第95回:進取と果断のアルマン・プジョー
“世界最古の自動車メーカー”誕生秘話

2021.03.03 自動車ヒストリー 最初期に誕生した自動車メーカーであり、自動車史に大きな足跡を残してきたプジョー。フランスを代表する自動車メーカーのひとつに数えられる同社の歴史を、創業者アルマン・プジョーのエピソードとともに振り返る。

コーヒーミルから自転車へ

プジョーのルーツは、フランス中部東端のモンベリアールにある。スイス国境近くに位置する山あいの静かな町で、プジョー家は15世紀から農業を営んでいた。18世紀になると軽工業に進出し、織物や染物などを生産するようになる。転機が訪れたのは1810年のこと。ジャン・ピエール・プジョー2世が冷間圧延工法の製鉄に成功する。工具や時計用スプリング、コーヒーミルやペッパーミル、コルセットまでさまざまな鉄製品を製造するようになり、家業は大きく発展していった。プジョーのコーヒーミルは現在でも製造されていて、品質の高さには定評がある。

蓄積された技術力を生かしてさらに業態を広げたのが、アルマン・プジョーだった。1849年生まれで、ジャン・ピエールの孫にあたる。彼はイギリスに留学していた時、街を走っていた自転車を目の当たりにして衝撃を受けた。当時最先端の工業製品に将来性を見いだしたのである。プジョー社の新たな製品としてふさわしいのが自転車だと考えたのだ。

1871年に帰国すると、アルマンは自転車の製造を提案する。しかし、フランスではまだ自転車についての情報が乏しかった。父のエミールは理解を示したものの、直後に病に倒れて世を去ってしまう。代わりに社長に就任した叔父のジュールは、これまでどおり家庭用品をつくっていればいいという考えだった。リスクを冒すことを恐れたのである。アルマンは孤立し、提案は拒絶されてしまう。

時代の先を見通していたのは、アルマンだった。イギリスから自転車が輸入されるようになると、フランスでも瞬く間に人気となったのだ。ようやく参入が決まり、アルマン主導のもとに自転車の開発が進められた。プジョーが培ってきた技術を応用すれば、高品質なワイヤーホイールの製造が可能だ。1885年に初の製品を送り出すと大人気となる。生産体制を整えて大量生産を始めたプジョーは、フランス屈指の大企業へと成長していった。

アルマン・プジョー(1849-1915)
プジョーにおいて自転車、自動車の生産を主導し、同社を今日に続く大メーカーへと成長させた。
アルマン・プジョー(1849-1915)
	プジョーにおいて自転車、自動車の生産を主導し、同社を今日に続く大メーカーへと成長させた。拡大
モンベリアールの農家だったプジョー家は、18世紀より軽工業に進出。19世紀に入ると製鉄や金属製品の製造などに手を伸ばし、事業を拡大していった。
モンベリアールの農家だったプジョー家は、18世紀より軽工業に進出。19世紀に入ると製鉄や金属製品の製造などに手を伸ばし、事業を拡大していった。拡大
1872年に使われていたライオンマーク。プジョーは自動車メーカーとなる前からライオンをモチーフにしたマークを使用。1858年には商標登録している。
1872年に使われていたライオンマーク。プジョーは自動車メーカーとなる前からライオンをモチーフにしたマークを使用。1858年には商標登録している。拡大
「Grand Bi」と呼ばれる、プジョーが19世紀に生産した自転車。「ペニー・ファージング」型と呼ばれるこの自転車は、巨大な前輪に取り付けられたペダルを直接こぐ仕組みだった。
「Grand Bi」と呼ばれる、プジョーが19世紀に生産した自転車。「ペニー・ファージング」型と呼ばれるこの自転車は、巨大な前輪に取り付けられたペダルを直接こぐ仕組みだった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事