第202回:コーヒーよりシャシーがウマイ!

2021.03.15 カーマニア人間国宝への道

ドイツ御三家を超えたか?

北米にて、「レクサスIS」に最高出力472PSの5リッターV8エンジンを搭載した「IS500 Fスポーツ パフォーマンス」が追加されたという。このカーボンフリーの時流の中、実にアッパレな仕儀である。

なにしろビッグマイナーチェンジを受けたレクサスISは、ドイツ御三家を超えている。メルセデスの「Cクラス」もBMWの「3シリーズ」も、そしてアウディの「A4」も超えた! シャシーの質感ではISがクラスナンバー1! である気がする。5リッターV8を積めば、「BMW M3」も超えられる! たぶん。

ただ、私が乗ったのは、今のところ「IS300h」のみ。アクセルレスポンスが眠いトヨタ・ハイブリッドシステムのハンデをものともせず、シャシー性能でドイツ御三家を超えた! と思わせたのだ。つまり、内燃エンジン(ICE)車ならもっといいはず! である。

同業のナベちゃん(渡辺敏史氏)に尋ねると、「さすがにそこまでは……」とのことであったが、私は「超えた!」と言いたい。いや、言わせてくれ!

われわれカーマニアは、心の中でレクサスをナメていた。私もナメていた。ナメ切っていた。ISなんて値段ばっかり高くて何が面白いのかと思っていた。IS買うより中古の3シリーズのほうが300倍はイイ! と確信していた。

しかし、ビッグマイナーチェンジを受けたISは、突如としてドイツ御三家を超えた。そして5リッターV8自然吸気も積む。まさに日本男児の壮挙である。

今回は「レクサスIS300“Fスポーツ”」で夜の首都高に出撃。試乗車は2020年11月に登場したマイナーチェンジモデルで、内外装デザインはもちろんのこと、シャシーやパワートレインのセッティングにまで手が加えられている。
今回は「レクサスIS300“Fスポーツ”」で夜の首都高に出撃。試乗車は2020年11月に登場したマイナーチェンジモデルで、内外装デザインはもちろんのこと、シャシーやパワートレインのセッティングにまで手が加えられている。拡大
新しく自宅ガレージに収まった“俺のナロー”こと「ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ」と、一晩だけの愛車(試乗車)「レクサスIS300“Fスポーツ”」のツーショット。
新しく自宅ガレージに収まった“俺のナロー”こと「ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ」と、一晩だけの愛車(試乗車)「レクサスIS300“Fスポーツ”」のツーショット。拡大
ダッシュボードを中心に、インテリアデザインも変更されている。センターコンソールのディスプレイは新たにタッチスクリーン式となった。
ダッシュボードを中心に、インテリアデザインも変更されている。センターコンソールのディスプレイは新たにタッチスクリーン式となった。拡大
緩やかな弧を描くようにデザインされたトランクリッドも最新モデルの特徴。このシャープなプレスラインは、トヨタが開発した特許出願中の「寄絞り(よせしぼり)工法」によるものだという。
緩やかな弧を描くようにデザインされたトランクリッドも最新モデルの特徴。このシャープなプレスラインは、トヨタが開発した特許出願中の「寄絞り(よせしぼり)工法」によるものだという。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

レクサス IS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
ホームへ戻る