クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第199回:タイカン ターボで電費アタック

2021.02.01 カーマニア人間国宝への道

ウルトラマンではなく怪獣のほう

前回は担当サクライ君より、「今度『GRヤリス』にお乗りになりますか」と提案され、登場したのが120PSのCVTモデル「RS」でずっこけたが、今回は何か。

サクライ:清水さん「タイカン ターボ」にお乗りになりますか。
オレ:乗る乗る~!

タイカンといえばポルシェ初の市販電気自動車(EV)。狂ったように速いと評判だ。今回も夜の首都高で一瞬フル加速をかまし、「こわいよ~、こわいよ~」と、オッサン2人でピィピィ泣こうって寸法だ。

前回はサクライ君がGRヤリスにまったく無知だったが、今回は私がタイカンにまったく無知である。なぜなら、実にバカバカしいクルマだと思っているからだ。

そもそもEVの本分は地球環境を守ること。つまりウルトラマンである。が、バカデカいバッテリーを積んで狂ったように加速するEVなど怪獣。ウルトラマンが怪獣になってどうする。ポルシェはバカか! どうせバカなら「カウンタック」くらい羽目外して見ろや! と思っている。だからまったく詳しくないのだが、「お乗りになりますか」と言われればぜひ乗ってみたいのである。

夜8時。わが家にタイカンが到着した。ボディーが黒っぽくてまるで形がわからないが、怪獣だけにたぶんすごくデカイのだろう。

オレ:これ、全幅どんぐらいあるの?
サクライ:デカいです。
オレ:どんぐらいデカいの?
サクライ:えーと、全幅1966mmです。
オレ:えっ! カウンタックより狭いじゃん!
サクライ:でも全長は4963mmあります。
オレ:それも5m以下なんだ。じゃ、杉並区の路地でも大丈夫だね!

われわれは杉並区の路地を抜け、首都高4号線の永福ランプへ向かった。

夜の首都高でポルシェの「ターボ」に試乗した。ただし今回の車両は、同じターボでも過給機どころかエンジンも載っていないのに最高出力680PS、最大トルク850N・mを誇るハイパフォーマンスEV「タイカン ターボ」である。
夜の首都高でポルシェの「ターボ」に試乗した。ただし今回の車両は、同じターボでも過給機どころかエンジンも載っていないのに最高出力680PS、最大トルク850N・mを誇るハイパフォーマンスEV「タイカン ターボ」である。拡大
取材当日の夜8時、わが家に「ポルシェ・タイカン ターボ」が到着した。ボディーが黒っぽくてまるで形がわからないが、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4963×1966×1381mm、ホイールベースは2900mmとのこと。
取材当日の夜8時、わが家に「ポルシェ・タイカン ターボ」が到着した。ボディーが黒っぽくてまるで形がわからないが、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4963×1966×1381mm、ホイールベースは2900mmとのこと。拡大
明るい場所で見た「タイカン」は、スタイリッシュな4ドアサルーンという印象。日本に導入されるタイカンは4種類で、今回試乗した「ターボ」は93.4kWhのバッテリーを搭載する上から2番目のグレードとなる。車両本体価格は2023万1000円ナリ。
明るい場所で見た「タイカン」は、スタイリッシュな4ドアサルーンという印象。日本に導入されるタイカンは4種類で、今回試乗した「ターボ」は93.4kWhのバッテリーを搭載する上から2番目のグレードとなる。車両本体価格は2023万1000円ナリ。拡大
東京・杉並区の大宮八幡宮をかすめつつ、首都高4号線の永福ランプへ向かった。半分だけ所有する愛車「カウンタック」より全幅が狭いので、杉並区の路地でも問題なしだ。
東京・杉並区の大宮八幡宮をかすめつつ、首都高4号線の永福ランプへ向かった。半分だけ所有する愛車「カウンタック」より全幅が狭いので、杉並区の路地でも問題なしだ。拡大
ポルシェ タイカン の中古車

気分はまさに宇宙船!

今回の試乗の目的は2つ。ひとつは、フル加速をかまして小鳥さんのようにピィピィ泣くこと。もうひとつは電費アタックである。先日「ホンダe」で9.8km/kWhをたたき出して以来、私は電費アタックに燃えているのだ。

ますはフル加速だ。首都高の合流加速で、タイカンのアクセルを床まで踏み込んでみた。

「ひゅおおおおおおおお~~~~ん」

オレ:うひい! すごい加速だけど怖くな~い! クルマが地面に張り付いてる~!
サクライ:んでも、ちょこっとケツ振りましたよ。
オレ:ほんの一瞬でしょ。さすがポルシェのEVは重心の低さがすごいね! フル加速すると地面にめり込みそう!
サクライ:さすがはポルシェですね。

続いてポルシェ得意の「スポーツ+」モードにブチ込み全開を試したところ、スタートレックのような人工音が室内に響いて、気分はまさに宇宙船! 昭和なオッサン2人は、ついに宇宙へ旅立ったのだった。

タイカン ターボはあっという間に代々木PAに到着した(近いので)。せっかくなので充電体験をしようと思ったが、サクライ君が充電会員の暗証番号を忘れたので断念。おいおいッ。しょうがないので早々にPAを出発した。

ここから電費アタックである。エアコンをオフにしてシートヒーターを最小限使い、首都高の走行車線をゆっくり流す。

680PSを誇るタイカン ターボは、ゆっくり走ってもまるで宇宙船だった。具体的には旧ソ連のSF映画『惑星ソラリス』そのものである。この宇宙怪獣、果たしてどんぐらいの電費をたたき出すのか。

走行モードは「レンジ」、つまり節約モード。アクセルを離した時の回生ブレーキはゼロだ。ゴー・ストップの少ないドイツでは、このほうが節約になるのだろうか。たぶんきっとそうだろう。

タイカン ターボは、糸の切れたタコのように、首都高を滑走した。

首都高4号線の上りにある代々木PAに到着。今回の試乗車で選択されていた「バルカノグレーメタリック」の外装色と「サテンオーラムペイント」仕上げの「21インチミッションEデザイン」ホイールというコンビネーションは、地味ハデである。
首都高4号線の上りにある代々木PAに到着。今回の試乗車で選択されていた「バルカノグレーメタリック」の外装色と「サテンオーラムペイント」仕上げの「21インチミッションEデザイン」ホイールというコンビネーションは、地味ハデである。拡大
代々木PAで充電体験をしようと思ったが、サクライ君が充電会員の暗証番号を忘れたので断念。ちなみに「タイカン」の急速充電用充電ポートは左フロントフェンダーに設けられている。
代々木PAで充電体験をしようと思ったが、サクライ君が充電会員の暗証番号を忘れたので断念。ちなみに「タイカン」の急速充電用充電ポートは左フロントフェンダーに設けられている。拡大
代々木PAの充電用駐車スペースは、「タイカン」クラスだとパツパツ。急速充電器は30kW規格で、使用は一回20分に制限されている。写真は試乗後に再び同PAに立ち寄り、充電した際の様子。
代々木PAの充電用駐車スペースは、「タイカン」クラスだとパツパツ。急速充電器は30kW規格で、使用は一回20分に制限されている。写真は試乗後に再び同PAに立ち寄り、充電した際の様子。拡大
試乗当日は、いつもの辰巳PAが閉鎖中だったこともあり、首都高・都心環状線をドライブするルートに変更。電費アタックを行った。
試乗当日は、いつもの辰巳PAが閉鎖中だったこともあり、首都高・都心環状線をドライブするルートに変更。電費アタックを行った。拡大

実電費はどうか?

が、電費はあまり伸びない。6km/kWhになかなか届かない。空気抵抗は小さそうなので、ブッといタイヤやバカデカいモーターやクソ重いバッテリーによる抵抗か。まあこんな怪獣がホンダeに迫った日にゃ、ホンダさんの立つ瀬がないが。

オレ:サクライ君、6いかないね!
サクライ:それ、悪いんですか? 
オレ:オレもよくわかんないけど、あんまり良くはないよ!

最後に2kmほど工事渋滞にはまった。「プリウス」で渋滞にはまると、EVモードが多用されて燃費がむしろアップするが、タイカン ターボはアップしなかった。考えてみりゃプリウスの燃費は電費を無視しているが、EVのタイカンは渋滞でも何でも電気で走るので、電費はアップしないのだった。

わずか30kmほどのテストながら、タイカン ターボでケチケチ走っての電費は、5.7km/kWhと出た! WLTCモードによる満充電からの航続可能距離は450kmなので、カタログ電費は4.8km/kWh。5.7/kWh出れば上出来だろうか? このペースで東北道を北上すれば、仙台まで充電なしで楽勝である。ちなみに、フル加速を含む自宅から代々木PAまでの電費は、3.3km/kWhだった。

サクライ:タイカン ターボ、宇宙旅行みたいで面白かったですね。
オレ:うん、とっても楽しかった! ありがとう! じゃまたね。バハハ~イ。

こうして私はタイカン ターボから降りたが、サクライ君にはそれからタイヘンな作業が待っていた。充電である。

電費アタックでは、一定速度でケチケチ走るのが肝要。首都高・都心環状線の走行ペースは全体に遅めで、電費アタックには好都合だった。
電費アタックでは、一定速度でケチケチ走るのが肝要。首都高・都心環状線の走行ペースは全体に遅めで、電費アタックには好都合だった。拡大
トンネル内で「911 GT3」を発見。追走したいところだが、電費アタックを優先した。このあとわれわれの乗る「タイカン ターボ」は「アルピーヌA110」にもぶち抜かれた。
トンネル内で「911 GT3」を発見。追走したいところだが、電費アタックを優先した。このあとわれわれの乗る「タイカン ターボ」は「アルピーヌA110」にもぶち抜かれた。拡大
電費アタック中は、当然エアコンはオフ! ただし寒いので、シートヒーターだけは低温で作動させた。
電費アタック中は、当然エアコンはオフ! ただし寒いので、シートヒーターだけは低温で作動させた。拡大
わずか30kmほどのテストではあったが、「タイカン ターボ」での電費アタックの結果は5.7km/kWhとなった。上出来ではないか?
わずか30kmほどのテストではあったが、「タイカン ターボ」での電費アタックの結果は5.7km/kWhとなった。上出来ではないか?拡大

充電にはやっぱり時間がかかる

タイカン ターボのバッテリー容量は93.4kWhと、ホンダeの約3倍。試乗終了時点でのバッテリー残量は2割ほど。ポルシェジャパン様への返却時には、原則8割まで戻さねばならないという。以下はサクライ君の充電報告である。

<担当サクライのタイカン ターボ充電・車両返却時リポート>
突如、暗証番号を思い出したので(笑)、帰りに首都高速道路4号新宿線・代々木PAで充電してみました。この給電スタンドでは一回20分の充電が行えます。今回は充電時間19分で、利用電力量8.44kWh、料金は760円でした。どうやら“中速”と呼ばれる30kW規格のようです。しかも一回につき20分しか充電できないので、タイカン ターボではバッテリー容量に対して15%ぐらいしか残量が増えませんでした。この充電が完了した時点で、バッテリー残量は34%(ノーマルモードでの航続可能距離131km)と表示されました。

そのあと、急速充電設備のある自宅近くのガソリンスタンドで追加充電。こちらは50kW規格で、一回につき30分の充電が行えます。

1回目は充電時間30分で利用電力量22.97kWh、料金は1650円。2回目も充電時間30分で利用電力量は24.22kWh、料金は同じく1650円でした。

上記のように20分×1回と30分×2回の尺取り充電を行い、バッテリー容量の81%(同319km)まで回復。翌朝、返却時に首都高と一般道をあわせて11kmほど走行し、最終的に返却時のバッテリー残量は75%(同280km)でした。移動に使った6%は勘弁してもらいました。

ちなみにポルシェジャパンの駐車場には、今のところ200Vの普通充電設備しかなく(ただし同施設の一般時間貸しエリアには別途、有料急速充電器もアリ)、3時間つないで7%ぐらいしか充電できないとのことで、広報車担当スタッフの苦労がしのばれます。自動車メディア関係者におかれましては、ポルシェの広報車両にご試乗の際は感謝一礼をぜひ。

(文=清水草一/写真=清水草一、webCG/編集=櫻井健一)

「タイカン ターボ」の試乗後、サクライ君が帰宅途中にある近所のガソリンスタンドで充電を行ってくれた。ありがたや。
「タイカン ターボ」の試乗後、サクライ君が帰宅途中にある近所のガソリンスタンドで充電を行ってくれた。ありがたや。拡大
こちらのガソリンスタンドに設置されている急速充電器は50kW規格で、一回につき30分の充電が行えた。
こちらのガソリンスタンドに設置されている急速充電器は50kW規格で、一回につき30分の充電が行えた。拡大
3度目の充電作業で、目安とされているバッテリー容量の80%以上となる充電が完了。この時点で時計は23時25分を指していた。やはり充電は時間がかかるのである。
3度目の充電作業で、目安とされているバッテリー容量の80%以上となる充電が完了。この時点で時計は23時25分を指していた。やはり充電は時間がかかるのである。拡大
今回試乗した「タイカン ターボ」ではバッテリー残量81%で、ノーマルモードの航続可能距離は319kmだった。
今回試乗した「タイカン ターボ」ではバッテリー残量81%で、ノーマルモードの航続可能距離は319kmだった。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ タイカン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。