シボレー&キャデラックは新型車を大量投入【輸入車ブランドに聞きました2021】

2021.01.26 自動車ニュース
2021年1月に行われた、キャデラックの新型車3台の展示会の様子。
2021年1月に行われた、キャデラックの新型車3台の展示会の様子。拡大

昨年11月の新型「キャデラック・エスカレード」に続き、年始早々に2台のニューモデルの日本導入を発表したゼネラルモーターズ。シボレーでは話題の新型「コルベット」もいよいよ納車が開始されるという。2021年は飛躍の年となるか? ゼネラルモーターズ・ジャパンに話を聞いた。

2020年の東京オートサロンで日本初披露された新型「シボレー・コルベット」。
2020年の東京オートサロンで日本初披露された新型「シボレー・コルベット」。拡大
シボレー伝統のスペシャリティークーペ「カマロ」。大胆なスタイリングと、欧州勢と比べて手ごろな価格設定、スポーティーな走りで人気を博している。
シボレー伝統のスペシャリティークーペ「カマロ」。大胆なスタイリングと、欧州勢と比べて手ごろな価格設定、スポーティーな走りで人気を博している。拡大
キャデラック自慢のフルサイズSUV「エスカレード」。
キャデラック自慢のフルサイズSUV「エスカレード」。拡大
「XT4」はキャデラック初のコンパクトSUVとなる。
「XT4」はキャデラック初のコンパクトSUVとなる。拡大
コンセプトカー「エスカーラ」をインスパイアしたというエクステリアが目を引く「CT5」。FR車と4WD車が用意される。
コンセプトカー「エスカーラ」をインスパイアしたというエクステリアが目を引く「CT5」。FR車と4WD車が用意される。拡大

続々と登場するニューモデルに注目

――2020年はゼネラルモーターズ、およびゼネラルモーターズ・ジャパンにとってどのような一年となりましたか?

年始にオートサロンで「シボレー・コルベット」を発表して多くのご予約をいただき、またキャデラックでは3列シートSUV「XT6」のデビューフェアに過去最高の来場者数となるお客さまにお越しいただくなど、幸先のよいスタートを切れました。

ただ、その後はコロナ禍によるUS工場のストップなどで、新型車の発表を翌年(つまり今年ですね)に遅らせなくてはならなくなるなど、困難の多い年となりました。

しかしながら、もともとデジタルシフトに向けて準備をしていたところだったので、それが一気に進められた一年でもありました。

――現在、お客さまから人気を集めているモデルはどれですか? またオススメのモデルは?

話題性で言えば、新型シボレー・コルベットに注目が集まっていますが、「カマロ」も順調な販売状況です。

また、キャデラックでは昨年11月に日本導入を発表した新型「エスカレード」に注目が集まっています。発表したばかりの「XT4」「CT5」についても、多くのお客さまからお問い合わせをいただいているところです。

――アナウンスできる範囲で、2021年の新型車の導入スケジュールを教えてください。

キャデラックですと、「XT5」が1月、XT4が2月、CT5とXT6が3月、エスカレードが夏ごろのデリバリーとなっております。シボレーですと、カマロが1月、コルベットは5月のデリバリー開始予定です。

――ファンとユーザー、webCG読者にヒトコトどうぞ!

2021年はシボレー、キャデラックともに、今までにないくらい数多くの新型車を皆さんにご紹介いたします。どうぞ楽しみにしていてください!

(まとめと編集=webCG堀田)

関連キーワード:
コルベット, コルベット コンバーチブル, カマロ, CT5, XT4, XT6, XT5クロスオーバー, エスカレード, シボレー, キャデラック, 輸入車ブランドに聞きました2021, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型シボレー・コルベット(前編) 2021.5.31 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが、新型「シボレー・コルベット」の日本でのデリバリー開始に合わせ、日本仕様を初公開した。富士スピードウェイで行われたお披露目会の会場から、史上初となる“右ハンドルのコルベット”の姿を写真で紹介する。
  • 新型シボレー・コルベット(後編) 2021.5.31 画像・写真 いよいよ日本でもデリバリーが開始された、8代目となる新型「シボレー・コルベット」。本邦初公開となる「コルベット コンバーチブル」の詳細な姿を、富士スピードウェイで行われた披露会の様子とともに写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • 第42回:あるバイパー乗りのコルベット評(後編) 2021.8.28 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして MR化にDCTの搭載、そして右ハンドルの設定と、話題に事欠かない新型「シボレー・コルベット」。すっかりモダンで国際的なスポーツカーとなったC8に、歴代コルベットの面影はあるのか? 編集部唯一のアメリカ車乗りが、実車に触れて抱いた思いを語る。
  • 新しい提案はどこに!? 新型「日産フェアレディZ」に次世代スポーツカーの資質を問う 2021.8.27 デイリーコラム いよいよ市販モデルが発表された新型「日産フェアレディZ」。3リッターV6ターボエンジンに6段MTの採用と、その中身はクルマ好きを大いに喜ばせるものだったが、同時に“物足りなさ”も感じられた。次世代のスポーツカーとして、新型Zに欠けているものとは?
ホームへ戻る