ロータス・エキシージ スポーツ410(前編)

2021.01.24 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回ステアリングを握るのは「ロータス・エキシージ スポーツ410」。劇中で主人公・風吹裕矢の愛車として活躍した「ロータス・ヨーロッパ」のDNAを受け継ぐ、軽量ミドシップスポーツの走りとは?

想像以上の気持ちよさ

現在のロータスにおいて、「エリーゼ」と「エヴォーラ」の間に位置するのがエキシージである。そのラインナップはサーキット走行にフォーカスした「カップ」シリーズと、ストリートユースを主眼とした「スポーツ」シリーズに分けられる。箱根のワインディングロードへと連れ出したスポーツ410は後者で、最高出力416PSの3.5リッターV6 スーパーチャージャー付きエンジンをリアミドに搭載する、車両重量わずか1110kgの軽量2シーターモデルだ。

もしも『サーキットの狼』が現代によみがえったとしたら、“ロータスの狼”こと主人公の風吹裕矢が、ボンネットに撃墜マークを刻んだヨーロッパの代わりに選んでも不思議ではないプロフィールである。

早速、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーでもある池沢早人師先生に、試乗後の第一印象をうかがった。
「ちょうど昨日、僕は『エリーゼ スポーツ220 II』を試乗したんですけど、このエキシージ スポーツ410については何の予備知識もないままいきなりステアリングを握ったんですね。もちろんヨーロッパを含めこれまで何台もロータスとは付き合っていますから、走りについてある程度は予想できたのですが、ワインディングロードでは本当に気持ちのいいクルマですね! 想像以上というか、あまりの速さと切れ味にちょっとびっくりしましたよ」

いきなりの高評価ですね。
「これ、エンジンはNA(自然吸気)ですか?」

スーパーチャージャー付きですね。トヨタ製の3.5リッターV6に豪ハロップ社のスーパーチャージャーを組み合わせています。
「車重1100kgで、最高出力は……416PSですか! いやもうすべてがサーキットを走るためのマシンといった感じの、本格派ともいえるプロフィールですね。久々に『公道でレーシングカーに乗った!』という気分です(笑)」

現在4モデルがラインナップしている「ロータス・エキシージ」。今回、箱根のワインディングロードで池沢早人師先生がステアリングを握ったのは、公道向けの上級モデル「スポーツ410」。車両本体価格は1358万5000円。
現在4モデルがラインナップしている「ロータス・エキシージ」。今回、箱根のワインディングロードで池沢早人師先生がステアリングを握ったのは、公道向けの上級モデル「スポーツ410」。車両本体価格は1358万5000円。拡大
最高出力416PS、最大トルク410N・mの3.5リッターV6スーパーチャージャーユニットをリアミドに搭載。0-100km/h加速3.4秒、最高速度290km/hというパフォーマンスがアナウンスされている。
最高出力416PS、最大トルク410N・mの3.5リッターV6スーパーチャージャーユニットをリアミドに搭載。0-100km/h加速3.4秒、最高速度290km/hというパフォーマンスがアナウンスされている。拡大
【ロータス・エキシージ スポーツ410】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4080×1800×1130mm/ホイールベース:2370mm/車重:1110kg/駆動方式:MR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:6段MT/最高出力:416PS(306kW)/7000rpm/最大トルク:410N・m(41.8kgm)/2500-7000rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y XL/(後)285/30ZR18 97Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/燃費:--km/リッター/価格:1358万5000円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:232.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:29.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.9km/リッター(満タン法)
【ロータス・エキシージ スポーツ410】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4080×1800×1130mm/ホイールベース:2370mm/車重:1110kg/駆動方式:MR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:6段MT/最高出力:416PS(306kW)/7000rpm/最大トルク:410N・m(41.8kgm)/2500-7000rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y XL/(後)285/30ZR18 97Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/燃費:--km/リッター/価格:1358万5000円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:232.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:29.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.9km/リッター(満タン法)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(前編) 2019.11.14 谷口信輝の新車試乗 試乗を終えたレーシングドライバー谷口信輝も、「本当に楽しい!」と大絶賛。ハイパワーエンジンを搭載する「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」の走りを報告する。
ホームへ戻る