クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第200回:色即是空のカーマニア道

2021.02.15 カーマニア人間国宝への道

マイチェンで走りは変わったのか?

「ポルシェ・タイカン」だ「GRヤリス」だと、さまざまな超ど級マシンで夜の首都高に出撃している今日この頃だが、実は私は、もっと落ち着いた穏やかなクルマが好きである。バカでもわかる大パワーもいいが、本当はじわ~っと良さが伝わるようなシブ~いクルマが大好物なのである。

打ってつけのクルマに乗る機会がやってきた。マイナーチェンジを受けた「マツダ3ファストバック」の「15S」で、6段MT車だ。傑作との誉れ高いあのデザインに、最もショボい1.5リッター直4の「スカイアクティブG」を積み、トランスミッションは6段MT、タイヤは16インチ、お値段222万1389円(車両本体価格)。まさに良識のカタマリだ。これぞカーマニアにしかわからない色即是空の世界。

マツダ3といえば、1年半前の登場時は、期待が高すぎたせいでスカだった。マツダがあれだけ自信満々で送り出した割に、サスペンションがしなやかに動かず、路面の凹凸でポンポン跳ねて不快だった。今回のマイナーチェンジでは、そのあたりも改善されたという。

どんなもんかと思って走りだすと、おおっ、確かに改善されている! しとやかに走るぜ! じわ~っといいじゃないか! これならカーマニアとして合格点を出せる。

カチカチ決まる6段MTのフィーリングは、「ロードスター」よりも気持ちいいくらいである。エンジンはさすがに非力だが、よくできた6段MTを駆使し、乏しいパワーを有効に使うヨロコビもまたカーマニア的に奥深い。インテリアの質感も高く、安グルマに乗っている感覚はゼロ。これぞ真の貴族カーかもしれない。うむう、コイツで夜の首都高に出撃せずにおらりょうか。

最近ハイパワーな車両の試乗リポートが続いたが、今回首都高に連れ出したのはマイナーチェンジを受けた「マツダ3ファストバック15S」の6段MT車。1.5リッター直4の「スカイアクティブG」を搭載する同モデルの場合、FF車にのみMTが設定される。
最近ハイパワーな車両の試乗リポートが続いたが、今回首都高に連れ出したのはマイナーチェンジを受けた「マツダ3ファストバック15S」の6段MT車。1.5リッター直4の「スカイアクティブG」を搭載する同モデルの場合、FF車にのみMTが設定される。拡大
超高速のギアチェンジをかますオレ。最高出力111PSの1.5リッター直4エンジンにも6段MTを用意するあたり、マツダはカーマニアのことをわかってくれている。
超高速のギアチェンジをかますオレ。最高出力111PSの1.5リッター直4エンジンにも6段MTを用意するあたり、マツダはカーマニアのことをわかってくれている。拡大
首都高で試乗した「マツダ3ファストバック15S」。1.5リッター直4に6段MTを組み合わせ、タイヤは16インチでお値段222万1389円(車両本体価格)とは、まさに良識のカタマリである。
首都高で試乗した「マツダ3ファストバック15S」。1.5リッター直4に6段MTを組み合わせ、タイヤは16インチでお値段222万1389円(車両本体価格)とは、まさに良識のカタマリである。拡大
マツダ マツダ3ファストバック の中古車

首都高はマツダ祭りの様相

首都高に乗り入れると、さすが色即是空の15Sだけに、なんのドラマ性もない地味~ないいクルマ感が満点だ。1.5リッターのスカイアクティブGは、いかに6段MTを駆使したところで、どこから踏んでもスカスカだが、フツーに流すにはこれで十分。その晩はマニアックなクルマとの出会いもないままに、首都高・辰巳PAに到着した。

このクルマ、夜のモーターショー会場・辰巳PA的には非常にショボい部類に入るが、傑作デザインのオーラはすさまじく、むしろ真のカーマニア物件ここにあり! という空気感すら漂わせている。隣にポルシェやフェラーリが止まっても、気後れはしないだろう。さすが15Sの6MTだぜ!

帰路。淡々と走っていると、後方からカーマニアの気配がほのかに漂ってきた。

おおっ、あれは現行型ロードスター! しかも真冬のオープンだ! これぞカーマニアのかがみ!

私はロードスターが走る姿を眺めるため、ためらわず尾行した。

やはりロードスターは美しい。マツダ3も美しいがロードスターはもっと美しい。ああ、日本にロードスターがあってよかった。

江戸橋JCTでロードスターと別れ、今度こそ帰路につくべく淡々と走っていると、激しいヤル気をほとばしらせたマシンが迫ってきて、思わず道を譲る。

ブチ抜いていったマシンは、最後のロータリーといわれている「RX-8」~~~! うおおおお、今夜はマツダ祭りだぜ!

私は“エイト”を尾行すべく、1.5リッターのスカイアクティブGにムチをくれた。

さすがエイトはロードスターとはケタ外れのヤル気に満ち、尾行はなかなかに困難である。いかにクロウト受けの1.5リッタースカイアクティブGといえども、こういうシーンでは全域でのパワー/トルクの薄さがものすごいハンデ! シフトダウンしようが何をしようが全域で遅い! うおおおお、夜の首都高では遅すぎるぜ、マツダ3の15S 6MTよ!

エイトに引き離されつつ、最後は「アバルト595」にブチ抜かれて戦線離脱。さすがに色即是空すぎたか……。もっとパワーを!

「マツダ3ファストバック15S」の試乗中に首都高で出会った「ロードスター」。マツダ3も美しいが、ロードスターはもっと美しい。しばしその後ろ姿にうっとり。
「マツダ3ファストバック15S」の試乗中に首都高で出会った「ロードスター」。マツダ3も美しいが、ロードスターはもっと美しい。しばしその後ろ姿にうっとり。拡大
続いて「マツダRX-8」にもぶち抜かれる。と同時に追尾を試みたが、さすがに111PSの「マツダ3ファストバック15S」ではまったく歯が立たない。
続いて「マツダRX-8」にもぶち抜かれる。と同時に追尾を試みたが、さすがに111PSの「マツダ3ファストバック15S」ではまったく歯が立たない。拡大
「RX-8」を追走するように登場した「アバルト595」。このあと2台のイエローのマシンは、スポーティーなエキゾーストノートを残し、首都高の曲がりくねったカーブの先へと消えていった。
「RX-8」を追走するように登場した「アバルト595」。このあと2台のイエローのマシンは、スポーティーなエキゾーストノートを残し、首都高の曲がりくねったカーブの先へと消えていった。拡大

ベストなマツダ3は?

数日後。私はマツダ3のマイナーチェンジモデル試乗会に参加すべく、横浜へ向かった。

そこには、1.8リッターディーゼルおよび2リッター「スカイアクティブX」の、新旧(マイチェン前と後)マツダ3が用意されていた。同時に乗り比べてその違いをご体感くださいという、いかにもマツダらしいこだわりである。

ディーゼルもXも、改良により微妙にエンジンフィールが向上していたが、私が衝撃を受けたのはそこではなく、足まわりだった。なんと新旧、ほとんど違いがなかったのだ!

つまり、1年半前に「ポンポン跳ねて不快」と感じたクルマ(同じ個体)の足まわりが、走行約1万km前後ですっかりなじみ、改善されたはずの新型(走行1000km台)と、ほぼ変わらなくなっていた!

「そういうことだったのか~~!」

ロードスターをはじめ、最近のマツダ車に感じていた足まわりの突っ張り感は、新車ゆえのもので、1万kmも走れば別の印象になるらしい。

マイチェンされたマツダ3は、その初期の当たりのキツさ含めて乗り味を改善すべく、全グレードのサスペンションに手が入れられた。フロントサスは、スプリングとバンプストッパーの特性変更に加え、ダンパーも減衰特性を変更。リアサスも、ダンパーの特性変更が行われたという。

目で見てわかりやすい変更はバンプストッパーということで、画像を見せてもらったが、ゴムの溝が2つから3つに増えて、見るからにちょっとだけ当たりが優しそう~! ただし、「形だけでなく、素材も変化しているので、見た目の違い=特性ではないことをご留意いただければ幸いです」とのこと。そこまでこだわって説明するマツダ開発陣のマニアックさに脱帽するしかない。

結局、マツダ3のベストな選択は、マイチェンを受けた「XD」(1.8リッターディーゼル)の6段ATだなと思いました。応答性の良くなったディーゼルターボなら、エイトに軽くちぎられることもあるまいて。

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

「マツダ3」のマイナーチェンジモデル試乗会に参加。「スカイアクティブX」を搭載したマイチェン前とマイチェン後モデルの比較試乗が行えた。
「マツダ3」のマイナーチェンジモデル試乗会に参加。「スカイアクティブX」を搭載したマイチェン前とマイチェン後モデルの比較試乗が行えた。拡大
「マツダ3」のバンプストッパー。右が従来モデルに使用されていた溝が2つのタイプ、左がマイナーチェンジ後の最新モデル用で溝が3つのタイプとなる。今回のマイナーチェンジでは初期の当たりのキツさ含め乗り味を改善すべく、全グレードのサスペンションに手が入れられた。
「マツダ3」のバンプストッパー。右が従来モデルに使用されていた溝が2つのタイプ、左がマイナーチェンジ後の最新モデル用で溝が3つのタイプとなる。今回のマイナーチェンジでは初期の当たりのキツさ含め乗り味を改善すべく、全グレードのサスペンションに手が入れられた。拡大
「マツダ3」のマイナーチェンジモデルでは、最高出力130PSの1.8リッター直4ディーゼルターボを搭載する「XD」の6段AT車がベストという結論に達した。これなら首都高でも勝負できそうだ。
「マツダ3」のマイナーチェンジモデルでは、最高出力130PSの1.8リッター直4ディーゼルターボを搭載する「XD」の6段AT車がベストという結論に達した。これなら首都高でも勝負できそうだ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ マツダ3ファストバック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。