販売終了まで待ったなし! 今こそホンダの軽スポーツ「S660」を買うべきか?

2021.03.24 デイリーコラム

価格という名の現実問題

昨2020年末に、このコーナーで「どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ!」と題して選んだ5台の筆頭に「ホンダS660」を挙げたら、約3カ月後に生産中止のニュースが届いた。「S660」「S660モデューロX」とも、「2022年3月をもって生産を終了することになりました」とのこと。同時に発表されたメモリアルモデルたる特別仕様車「S660モデューロX バージョンZ」については報告済みだ。

『webCG』編集部から、今度は「われわれクルマ好きは今こそS660を買うべきか?」というお題が示された。そんなもの、買うべきに決まっている。世界的にまれなマイクロミドシップにしてオープンスポーツである。しかも、オートマ免許で乗れるCVTに加え、いまや絶滅危惧種に認定される3ペダル式6段MTを選択可能。いま買わないで、一体、いつ買うというのでしょう?

「では、オマエはどうなんだ?」という声がいずこからか聞こえてきたので恥を忍んで告白します。手元不如意なんです。S660のベーシックグレード「β」が203万1700円、シートヒーターとスポーツレザーシート、アルカンターラ×本革巻きステアリングホイールが魅力的な「α」は232万1000円。最終モデルたる上記バージョンZに至っては、300万円超えの315万0400円である。いまさら、ではありますが、最近の「軽」はお財布が軽い消費者にとってはなかなかハードルが高い。

2015年3月にデビュー、同年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。以後、現在までの6年間で3万2000台ほどが販売された。すでに、2022年3月末での生産終了が決定している。
2015年3月にデビュー、同年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。以後、現在までの6年間で3万2000台ほどが販売された。すでに、2022年3月末での生産終了が決定している。拡大
「S660」の最後の特別仕様車となるコンプリートカー「S660モデューロX バージョンZ」。315万0400円という高価格にもかかわらず、発売1週間で400台以上のオーダーがあったという。
「S660」の最後の特別仕様車となるコンプリートカー「S660モデューロX バージョンZ」。315万0400円という高価格にもかかわらず、発売1週間で400台以上のオーダーがあったという。拡大
「S660モデューロX バージョンZ」(写真手前)は、カタログモデルの「S660」(同奥)と同じラインで生産される。
「S660モデューロX バージョンZ」(写真手前)は、カタログモデルの「S660」(同奥)と同じラインで生産される。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ(MR/6MT)【試乗記】 2021.4.24 試乗記 個性的な軽スポーツカーとして、多くのクルマ好きに愛されてきた「ホンダS660」。そのラストを飾る特別仕立ての一台は、軽という枠を感じさせない、大人っぽい走りを味わわせてくれた。
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ(MR/6MT)【試乗記】 2021.3.27 試乗記 ファンに惜しまれながらも、モデルライフの終了が決定した「ホンダS660」。最後のコンプリートカーとなる「モデューロX バージョンZ」の仕上がりは? ベース車両とサーキットで乗り比べ、その走りをチェックした。
  • スズキ・ワゴンRスマイル 2021.8.27 画像・写真 スズキの新型軽乗用車「ワゴンRスマイル」がデビュー。ハイトワゴンでありながら売れ筋のスーパーハイトワゴンと同じスライドドアを採用し、運転しやすさと後席の使いやすさの一挙両得を狙った欲張りなモデルだ。その詳細を写真で詳しくご紹介!
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ 2021.3.12 画像・写真 ホンダの軽スポーツカー「S660」の生産が2022年3月で終了。これに関連して、最後のスペシャルバージョンとなるコンプリートカー「S660モデューロX バージョンZ」が発売された。そのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダS660モデューロX(MR/CVT)【試乗記】 2020.5.8 試乗記 「ホンダS660」のマイナーチェンジに合わせ、ホンダアクセスが手がける純正コンプリートカー「S660モデューロX」も最新モデルへとアップデート。ちょっとマイナー(?)なCVTモデルを連れ出し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る