マクラーレン720Sスパイダー(前編)

2021.02.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、F1マシン譲りのテクノロジーが注ぎ込まれた「マクラーレン720Sスパイダー」。最高出力720PSの4リッターV8ツインターボを搭載する、オープンスーパースポーツの印象は?

これは本当にすごい

「ディヘドラルドア」と呼ばれる上方にひらくドアを開け、満面の笑みとともにマクラーレン720Sスパイダーから降りてきた池沢早人師先生。ここであえて紹介するまでもなく、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーでもある。

これまでの愛車はフェラーリやランボルギーニといったスーパースポーツから、ポルシェやマセラティ、ロータス、ランチア、AMG、アルピナと70台を優に超える。そのベテランの顔には「気持ち良かった!」と書いてあるような気がした。

すいぶん楽しまれた様子がうかがえますが、気のせいでしょうか?
「やはりわかりますか(笑)。いやこれはなんというか、もう本当にすごいですね。実に気持ち良かったですよ! このクルマはモデル名のとおり、エンジン(の最高出力)は720PSなのかな?」

えーと、そうですね。リアミドに搭載されるのは、最高出力720PS/7500rpmで最大トルクは770N・m/5500-6500rpmの4リッターV8ツインターボエンジンです。
「コーナー立ち上がりの速さは、とてつもないですね。720PSですか。確かに(パワーを)実感しますよ。ただちょっと言うと」

何でしょうか。
「ブレーキ(ペダルのタッチ)がちょっと硬いかなというか、初期制動力が想像していたものよりも少し弱いかな? と思いました。あとは相性の問題だと思うのですが、シートですね」

ではまず、720Sスパイダーはカーボンセラミックディスクブレーキが標準装備のアイテムですが、「ブレーキが硬い」というのは具体的にはどういうことですか?

「マクラーレン720Sスパイダー」は車名の由来ともなった最高出力720PS、最大トルク770N・mの4リッターV8ツインターボをリアミドに搭載。カーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップ(RHT)を採用し、オープン/クローズの動作は11秒で完了する。
「マクラーレン720Sスパイダー」は車名の由来ともなった最高出力720PS、最大トルク770N・mの4リッターV8ツインターボをリアミドに搭載。カーボンファイバー製のリトラクタブルハードトップ(RHT)を採用し、オープン/クローズの動作は11秒で完了する。拡大
「720Sスパイダー」の車重は、オープンボディーを採用するにもかかわらず、クーペの「720S」比でわずか49kgの重量増という1468kg(DIN)に抑えられている。
「720Sスパイダー」の車重は、オープンボディーを採用するにもかかわらず、クーペの「720S」比でわずか49kgの重量増という1468kg(DIN)に抑えられている。拡大
【マクラーレン720Sスパイダー】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4543×1930×1196mm/ホイールベース:2670mm/車重:1468kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:720PS(537kW)/7500rpm/最大トルク:770N・m(78.5kgf・m)/5500-6500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y/(後)305/30ZR20 103Y(ピレリPゼロ コルサ)/燃費:--km/リッター/価格:1358万5000円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:294.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:53.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.5km/リッター(満タン法)/5.6km/リッター(車載燃費計計測値)
【マクラーレン720Sスパイダー】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4543×1930×1196mm/ホイールベース:2670mm/車重:1468kg(DIN)/駆動方式:MR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:720PS(537kW)/7500rpm/最大トルク:770N・m(78.5kgf・m)/5500-6500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y/(後)305/30ZR20 103Y(ピレリPゼロ コルサ)/燃費:--km/リッター/価格:1358万5000円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:294.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:53.1リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.5km/リッター(満タン法)/5.6km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • 新型「メルセデス・ベンツCクラス」登場 電動化と運転支援をさらに追求 2021.2.24 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年2月23日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツCクラス」の概要を発表した。欧州では同年3月30日に受注開始、同年夏にデリバリーが始められる見込み。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2021.2.26 試乗記 ランドローバーが擁するプレミアムSUV製品群の「レンジローバー」シリーズ。その中にあって最もコンパクトなモデルが「レンジローバー イヴォーク」だ。東京から雪の群馬・嬬恋へのドライブを通し、そのボディーに凝縮されたレンジローバーの魅力に触れた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
ホームへ戻る