第643回:ロングツーリングも安心・快適 ドゥカティが実現した“バイク初”の運転支援システムを試す

2021.03.26 エディターから一言
世界初の二輪車用先進運転支援システム(ARAS)が搭載された「ドゥカティ・ムルティストラーダV4」。
世界初の二輪車用先進運転支援システム(ARAS)が搭載された「ドゥカティ・ムルティストラーダV4」。拡大

イタリアのドゥカティが、ボッシュと共同で二輪車初の先進運転支援システムを実用化! バイクでのアダプティブ・クルーズ・コントロールは、ライダーにどのような体験をもたらすのか? 四輪車のそれとはどこが違うのか? 実際に使用して確かめた。

「ムルティストラーダV4」はドゥカティのアドベンチャーツアラーの最新モデル。2020年11月に正式発表された。
「ムルティストラーダV4」はドゥカティのアドベンチャーツアラーの最新モデル。2020年11月に正式発表された。拡大
本国仕様にはシンプルな装備のエントリーグレードも存在するが、日本へはARASが標準装備となる「V4 S」「V4 Sスポーツ」のみが導入される。
本国仕様にはシンプルな装備のエントリーグレードも存在するが、日本へはARASが標準装備となる「V4 S」「V4 Sスポーツ」のみが導入される。拡大
ACCとは、車両が自動で加減速を行い、前走車がいなければライダーが設定した車速での定速走行を、設定速度以下で走る前走車がいれば、前走車に対して追従走行を行う運転支援システムである。
ACCとは、車両が自動で加減速を行い、前走車がいなければライダーが設定した車速での定速走行を、設定速度以下で走る前走車がいれば、前走車に対して追従走行を行う運転支援システムである。拡大
フロントに装備されるボッシュ製の中距離レーダーセンサー。周波数レンジ77GHzのミリ波レーダーである。
フロントに装備されるボッシュ製の中距離レーダーセンサー。周波数レンジ77GHzのミリ波レーダーである。拡大

バイク初の2つの機能を搭載

昨今は自動車に搭載される先進運転支援システムの進化が著しいが、いよいよ二輪車にも「ACC(Adaptive Cruise Control/アダプティブ・クルーズ・コントロール)」と「BSD(Blind Spot Detection/ブラインド・スポット検知機能)」が装備されることになった。

先陣を切ったのは、2021年3月13日に国内での販売がスタートしたドゥカティの新型車「ムルティストラーダV4」だ。そして今回、その国内販売に合わせて開催された報道機関向け試乗会で、バイク初のACCとBSDを体験することができた。

一応説明しておくと、ACCとは前車との車間距離を一定に保つようアクセルやブレーキを自動で操作する運転支援システムのこと。BSDは、自車後方の死角に存在する車両、および斜め後方から高速で接近する車両を検知し、両サイドミラー上部のLEDを発光させてライダーに知らせる機能である。四輪ではすでに多数のモデルがこれらの機能を搭載し、ドライバーの安全運転を支援している。

ドゥカティは2018年、2025年に向けた安全に関する中期戦略「2025 Safety Road Map」を公開。ミラノ工科大学のエレクトロニクス/情報/バイオエンジニアリング学部と共同で、レーダーを使ったシステムの開発を進めていること、主要なテクニカルパートナーも選定済みであることや、そして2020年モデルの一部に、ACCとBSDを搭載することを発表した。予定からは少し遅れたものの、2021年モデルの新型車ムルティストラーダV4で、ドゥカティはその約束を果たしたことになる。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る