クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第95回:進取と果断のアルマン・プジョー
“世界最古の自動車メーカー”誕生秘話

2021.03.03 自動車ヒストリー 最初期に誕生した自動車メーカーであり、自動車史に大きな足跡を残してきたプジョー。フランスを代表する自動車メーカーのひとつに数えられる同社の歴史を、創業者アルマン・プジョーのエピソードとともに振り返る。

コーヒーミルから自転車へ

プジョーのルーツは、フランス中部東端のモンベリアールにある。スイス国境近くに位置する山あいの静かな町で、プジョー家は15世紀から農業を営んでいた。18世紀になると軽工業に進出し、織物や染物などを生産するようになる。転機が訪れたのは1810年のこと。ジャン・ピエール・プジョー2世が冷間圧延工法の製鉄に成功する。工具や時計用スプリング、コーヒーミルやペッパーミル、コルセットまでさまざまな鉄製品を製造するようになり、家業は大きく発展していった。プジョーのコーヒーミルは現在でも製造されていて、品質の高さには定評がある。

蓄積された技術力を生かしてさらに業態を広げたのが、アルマン・プジョーだった。1849年生まれで、ジャン・ピエールの孫にあたる。彼はイギリスに留学していた時、街を走っていた自転車を目の当たりにして衝撃を受けた。当時最先端の工業製品に将来性を見いだしたのである。プジョー社の新たな製品としてふさわしいのが自転車だと考えたのだ。

1871年に帰国すると、アルマンは自転車の製造を提案する。しかし、フランスではまだ自転車についての情報が乏しかった。父のエミールは理解を示したものの、直後に病に倒れて世を去ってしまう。代わりに社長に就任した叔父のジュールは、これまでどおり家庭用品をつくっていればいいという考えだった。リスクを冒すことを恐れたのである。アルマンは孤立し、提案は拒絶されてしまう。

時代の先を見通していたのは、アルマンだった。イギリスから自転車が輸入されるようになると、フランスでも瞬く間に人気となったのだ。ようやく参入が決まり、アルマン主導のもとに自転車の開発が進められた。プジョーが培ってきた技術を応用すれば、高品質なワイヤーホイールの製造が可能だ。1885年に初の製品を送り出すと大人気となる。生産体制を整えて大量生産を始めたプジョーは、フランス屈指の大企業へと成長していった。

アルマン・プジョー(1849-1915)
プジョーにおいて自転車、自動車の生産を主導し、同社を今日に続く大メーカーへと成長させた。
アルマン・プジョー(1849-1915)
	プジョーにおいて自転車、自動車の生産を主導し、同社を今日に続く大メーカーへと成長させた。拡大
モンベリアールの農家だったプジョー家は、18世紀より軽工業に進出。19世紀に入ると製鉄や金属製品の製造などに手を伸ばし、事業を拡大していった。
モンベリアールの農家だったプジョー家は、18世紀より軽工業に進出。19世紀に入ると製鉄や金属製品の製造などに手を伸ばし、事業を拡大していった。拡大
1872年に使われていたライオンマーク。プジョーは自動車メーカーとなる前からライオンをモチーフにしたマークを使用。1858年には商標登録している。
1872年に使われていたライオンマーク。プジョーは自動車メーカーとなる前からライオンをモチーフにしたマークを使用。1858年には商標登録している。拡大
「Grand Bi」と呼ばれる、プジョーが19世紀に生産した自転車。「ペニー・ファージング」型と呼ばれるこの自転車は、巨大な前輪に取り付けられたペダルを直接こぐ仕組みだった。
「Grand Bi」と呼ばれる、プジョーが19世紀に生産した自転車。「ペニー・ファージング」型と呼ばれるこの自転車は、巨大な前輪に取り付けられたペダルを直接こぐ仕組みだった。拡大

蒸気自動車で失敗しガソリン車に目を向ける

最初は高価だった自転車も量産効果で価格が下がり、庶民の足として普及していく。プジョーの前途は洋々たるものに見えたが、アルマンだけは将来に不安を感じていた。自転車が移動の主役である時代は長くはない。次の段階に進まなければ、会社は早晩行き詰まるだろう。彼は新しい製品の開発に取り組むことを決意した。自動車事業への進出である。

当時はまだ自動車産業の先行きは不透明だった。カール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーによってガソリン自動車がつくられていたものの、まだ実用的な乗り物とはなっていない。自動車のパワーユニットとして電気や蒸気も有力だと考えられており、主導権をめぐって開発競争が行われていた。アルマンは、レオン・セルポレという技術者が製作したフラッシュボイラーに注目した。瞬間的に超高圧過熱蒸気をつくり出すことができる装置で、小型の自動車に合っていると考えたのである。

自転車製造の技術を応用すれば、鋼管でフレームをつくることができる。1889年、アルマンは「プジョー・セルポレ」と呼ばれる蒸気自動車をつくり上げた。後方にフラッシュボイラーと2気筒スチームエンジンを搭載した三輪車である。翌年の1月、アルマンは自信満々でテスト走行に臨んだ。セルポレのボイラーは好調で、三輪車はゆっくりと走り始める。しかし、鋼管フレームは蒸気機関の重さに耐えきれず、走行中にあらゆるパーツが壊れていった。

ブレーキが利かなくなり、フロントフォークやリアアクスルが破断。路上で修繕を繰り返しながら走り続けた結果、約500kmのテストランを終えるとプジョー・セルポレは130kgも重くなっていたという。手痛い失敗でアルマンは蒸気機関に見切りをつける。ちょうどその頃、フランスではパナール・エ・ルヴァソールがダイムラーからライセンスを得てガソリンエンジンの製造を始めていた。アルマンは、以前から交流のあったエミール・ルヴァソールにエンジンの提供を願い出る。シャシー技術を持たなかった当時のパナール・エ・ルヴァソールにとっても渡りに舟の話で、エンジン提供の契約が成立した。

カール・ベンツと並び、世界で初めてガソリン自動車をつくったとされるゴットリープ・ダイムラー。パナール・エ・ルヴァソールにエンジンの製造権を供与していた。
カール・ベンツと並び、世界で初めてガソリン自動車をつくったとされるゴットリープ・ダイムラー。パナール・エ・ルヴァソールにエンジンの製造権を供与していた。拡大
自動車の黎明(れいめい)期には、電動モーターとガソリンエンジン、スチームエンジンの間で、パワーユニットの主導権争いが繰り広げられていた。フェルディナント・ポルシェが初めて設計したとされる「エッガー・ローナーC2フェートン」(1898年)も、電気自動車だった。
自動車の黎明(れいめい)期には、電動モーターとガソリンエンジン、スチームエンジンの間で、パワーユニットの主導権争いが繰り広げられていた。フェルディナント・ポルシェが初めて設計したとされる「エッガー・ローナーC2フェートン」(1898年)も、電気自動車だった。拡大
1889年に製作された「プジョー・セルポレ」。リアにスチームエンジンを搭載した蒸気自動車だったが、フレームがその重さに耐えきれず、実用にはならなかった。
1889年に製作された「プジョー・セルポレ」。リアにスチームエンジンを搭載した蒸気自動車だったが、フレームがその重さに耐えきれず、実用にはならなかった。拡大
フランスの発明家であるエミール・ルヴァソール。ルネ・パナールとともにパナール・エ・ルヴァソールを創設し、自動車の開発と普及に努めた。
フランスの発明家であるエミール・ルヴァソール。ルネ・パナールとともにパナール・エ・ルヴァソールを創設し、自動車の開発と普及に努めた。拡大

世界初のモータースポーツイベントで優勝

アルマンは早速ガソリン自動車製作に取りかかった。蒸気自動車の経験があったことで、開発は順調に進む。短期間で鋼管フレームの四輪車「クアドリシクル」をつくり上げた。ドライバーズシートの下に、パナール・エ・ルヴァソール製のダイムラー式Vツイン565ccエンジンを搭載する。蒸気機関よりはるかに軽量で、今度は壊れる心配はない。

出力はわずか2馬力だったが、車重400kgの車体を18km/hで走らせることができた。アルマンは試作車の仕上がりに満足し、エンジンを追加発注する。同じモデルが4台製作されたので、クアドリシクルの生産台数は5台ということだ。当時ダイムラーやベンツでは、まだワンオフモデルしかつくられていなかった。同一モデルを複数生産したプジョーは、“世界最古の自動車メーカー”とされている。

プジョーでは「ヴィザヴィ」「フェートン」「ヴィクトリア」などさまざまなボディータイプの自動車を製造するようになる。1891年には自転車レースでヴィザヴィが伴走車を務め、1200kmを走り抜いた。自動車の耐久性が証明されたことで、自動車レース開催の機運が高まる。1894年に世界初のモータースポーツイベントであるパリ-ルーアン・トライアルが開催され、プジョーは優勝を果たしたのだ。

1893年は24台だった生産台数は、翌年には40台、翌々年には72台と順調に規模を拡大していく。アルマンは自動車事業の成功を確信していたが、叔父のジュールの考えは違った。アルマンが独断で自動車開発を進めていることを苦々しく思っており、将来性にも疑問を抱いていた。アルマンは思いどおりに事業を進めるため、独立を決意する。1896年にオートモビル・プジョーを設立し、工場を新設して2座クーペから12人乗りのバスまでさまざまな種類のクルマを生産した。

事業拡大のためには、解決しなければならない問題があった。この時点でも、エンジンはライバルでもあるダイムラーとパナール・エ・ルヴァソールに頼っていたのである。アルマンは独自開発を指示し、独立した年に発表した「タイプ14」には初めて自社製のエンジンが搭載された。1645ccの水平対向2気筒エンジンである。

1890年にプジョーが製作した「クアドリシクル」こと「タイプ2」。世界初の複数生産モデルとなった。
1890年にプジョーが製作した「クアドリシクル」こと「タイプ2」。世界初の複数生産モデルとなった。拡大
1894年に開催されたパリ-ルーアン・トライアルは、レースではなく「安全で操縦しやすく、走行経費の少ないクルマを探す」イベントとして開催。1着は蒸気自動車のド・ディオン・ブートンだったが、ドライバーのほかに釜炊き要員が必要だったことから2位に落とされ、2着のプジョー(写真)と3着のパナール・エ・ルヴァソールが優勝とされた。
1894年に開催されたパリ-ルーアン・トライアルは、レースではなく「安全で操縦しやすく、走行経費の少ないクルマを探す」イベントとして開催。1着は蒸気自動車のド・ディオン・ブートンだったが、ドライバーのほかに釜炊き要員が必要だったことから2位に落とされ、2着のプジョー(写真)と3着のパナール・エ・ルヴァソールが優勝とされた。拡大
アルマン・プジョーは1896年に「プジョー兄弟の息子たちの会社(Les Fils de Peugeot Freres)」から独立し、オートモビル・プジョーを設立する。翌年には念願の自社製エンジンを完成させるとともに、オダンクールに初めての自動車工場を設立。1898年にはリールに第2工場を建てるなど、順調に事業を拡大していった。写真は1901年製「タイプ36」。
アルマン・プジョーは1896年に「プジョー兄弟の息子たちの会社(Les Fils de Peugeot Freres)」から独立し、オートモビル・プジョーを設立する。翌年には念願の自社製エンジンを完成させるとともに、オダンクールに初めての自動車工場を設立。1898年にはリールに第2工場を建てるなど、順調に事業を拡大していった。写真は1901年製「タイプ36」。拡大

2台の「ベベ」が導いた成功への道

初のヒット作となったのは、1904年に発表された「ベベ」である。赤ちゃんを意味する名を持つのは、ホイールベースがわずか1665mmの小さなオープン2シーターだったからだ。652ccの単気筒エンジンに3段トランスミッションを組み合わせ、40km/h以上のスピードで走ったという。ラック・アンド・ピニオンのステアリングを採用する先進性もあり、初年度だけで400台を販売している。

自動車の時代が到来したことは明らかだった。アルマンが去った後も、本家のプジョーは自転車をつくり続けていたが、彼の成功を見て1906年から自動車の製造を始める。オートモビル・プジョーと混同されないよう、リオン・プジョーという名で販売したが、思ったような業績はあげられなかった。1910年にアルマンの会社に合併されることになり、プジョー家が合同して事業を行う運びとなる。

リオン・プジョーの工場はその後も独自モデルの生産を続け、1913年に戦前最大の成功作を生み出す。新型ベベである。設計したのは、エットーレ・ブガッティ。ホイールベースは1600mmで、855ccの直列4気筒エンジンを搭載していた。プロペラシャフトを二重構造にし、内外のギアを操作して変速するというユニークな技術を採用していた。2座オープンで最高速度は60km/hだったが、経済性の高さで人気を博す。第1次世界大戦で民生用モデルの生産が中止されるまでに3095台が生産された。

プジョーは1976年にシトロエンを傘下に収め、グループPSAが誕生した。2014年にシトロエンから独立したDSも加わり、2017年にゼネラルモーターズからオペルとボクスホールを譲渡される。2021年1月にはフィアット・クライスラー・オートモービルズと合併し、ステランティスとなって新たな道を歩み始めた。

巨大な多国籍企業の一員となった今も、プジョーは固有の理念を持つ独立した自動車会社であり続けている。2021年2月25日に発表された新しいブランドロゴは、「“time”and living in the moment.」というコンセプトを表現しているという。そこには、家庭用品の製造から世界で最初期に企業として自動車生産を始めるに至ったプジョーの哲学が込められている。すべては、アルマンが発揮した進取の精神から始まったのだ。

(文=webCG/イラスト=日野浦剛)

1904年に登場した「プジョー・タイプ69」。画期的な設計の小型車で、「ベベ(赤ちゃん)」の愛称で親しまれた。
1904年に登場した「プジョー・タイプ69」。画期的な設計の小型車で、「ベベ(赤ちゃん)」の愛称で親しまれた。拡大
アルマンが興したオートモビル・プジョーの成功を見て、本家のプジョーも自動車の製造に乗り出すが、事業を軌道に乗せることはできず、1910年にオートモビル・プジョーに吸収された。写真は1909年製「リオン・プジョー」。
アルマンが興したオートモビル・プジョーの成功を見て、本家のプジョーも自動車の製造に乗り出すが、事業を軌道に乗せることはできず、1910年にオートモビル・プジョーに吸収された。写真は1909年製「リオン・プジョー」。拡大
1913年に登場した新型「ベベ」こと「タイプBE1」。初代のコンセプトを受け継いだ経済的な大衆車だった。
1913年に登場した新型「ベベ」こと「タイプBE1」。初代のコンセプトを受け継いだ経済的な大衆車だった。拡大
1921年には「タイプ161」、通称「クアドリレット」を発表。「シトロエン5CV」ともども、戦前のフランスにおける大衆車の決定版となった。
1921年には「タイプ161」、通称「クアドリレット」を発表。「シトロエン5CV」ともども、戦前のフランスにおける大衆車の決定版となった。拡大
2021年2月25日に発表された、新しいブランドロゴ。
2021年2月25日に発表された、新しいブランドロゴ。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

プジョー の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。