販売終了まで待ったなし! 今こそホンダの軽スポーツ「S660」を買うべきか?

2021.03.24 デイリーコラム

価格という名の現実問題

昨2020年末に、このコーナーで「どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ!」と題して選んだ5台の筆頭に「ホンダS660」を挙げたら、約3カ月後に生産中止のニュースが届いた。「S660」「S660モデューロX」とも、「2022年3月をもって生産を終了することになりました」とのこと。同時に発表されたメモリアルモデルたる特別仕様車「S660モデューロX バージョンZ」については報告済みだ。

『webCG』編集部から、今度は「われわれクルマ好きは今こそS660を買うべきか?」というお題が示された。そんなもの、買うべきに決まっている。世界的にまれなマイクロミドシップにしてオープンスポーツである。しかも、オートマ免許で乗れるCVTに加え、いまや絶滅危惧種に認定される3ペダル式6段MTを選択可能。いま買わないで、一体、いつ買うというのでしょう?

「では、オマエはどうなんだ?」という声がいずこからか聞こえてきたので恥を忍んで告白します。手元不如意なんです。S660のベーシックグレード「β」が203万1700円、シートヒーターとスポーツレザーシート、アルカンターラ×本革巻きステアリングホイールが魅力的な「α」は232万1000円。最終モデルたる上記バージョンZに至っては、300万円超えの315万0400円である。いまさら、ではありますが、最近の「軽」はお財布が軽い消費者にとってはなかなかハードルが高い。

2015年3月にデビュー、同年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。以後、現在までの6年間で3万2000台ほどが販売された。すでに、2022年3月末での生産終了が決定している。
2015年3月にデビュー、同年4月に発売されたホンダの軽スポーツカー「S660」。以後、現在までの6年間で3万2000台ほどが販売された。すでに、2022年3月末での生産終了が決定している。拡大
「S660」の最後の特別仕様車となるコンプリートカー「S660モデューロX バージョンZ」。315万0400円という高価格にもかかわらず、発売1週間で400台以上のオーダーがあったという。
「S660」の最後の特別仕様車となるコンプリートカー「S660モデューロX バージョンZ」。315万0400円という高価格にもかかわらず、発売1週間で400台以上のオーダーがあったという。拡大
「S660モデューロX バージョンZ」(写真手前)は、カタログモデルの「S660」(同奥)と同じラインで生産される。
「S660モデューロX バージョンZ」(写真手前)は、カタログモデルの「S660」(同奥)と同じラインで生産される。拡大
ホンダ S660 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る