本や世界で模索されるさまざまな取り組みと新技術に、いい年こいてワクワクしたいのだ。

で、かような記者が思い至った理想の自動車社会はどんなものかというと、前にも書いたけど、「パワートレインのベストミックス」なのである。電気自動車(EV)で事足りるならEVでいいし、頻繁に遠出する人には燃料電池車(FCV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)が便利なはず。そもそも内燃機関車がベストな(あるいは内燃機関車しか使えない)使用環境もあるだろうし、燃料次第ではエンジンだってカーボンニュートラルにできるはずなのだ。

突如として日本でも湧き上がった“未来の自動車論争”。「日本はEVで遅れている。日本の自動車産業はおしまいだ!」とか、「ハイブリッドカーこそ最エコ! ヨーロッパが間違っているんだ」とか、さまざまな意見を目にするが、実際のところどうなのだろう?
突如として日本でも湧き上がった“未来の自動車論争”。「日本はEVで遅れている。日本の自動車産業はおしまいだ!」とか、「ハイブリッドカーこそ最エコ! ヨーロッパが間違っているんだ」とか、さまざまな意見を目にするが、実際のところどうなのだろう?拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事