第44回:蒸気と電気――ガソリン自動車前史
進化を生んだエネルギーの覇権争い

2019.03.07 自動車ヒストリー 史上初めて100km/hを超えたクルマは、電気自動車だった――。自動車黎明(れいめい)期に繰り広げられた、蒸気機関と電気と内燃機関の主導権争い。先行していたはずの蒸気と電気はなぜ衰退し、いかにして内燃機関は勝ち残ったのか? エネルギー覇権争いの歴史を振り返る。

世界初の自動車は蒸気で動いた

2010年、フランスのムーズ県ヴォワ=ヴァコンに巨大な蒸気自動車が現れた。釜にまきをくべ、黒煙と白い蒸気を盛大にたなびかせながら、ゆっくりと巨体を前進させる。世界初の自動車とされている「キュニョーの砲車」のレプリカである。設計したニコラ=ジョゼフ・キュニョーの故郷で、240年ぶりに動く姿を見せたのだ。初めて披露されたのは1769年のこと。日本では江戸時代後期にあたり、田沼意次の改革が始まろうとしていた頃だ。

フランスはルイ15世の治世下で7年戦争に敗北し、軍事力強化が喫緊の課題となっていた。馬に頼っていた移動の手段を最新技術の蒸気動力で代替することにより、圧倒的な優位を得ることができると考えたのは自然なことだろう。大砲を運搬する車両の設計を託されたのが、軍事技術者のキュニョーだった。キュニョーの砲車とは、キュニョーが作った大砲けん引車という意味である。

蒸気を動力として使うことは、すでに古代ローマの時代に数学者ヘロンによって考案されている。蒸気の噴射によって直接回転力を得る方式だったが、実用化されることはなかったようだ。今日に通じる蒸気機関の研究は、17世紀の終わり頃からドニ・パパン、トーマス・ニューコメンらによって進められ、揚水ポンプとして利用されるようになっていた。キュニョーはこれを車両の移動に利用しようと考えたのだ。まずは2分の1サイズの試作車が1769年に作られ、翌年になって実際に大砲を載せることのできる2号車が完成した。

定置式で使用する前提で作られているので、当時の蒸気機関は巨大だった。キュニョーの砲車でも、容積50リッターほどのボイラーと直径30センチを超える2本のシリンダーが異様な存在感を放っている。リア2輪、フロント1輪の三輪車で、機関部は前輪の前に据え付けられていた。ピストンの往復運動を前輪に備えられたラチェットで回転運動に変換する方式で、駆動方式はFFだったということになる。

18世紀に登場した「キュニョーの砲車」。世界初の“自動車”とされているが、動力機関、操舵装置、制動装置ともに不完全で、実用には至らなかった。(写真=トヨタ博物館)
18世紀に登場した「キュニョーの砲車」。世界初の“自動車”とされているが、動力機関、操舵装置、制動装置ともに不完全で、実用には至らなかった。(写真=トヨタ博物館)拡大
紀元1世紀頃に活躍したアレクサンドリアの数学者、ヘロンが考案した蒸気機関。釜で水を熱してできた蒸気をパイプで上の球体まで送り、蒸気の噴射によって球体を回転させ、動力を得るという発想だった。
紀元1世紀頃に活躍したアレクサンドリアの数学者、ヘロンが考案した蒸気機関。釜で水を熱してできた蒸気をパイプで上の球体まで送り、蒸気の噴射によって球体を回転させ、動力を得るという発想だった。拡大
イギリスの発明家、トーマス・ニューコメンが考案した蒸気機関。蒸気が冷却される際の負圧でピストンを吸引する仕組みで、主に鉱山の排水用ポンプとして使われた
イギリスの発明家、トーマス・ニューコメンが考案した蒸気機関。蒸気が冷却される際の負圧でピストンを吸引する仕組みで、主に鉱山の排水用ポンプとして使われた拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事